2018/06/12
シースリー

シースリーは未成年でも通える?未成年同意書は必要?

安く脱毛できる脱毛サロンが増えていることや、ムダ毛にコンプレックスを感じていて、
「脱毛したい!」と思っている未成年者の方、多いのではないでしょうか?
中には、「月額が安いシースリーで全身脱毛したい!」と考えている未成年者の方もいるはず。

では、シースリーは未成年でも通うことができるのでしょうか?

また、未成年者が通う場合は同意書等が必要になるのでしょうか?

シースリーで脱毛ができるのは17歳から

女学生 卒業
そもそも脱毛は、生理が定期的に来ている状態でなければ、得られる効果は低いと言われています。
そのため、未成年でも生理がちゃんと来ていて、生理周期が安定している状態であれば、
脱毛サロンで脱毛を受けること自体は可能です。

ただ、「何歳から脱毛できるのか」という部分に関しては、脱毛サロンによって対応が分かれます。
シースリーの場合は、未成年の「17歳」から脱毛することができます。

つまり、「高校2年生から脱毛が受けられる」ということですね。
未成年者の方で「シースリーで脱毛を受けたい」と思った場合には、17歳の誕生日を過ぎてからシースリーに行きましょう。

カウンセリングは親同伴じゃなくてもOK!

OKサインの女性7
未成年で脱毛を受ける場合、脱毛サロンによっては、親同伴でカウンセリングに行かなければならないところもあります。
脱毛を受けたいと思っている側としては、あまり親同伴でカウンセリングに行くことに抵抗があるはず。
ですが、シースリーの場合は親同伴でなくても大丈夫です。
「カウンセリング受けるだけの場合」に限りますが、未成年者の方が1人でシースリーに行っても問題はありません。

◎支払方法によっては親の同伴が必要

先ほど、「カウンセリングを受けるだけの場合」とお話ししたのですが、カウンセリング自体は親同伴でなくても構いません。
ただ、「カウンセリングを受けた流れで契約する」となった場合は話が別です。
契約時には支払方法を決めなければならないので、支払方法によっては親の同伴や「親権者同意書」が必要になります。
親の同伴や親権者同意書が必要になる支払方法としては、

・月額(分割・ローン)払い
・後払い

が挙げられます。
また、シースリーにはクレジットカードを使用した支払方法もありますが、18歳未満の場合はクレジットカードを作ることができません。
ですから、18歳未満でクレジットカードを使用した支払いを希望する場合にも、親の同伴や親権者同意書が必要になります。

ただ、ここで注意したいのが、「シースリーは男性の入店ができない」ということ。
シースリーは女性専用の脱毛サロンなので、いくら身内でも男性が立ち入ることはできないのです。

となると、シースリーに親同伴で行く場合は、お父さんではなくお母さん同伴で行くことになります。
年齢的にもお父さんと脱毛の話をすること自体に抵抗があるはずなので、同伴を頼むとしたら必然的にお母さんになるとは思いますが、

「お父さんが一家の家計を支えているから」
「娘に嫌われたくないから協力してくれるはず!」

などと考えた未成年者の方は、お父さん同伴でシースリーに行かないように気を付けてくださいね。

未成年者が契約するときに必要なもの

人差し指を立てる女学生
未成年者の方がシースリーで契約する時に必要なものは、以下の通りです。

・親権者同意書
・身分証明書(本人確認ができるもの)
・印鑑

◎親権者同意書は公式サイトからもダウンロードできる

契約する時に必要なものとして1番に挙げた親権者同意書は、シースリーの公式サイトからダウンロードすることができます。

こちらの親権者同意書をダウンロードして印刷し、内容に従って記入します。

もし自宅でダウンロードして印刷ができない場合には、シースリーの店舗にも親権者同意書が用意されていますから、
店舗にもらいに行ってください。

ちなみに、親権者同意書に記入する内容は、以下のようになっています。

未成年者

(脱毛を受ける本人・契約者)

・氏名
・生年月日
・住所
・連絡先(自宅・携帯)
・印鑑捺印
法定代理人親権者

(契約者の親)

・氏名
・契約者との続柄
・生年月日
・住所
・連絡先(自宅・携帯)
・印鑑捺印

くれぐれも記入漏れのないように注意してください。

 

契約するときは支払方法を決めておく

注意
成人している方にも言えることではあるのですが、未成年者の方の場合は特に、シースリーで契約する時にはあらかじめ支払方法を決めておくことをおすすめします。
なぜかというと、あらかじめ支払方法を決めておかなければ無駄足になる可能性があるからです。

親の同伴や親権者同意書が必要であるにも関わらず、親の同伴や親権者同意書なしでシースリーに行ってしまえば、
再度シースリーに行かなければならなくなりますよね。

また、支払方法をきちんと決めておかないと、契約がスムーズに進まなくなる可能性もあります。
ですから、シースリーで契約する時には、保護者の方としっかり話し合って支払方法を決めておくようにしましょう。

ちなみに、シースリーの支払方法は全部で4種類あります。
(ここからは保護者の方と一緒に読んでくださいね。)

脱毛にかかるお金全額を、契約時に現金で全額支払う方法です。
「何回かに分けて支払うのが面倒」という場合におすすめですが、まとまったお金を一度に支払う形になるので、
まとまったお金が用意できる場合のみ選んだほうが無難です。
現金の一括払いと同様ですが、こちらは脱毛にかかるお金全額を、契約時にクレジットカードを使って全額支払う方法です。
クレジットカードの場合はクレジットカード会社によって引き落とし日が違うので、クレジットカードで支払うという手続き自体は契約時に行いますが、
契約時に支払う必要はありません。
「まとまったお金を契約時までに用意するのは難しいけれど、クレジットカードの引き落とし日までには用意できる」という場合は、この支払方法がおすすめです。
脱毛にかかるお金全額を、毎月一定額ずつ分割で支払う方法です。
シースリーの場合、地域によって毎月支払う金額が違います。【Aエリア】月額5,800円(東京・千葉・埼玉)
【Bエリア】月額6,300円(青森・岩手・宮城・群馬・神奈川・沖縄)
【Cエリア】月額6,400円(新潟・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・大分・熊本・長崎・鹿児島)毎月支払う金額が結構お手頃なので、未成年者の方でも、毎月のお小遣いやバイト代で支払うことが可能な金額ではないかと思います。
脱毛にかかるお金全額を、8か月後にまとめて後払いする方法です。
シースリーの後払いには、・8か月後に一括で支払う
・全額を2分割して、8か月後に1回目、それ以降に2回目を支払うという2つの方法があります。
2分割した場合の2回目の支払いは、利用する信販会社によって時期が異なるのですが、1回目の支払いから数えて半年後(6か月後)まで間隔を空けることができます。・契約時にまとまったお金を支払うことはできないけれど、8か月あれば十分用意できる
・ボーナスが出た時にまとめて支払いたいという場合におすすめです。

シースリーに学割はない!

悲しい
今は学生さんでも通いやすいようにと「学割」を設けている脱毛サロンも多いのですが、
シースリーには学割がありません。

「学割がない」という意味では、学生さんにとっては残念なことかもしれませんが、
ここまででご紹介している通り、シースリーは学生さんでもお小遣いやバイト代で支払っていける料金プランがあります。

ですから、学割がないとしても、シースリーは学生さんでも通いやすいと思います。

◎学割がある脱毛サロンも検討してみては?

先ほどもお話しした通り、学割を設けている脱毛サロンも多いです。
ですから、「学割を使って脱毛を受けたい」という場合には、学割がある他の脱毛サロンを検討してみても良いと思います。

学割がある主な脱毛サロンと詳細は、以下の通りです。

銀座カラーには、最大で50,000円も割引される「脱毛学割」のプランがあります。

条件 ・契約時に学生であること
・16歳以上で2回以上生理が来ている
・親の同伴または親権者同意書が必要
・学生証の提示
脱毛可能な年齢 16歳~
特典 ・最大50,000円OFF(学割+その他の特典含めて)
・学校を卒業した後も学割が効く

 

学割が利用できるプラン 通常料金(総額) 学割料金
新・全身脱毛コース
(全身22か所脱毛し放題)
295,000円 275,000円

(7%OFF)

全身ハーフ脱毛コース

(全身8か所脱毛し放題)

237,000円 213,300円
フリーチョイス脱毛コース

(デリケートチョイス1か所×8回)

21,000円 18,900円
フリーチョイス脱毛コース
(スタンダードチョイス1か所×8回)
42,000円 37,800円

この他、学割プランではありませんが、未成年者限定の「都度払いプラン」もありますよ。

キレイモには、学生さん本人にとってお得なのはもちろんのこと、友達や家族を紹介することでもっとお得になる「学割プラン」があります。

学割パックプランの特徴 ・追加料金や割増料金が不要
・毎月通えなくても大丈夫(1か月半~2か月に1回でOK)
・回数変更が可能

(卒業してからの回数変更は学割が効かない)

条件 ・親権者同意書が必要
・学生であることが証明できるものの提示(学生証・生徒手帳・在学証明書など)
脱毛可能な年齢 生理が始まっていれば小学生からOK

 

学割が利用できるプラン 通常料金(総額) 学割料金
6回パックプラン

(1年コース)

114,000円 106,300円
12回パックプラン

(2年コース)

228,000円 202,900円
18回パックプラン

(3年コース)

342,000円 274,100円

未成年でシースリーに通っていた方の口コミ

吹き出し

3年がかりでツルツルになった~♪

大学入学と同時に申し込んでこの間で3年の脱毛生活を終えましたー(∩´∀`)∩
1年たったくらいからけっこう満足してたんだけどやるなら完ぺきにしたいしお金もそれなりにかかってるしで3年通い詰めました!!
毛穴とかも目立たなくなってツルツルだし誰に見られても恥ずかしくないレベルにしちゃった♪

大大大満足☆彡さん 20代
(引用元:脱毛レシピ)

制度が理解不能

私は未成年なのですが未成年はカウンセリングの際に親同伴か一括払いでしか施術ができないそうです。 私の家庭はお母さんを亡くしているため予約の電話の際にお父さんでもいいかと聞いたのですが脱毛サロンということもあり男性厳禁でダメでした。 では、祖母でもいいですかと聞いたらお母さんしかだめだと言われました(一方的に説明なし) 一括なんて高額すぎてとてもじゃないけど払えません なんなんですか、親の許可は得ているのにし施術できないなんて制度がおかしい どうして自ら客を跳ね返すのですか しかも、電話での接客も雑で最悪でしかありませんでした。 私は今とても不愉快で、口コミで悪評価を書かずにはいられませんでした。 失礼しました (未だに怒りが治りません)

ののかさん
(引用元:みん評)

未成年者でシースリーに通っていた方が書いた口コミだとはっきりわかる口コミ自体が少なかったのですが、
満足している方もいれば、残念ながら脱毛効果を得るどころか通うことができなかった方もいるようです。

2つめの口コミのほうに関しては、対応の仕方が改善されていることを願うのみですが、
基本的には保護者から許可を得ていれば脱毛ができますし、未成年で自由な時間が多いうちに全身をツルツルにしておくことができますよ。

保護者の方としっかり相談してから決めましょう

卒業生
今回は、未成年でもシースリーに通うことができるのか、そして同意書等が必要なのかどうかについて解説させていただきました。

シースリーは17歳から通うことができるので、親権者の同意があれば、未成年者の方でも通うことができます。
ただ、支払方法によっては親の同伴や親権者同意書が必要になるので、注意が必要です。

いずれにしても、親子間でのトラブルを避けるためにも保護者の方とよく相談してからシースリーで脱毛を受けるかどうかを決めるようにしてくださいね。

関連記事

シースリーの営業時間って?定休日などをご紹介

「シースリーの営業時間って何時から何時までなの?」「定休日っていつ?」通うのであればぜひとも把握しておきたいサロンの営業時間。大人気サロン、シースリーの営業時間や定休日を一挙ご紹介しちゃいます!

シースリーの支払い方法を全てご紹介。ローン審査やクレカ決済の方法

安くて脱毛範囲も広い人気の脱毛サロン「シースリー」。このシースリーの支払い方法について細かく解説しています。現金やクレジットカードによる支払い方法の紹介やショッピングローンの審査の攻略法、割引キャンペーンの紹介もあります。

シースリーのシェービング代って?自己処理はどこまでやれば良いの?

脱毛サロンを選ぶ時に、シェービング代がかかるかどうかは気になるポイントですよね。この記事では、脱毛サロン「シースリー」のシェービングサービスについて、そして事前に自己処理をして行く時の注意事項や詳しい方法などを解説していきます。

シースリーが予約できないって本当?予約の取り方や時間などをご紹介

シースリーの予約が取れない?いいえ、予約方法のコツさえ知っていれば、意外と簡単に取ることができちゃうんですよ。コスパ抜群のシースリーで予約を取りたい方必見!おすすめの方法や取りやすい時間帯などお得な情報教えちゃいます!

シースリーの脱毛範囲・箇所をご紹介。他サロンと比較してみた

生涯メンテナンス保証の全身脱毛サロン「C3(シースリー)」の脱毛箇所は53パーツなので全身まるごと脱毛が可能。月額5,800円からの通いやすい価格も魅力的。生涯保証なので追加料金なしで通いたい放題なのもうれしい。