2018/06/26
ミュゼプラチナム

ミュゼは未成年でも通える?同意書って必要なの?

一般的に、ホルモンバランスが変わりやすい未成年は脱毛するのに向いていないとされています。それでも「脱毛して綺麗になりたい!」という方は多いことでしょう。

では人気の脱毛サロン・ミュゼではどういう対応をしてくれるのでしょうか?

「未成年でも通えるの?」「親からの同意書がないとできないの?」そんな疑問を解消すべく、今回は未成年がミュゼに通うためにはどうすれば良いのか、詳しくご紹介していきましょう。

ミュゼは未成年でも脱毛可能?

早速ですが結論から述べましょう。

ミュゼは未成年でも通うことができ、成人している人と同様のサービスを受けることが可能なのです。

例えば無料カウンセリング。ミュゼではこの無料カウンセリングを受けない限り契約することはできませんが、「未成年に限らず全ての初めてご利用のお客さまには必ず約60~90分のカウンセリングを行います」としています。

未成年の定義

未成年というと「成人していない」ことが世間的な定義だとされていますが、ミュゼの場合はその中でも年齢制限を設けています。

その対象年齢は16歳以上20歳未満。つまり16歳・17歳・18歳・19歳の方が、ミュゼで施術を受けられる対象年齢ということになります。高校生・大学生・専門学生などが当てはまるでしょう。

残念ながら16歳未満の未成年の場合はミュゼに通うことはできません。これは冒頭でもお話ししたように、まだホルモンバランスが整いきっていないため、脱毛を行うのに向いていないためです。

未成年がミュゼに通う方法

「16歳以上であれば未成年でもミュゼに通うことができる」ということはわかりました。しかし「16歳以上であれば未成年でも契約できるか」というとそうではありません。実は未成年がミュゼと契約するためには、成人の場合では必要のない、ある手順を踏む必要があるのです。

それが親の同意書です。ミュゼではこの同意書がない限り、未成年者は契約することができません。そしてこの同意書をいつ出すかによって、契約時期も異なることになるのです。

この契約時期を知るためにも、無料カウンセリングに親が同伴する場合、しない場合を比較してみましょう。

無料カウンセリングに「親」が同伴する場合

無料カウンセリングに親が同伴する場合は、当日その場での契約が可能です。

無料カウンセリング時に親に同意書にサインしてもらうことで、施術の予約を入れることもできます。

ちなみに同意書に捺印するときのハンコはシャチハタでも構いませんので、必ず親に持参してもらうよう頼んでおきましょう。

無料カウンセリングに「親」がこない場合

無料カウンセリングに親が同伴しない場合は、カウンセリング後に同意書を貰い、再度その親に記入してもらった同意書を持って来店する必要があります。そのため親が同伴する場合と比べて、施術開始時期も遅れることになるでしょう。

そして後日同意書を持って来店した際には、ミュゼから親に確認の電話が入ることになりますので、親には時間を空けておいてもらう必要があります。

 

ただし、親が来ない場合でも当日契約する方法もあります。それが「最初の無料カウンセリング時に同意書を持っていく」という方法です。

あらかじめ同意書を用意していれば、親が同伴したとき同様、その場で契約することができます。

同意書は下のボタンからダウンロードすることができますので、施術開始時期を早めるためにも最初に用意しておくことをおすすめします。

もう1度確認しますね。

  • ①無料カウンセリングに親が同伴した場合は当日の契約が可能です
  • ②親が同伴しない場合は再度同意書を持って来店する必要があります
  • ③親が同伴しなくてもあらかじめ同意書を用意していれば当日の契約が可能です

この3つの方法があることを覚えておきましょう。

ミュゼの同意書の書き方

それでは同意書の書き方についてご紹介していきたいと思います。

こちらは全ての項目を親に直接記入してもらわねばなりません。未成年であるあなたが記入するところはひとつもありませんので、間違って記入することがないよう気を付けましょう。

まずは下記のボタンからミュゼの同意書をダウンロードします。

最初に同意書を記入する日付を書きます。そのあと順に項目を埋めていきましょう。その多くは名前や住所、生年月日などです。

注目したいのが下部にある「親権者特記事項」です。

これが無料カウンセリングを終え契約したいプランなどが決まっているのであれば、そのままプラン名や料金を記入しましょう。

無料カウンセリングに行く前で何も決まっていないのであれば記入しなくても構いません。この場合は無料カウンセリング後にミュゼからの電話で確認することになります。

忘れてはいけないのが捺印です。「親権者氏名」の横にのみ1か所捺印する場所がありますので、必ず捺印してもらいましょう。これがなければいくら同意書があっても契約はできません。

1番下部にある四角で囲われた場所はミュゼが記入する欄です。そのまま白紙で提出しましょう。

ミュゼの無料カウンセリングの持ち物


ミュゼの無料カウンセリング時に持っていくものは、親が来るのかどうか、また同意書を用意しているかどうかで変わります。

【無料カウンセリング時に親が同伴する場合】
親にハンコを持参してもらいましょう。あなたが特別用意するものはありませんが、聞いたことを忘れないようメモ帳を持参しても良いでしょう。

【無料カウンセリング時に同意書を用意していない場合】
こちらもメモ帳を持参する程度で構いません。ただし契約を希望する場合は親に電話確認がいきますので、電話に出れるよう準備しておいてもらう必要があります。

【無料カウンセリング時に同意書を用意している場合】
記入し終わった同意書は忘れず持っていきましょう。またこちらの場合でも親に電話確認はいきますので、予定を開けておいてもらう必要があります。

ミュゼでは親からの同意書さえあれば、成人しているとき同様契約も施術もできます。ミュゼでの施術を希望するのであれば、親からの同意だけは必ず得ましょう。

関連記事

ミュゼの全身脱毛の回数って?何回通えば効果出るの?

ミュゼで全身脱毛を受ける場合に気になることと言えば、「何回くらい施術を受ければ効果が出るのか」、そして「何回くらい施術を受ければ完了するのか」ということではないかと思います。こちらのページでは、ミュゼの全身脱毛の回数について解説しています。

ミュゼプラチナムで脚(足)脱毛がしたい!みんなの口コミ・本音は?

人気脱毛サロンである、ミュゼプラチナムでの脚(ヒザ上、ヒザ下)脱毛の口コミを紹介!良い口コミも悪い口コミも、すべて掲載していきます。
こちらの口コミは随時更新していく予定ですので、最新の口コミを要チェック!

ミュゼのVライン範囲はどこまで?痛みや料金などを調査

Vライン脱毛をするなら、リーズナブルな価格で手軽に始められるミュゼが人気です! デリケートゾーンの脱毛は特に痛いというイメージも強いですが、ミュゼのVライン脱毛はどうなのでしょうか?痛み、料金、他サロンとの違いなど、徹底調査しました。

ミュゼの生理時の対応は?当日に生理がきても脱毛はできる?

生理になったらミュゼではどう対応する?キャンセルしたらペナルティってあるの?生理中に脱毛ってしてもいいの?そんな疑問を一挙解決!ミュゼでは生理に対してどんな対応を取っているのか徹底解説しちゃいます!

ミュゼプラチナム赤羽店の口コミは?みんなのリアルな声をチェック!

脱毛サロンを選ぶ際に気になるのは、やっぱり評判ですよね。実際にはどんなサロンなのかは行ってみないとわかりません。そこで今回は、ミュゼプラチナム赤羽店に行ったことのある方のリアルな口コミを紹介します。