2019/06/12
キレイモ

キレイモのシェービング範囲はどこまで?剃り残しはダメ?

キレイモの脱毛施術前には事前の自己処理(シェービング)が必要です。

これはどこのクリニック、どんな脱毛方法でも同じこと。

脱毛前には施術部分のシェービングをしておかなければいけません。

手足などの見えるところは比較的簡単ですが、背中など手の届かない部分やVIOラインのシェービングは難しいですよね。

施術前の自己処理範囲、剃り残しがあったときのキレイモのシェービングはどのようなサービスなのでしょうか。

今回の記事ではこの「キレイモのシェービング」について詳しくご紹介します。

キレイモの施術前にシェービングをする理由

施術前に自分でシェービングするのって面倒…
そもそも、どうして事前にムダ毛を処理する必要があるの?
と思っている人も多いはず。
しかし、この施術前の処理、実はとても大切なんです。

キレイモの脱毛方法は、メラニン色素を含む黒い部分に熱エネルギーが反応し、毛根を破壊する「光(フラッシュ)脱毛」。
そのため、黒い部分が少なすぎると脱毛効果が少なくなり、黒い部分が多すぎるとヤケドや痛みの原因となります。

事前にシェービングをしておくことによって、シェービングの時にうけた肌ダメージも落ち着きますので、肌荒れなどで施術ができなくなってしまうというリスクを避けるためにもとても大切!

また、シェービングが完了していないと、脱毛の施術時間に処理をしてもらうことになります。
そうなると、施術時間が短縮になってしまいます。

きちんとした脱毛の施術を受けるためにも、シェービングは必要です。

キレイモの剃り残しがあった場合の対応とは?

キレイモの剃り残しがあった場合の対応とは?
そもそも、脱毛前にシェービングが必要なのは、脱毛効果を高めるためです。

光(フラッシュ)脱毛は黒いメラニン色素に反応し、毛母細胞(毛の元となる部分)に働きかけます。

黒い毛が残っていればそこにも反応してしまうことになり、脱毛効果が薄れてしまうのです。
強く痛みを感じたり、ヤケドや炎症など肌トラブルのリスクも高まります。そのようなリスクを避けるために、シェービングは大切なんですね。

剃り残しがあった場合、施術NGとするサロンもありますが、全身脱毛を行うキレイモではシェービング補助が受けられるのも魅力の1つでしょう。

キレイモのシェービング補助サービス

キレイモでは「パックプラン」と「月額定額プラン」がありますが、いずれもシェービング補助サービスがついています。

対象となる部位は「うなじ」「背中」「Oライン」「ヒップ」の4か所です。
いずれも自分では手が届きにくく、シェービングしにくい場所となっています。

それ以外の部分については、きちんと自己処理していかなければなりません。
多少の剃り残しであればシェービングしてくれることもあるかもしれませんが、あくまでも「サービス」です。

あまりにも剃り残しが多いようなら、該当部位を省いて照射することになります。そうなると、1回分の時間がもったいないですよね。

シェービングは脱毛時のマナーです。
手の届く範囲は自分でしっかりとシェービングするよう心がけましょう。

キレイモのシェービング代っていくら?

キレイモのシェービング代っていくら?
キレイモではスタッフによるシェービング補助を受けることができます。

自分では処理しきれない部分も丁寧にシェービングしてくれるので、ヤケドや強い痛みといった心配もありません。

シェービング代がかかるのは月額定額プランだけ

シェービング代は契約プランによって異なりますが、別途シェービング代がかかるのはこの2つのプランのみ。

  • 月額9,500円の「スリムアップ全身脱毛」
  • 月額12,800円の「プレミアム美白脱毛」

「月額制」の場合

シェービング代
月額定額プラン 1回あたり1,000円
(範囲に関係なくこの料金)
スペシャルプラン 無料

「パックプラン」の場合

シェービング代
パックプラン 無料

しかも月額定額プランの場合、毎月シェービング代が発生します。

キレイモの場合、プランに関係なく2ヶ月に一度のペースで年に6回通えるので、
「毎回シェービング代1,000円を負担すると、1年のシェービング代は1,000円×6回で6,000円」
と想像しますよね。

しかし現在の月額プランでは、毎月の引き落としにシェービング代がプラスされます。

つまり、年間を通して12,000円のシェービング代が必要になるシステム。

一方で、スペシャルプランとパックプランに関してはシェービング代が無料。
つまり、別途シェービング代を負担しなくても、無料でシェービング補助が受けられます。

まとまったお金を用意しなくても良いのが月額定額プランの魅力ではあるのですが、まとまったお金が用意できて、なおかつシェービング代を浮かせたい方は、スペシャルプランかパックプランで契約することをおすすめします。

剃り残しが多いと料金も変わるの?

剃り残しの量でシェービング代が変わることはありません。
1部位ごとにシェービング代がかかるサロンに比べたら、キレイモはとても良心的です。

料金が変わらないからといって自己処理の手を抜くのはマナー違反です。
あくまでもシェービング「補助」であって、自分で頑張ったけれどどうしても手が届かない…という部分のみを手伝ってくれるサービスです。
甘えてはいけません。

キレイモでは剃り残しがあっても施術を断られることはありませんが、程度によってはその部分を避けて脱毛することになります。

キレイモは全身脱毛専門の脱毛サロンなので、シェービング範囲は顔とVIOを含む全身です。

キレイモと他サロンのシェービング比較

シェービングサービス範囲 シェービング代 剃り残しの対応
キレイモ 襟足・背中・Oライン・ヒップ 1,000円(月額)
無料(回数パック)
施術可能
銀座カラー 襟足・背中・ヒップ・Oライン 3,000円(スピード脱毛以外)
無料(スピード脱毛)
剃り残し部分以外を施術
ストラッシュ 剃り残し部分 1,000円(月額)
無料(回数パック)
施術可能
シースリー 襟足、背中、ヒップ、Oライン 無料(全コース) 剃り残し部分以外を施術
ミュゼ 襟足・背中上下・Oライン(ヒップ奥) 無料(全コース) 剃り残し部分以外を施術

キレイモと他サロンのシェービングサービスについて、比較しました。
シェービングサービスが、どのプランでも無料のサロンもありますが、その代わり、その部位を避けての照射になります。

無料であっても、脱毛効果を上げるためにも、事前のシェービングは必ず行いましょう。

キレイモで脱毛する前の正しい自己処理の方法

キレイモで脱毛する前の正しい自己処理の方法
キレイモでは、手の届く範囲のシェービングは必須ということがわかりました。
施術を1回でも無駄にしないために、自己処理をきちんと行いましょう。

次は、脱毛に行く前の正しい自己処理の方法をご紹介します。

自己処理は、施術の2日前〜前日までに行う

自己処理は、施術の2日前~前日までに行うのがおすすめです。
前日にまとめて自己処理をしてしまっても良いのですが、万が一剃り残しがあった時に気が付かないままキレイモに行ってしまう可能性もあるので、

2日前⇒全身の自己処理
前日 ⇒剃り残しのチェックと剃り残した部位の自己処理

といった形で自己処理を行うことをおすすめします。

このようにすることで、「剃り残しのある状態でキレイモに行って、その部位の施術を断られる」という事態を防ぐことができます。

そして、2日前~前日に自己処理を行うことで、施術日当日にちょうど良い長さ(1~2mm)になります。
そういった意味でも2日前~前日までの自己処理がおすすめです。

お風呂でシェービングする

シェービングに適しているのはお風呂タイム。

体をあたためることで肌や毛質がやわらかくなり処理しやすくなるので、肌を痛めにくいです。
お風呂場のあかるい電気の下で処理すれば剃り残すこともありません。

処理後は肌が敏感になっているので入浴は避けましょう。

お風呂からあがったら、たっぷり保湿も忘れずに!

電動シェーバーを使用する

カミソリや毛抜きで自己処理する人もいますが、肌への負担を考えればやっぱり電動シェーバーが1番です。

電動シェーバーは刃が肌に直接触れないよう工夫されているので、安心して使用することができます。
肌に軽く当てるだけだから操作も簡単!時間の短縮にもつながりますよ。

電動シェーバーの説明書に従った方向に剃る

電動シェーバーには、毛の流れに沿って剃る使い方をするものと、毛の流れに逆らって剃る使い方をするものとがあります。

基本的には、毛の流れに沿って剃る使い方をするのが正しい自己処理の方法で、毛の流れに逆らう「逆剃り」はあまり良くないとされています。

ですが、電動シェーバーの説明書に従った方向に向かって剃るのが、1番キレイに仕上げることができ、お肌を傷めずに自己処理することができます。

キレイモで脱毛した後の自己処理

キレイモで脱毛した後の自己処理
施術回数を重ねるほど自己処理する必要性はなくなってきますが、脱毛をはじめたばかりのころはまだまだお手入れが必要でしょう。

では、脱毛後はどのような頻度で自己処理を行えばいいのでしょう?

施術後はいつから自己処理をする?

光(フラッシュ)をあてたからといって、すぐに毛が抜けるわけではありません。
はやければ数日でぽろぽろと毛が落ちてくることもありますが、たいていは2~3週間ほどかかります。それくらいの期間になると放っておいても自然と毛は抜け落ちます。

2週間が経過したら熱をあびた肌も落ちついてくるので、自己処理をはじめても問題ないでしょう。
なるべく刺激を与えない方法でムダ毛のお手入れをしてください。

脱毛直後のお肌はとてもデリケートです。
乾燥しがちになっているので、いつもよりしっかりと保湿してあげましょう。

脱毛中の毛抜きはNG

脱毛中のお手入れはできる限り肌に負担がかからない方法を選びましょう。

毛抜きの使用は言語道断です。

毛抜きは光をあて破壊するべき毛母細胞まで抜き取ってしまうため、脱毛効果が得られなくなってしまいます。
なにより肌を傷つけたり、色素沈着を引き起こすことになりかねません。

自己処理には肌に負担のかからない電動シェーバー(フェイス用)をおすすめします。

まとめ|剃り残しが不安ならパックプランにしよう!


ムダ毛の自己処理はなかなか面倒ですが、手を抜いてしまえばせっかくの脱毛効果を得られなくなってしまいます。
少しでもはやく脱毛完了するためにもしっかりとシェービングをして、効果の高い脱毛をめざしましょう!

キレイモのシェービング補助サービスなら、剃り残しがあってもきちんと対応してくれるので安心です。
剃り残しが複数個所あっても料金が変わらないのもうれしいですよね。

シェービング代を節約したいなら、シェービングサービスが無料で受けられる「パックプラン」にしておきましょう。
支払総額でみれば、そのほうが断然お得です。

自己処理に不安がある人は、お得なシェービングサービスのあるキレイモで、ツルツル美肌を手に入れましょう。

関連記事

キレイモのパックプランって?回数制プランの料金や支払方法について

【キレイモの学割】大学生におすすめ!学割と併用できる割引も紹介!

キレイモは6回でキレイになれる!6回プラン効果や料金をご紹介

キレイモで脱毛をする5つのメリットと3つのデメリットを徹底調査!

キレイモで未成年が脱毛をスタートする方法!同意書の書き方も。

キレイモ全身脱毛の体験レポと口コミまとめ!効果・料金まで♡

キレイモの脱毛は効果ないはウソ?!|回数別の効果と最適なプランとは

キレイモを解約するには?返金はある?解約金は?について徹底調査!

キレイモの予約方法まとめ!カウンセリング予約〜キャンセル方法まで!

キレイモのキャンペーンを徹底検証!今だけのお得な割引情報をご紹介