2019/10/04
VIO脱毛

VIO脱毛は光脱毛と医療脱毛どっちがおすすめ?効果と回数を徹底比較!

VIO脱毛を考えている方の中で、「クリニックの医療脱毛とエステサロンの光脱毛どちらを受けるか悩んでいる」という人も少なくないですよね。

そこで今回は、医療脱毛と光脱毛のVIO脱毛が完了するまでの回数を比較し、どちらがおすすめなのかについて解説します。

V・I・Oそれぞれに必要な回数が違う!

プール・水着・女性

Vライン・Iライン・Oラインは、「VIO脱毛」とひとまとめにされていることが多いですが、実はV・I・Oそれぞれで、脱毛完了までに必要な回数が違います。

後ほど詳しく説明させていただくのですが、脱毛完了までに必要な回数が多い順に並べると、「I > V > O」という形になります。

もちろん個人差がありますし、VIO脱毛の場合は「アンダーヘア(陰毛)をどれくらい残すのか」によっても必要な回数に差が出てきます。
あくまでも「I > V > O」という順番は参考程度に覚えておいてください。

V・I・Oは1部位ごとに脱毛をすることができますが、「VIO脱毛セット」といった形でセット料金になっている場合も多いので、セットで脱毛を受けた方がお得です。
さきほど説明したようにV・I・Oは必要な回数が異なります。ですので、まずはV・I・Oのセットを回数少なめで契約し、全ての回数を終えた後で「もうちょっと薄くしたい」という部位のみ回数を追加するか、「脱毛し放題」「回数無制限」などのコースを選んでおくのがおすすめ。

・脱毛完了までの回数が多いのは基本的に「I>V>O」の順番
・VIOはセットで脱毛したほうがお得
・VIO脱毛セットを少ない回数で契約し、必要な部位のみを追加で脱毛するのがおすすめ
・「脱毛し放題」「回数無制限」のコースを選んでおくと安心

照射レベルによっても必要回数は異なる

医療脱毛・光脱毛共に、使用する脱毛器の照射レベル(出力数)を設定することが可能です。

VIO脱毛の必要回数は、この照射レベルによっても左右されます。
照射レベルが適切で、しっかりと脱毛効果が発揮されていれば、施術を受けてから1〜2週間程度でアンダーヘアは抜け落ちる仕組みになっています。

ただ、照射レベルを低く設定していると脱毛効果が発揮されにくいため、必要回数が多くなることも。

脱毛部位がデリケートな部位であるという理由から、照射レベルを低く設定して対応する場合もありますが、照射レベルが低すぎると必要回数と共に経済的負担も増えるだけですから、施術前にスタッフへきちんと伝えましょう。
肌の状態などを確認したうえで、照射レベルを上げてもらえることもあります。

効果が実感できるのは2回目以降!

医療脱毛だと、エステサロンの光脱毛よりも照射レベルが強いため効果を実感できるまでが早いです。

1回目の施術から効果を実感できる方も少なくありません。

しかし、VIOの場合は毛質がしっかりしていて毛量も多いため、医療脱毛の場合でも2回目以降から効果が実感できるようになる場合が多いです。

光脱毛の場合は、照射レベルが低いので効果を実感できるまでに医療脱毛の倍くらいの回数が必要になると思っておくといいでしょう。
具体的には、3~4回目でなんとなく毛量が減ったような気がすると感じる人が多いようです。

VIO必要回数・期間を医療脱毛と光脱毛で徹底比較!

考える女の子
VIO脱毛の必要回数・期間を表にして、部位別に医療脱毛・光脱毛で徹底比較してみました。

※いずれの回数・期間も「大体」のもので、期間に関しては2ヶ月に一度のペースで脱毛に通った場合を仮定しています。

まずVラインですが、Vラインはちょうど下着に隠れる、アンダーヘアが多く生えている部分が脱毛の対象になります。
(エステサロンやクリニックによって、Vラインの範囲は多少異なります。)

Vラインの必要回数・期間は以下の通りです。

●医療脱毛

必要回数 必要期間
毛を残す場合 3回 6か月
無毛にする場合 6回 1年

 

●光脱毛

必要回数 必要期間
毛を残す場合 3〜5回 6か月〜10か月
無毛にする場合 10〜18回 1年8か月〜3年

 

見ての通り、Vラインの場合は「どのくらいアンダーヘアを残して脱毛するのか」という、脱毛を受ける側の希望によって必要な回数が変わります。
必要な回数が変わるということは、脱毛完了までにかかる期間も、アンダーヘアをどのくらい残すのかで変わってくるということです。

「無毛の状態(ハイジニーナ)にしたい」という場合は、脱毛完了までに必要な回数が多くなりますし、
「今よりも薄くなれば良い」「下着からはみ出ない程度になれば良い」という場合は、必要な回数は少なくなります。

続いてIラインですが、Iラインは膣口や尿道口などがある部分の両サイドのアンダーヘアが脱毛の対象になります。

Iラインに関しては、全て処理してしまう(無毛にする)方が多いです。
Iラインの必要回数・期間は以下の通りです。

●医療脱毛

 必要回数 必要期間
無毛にする場合 8〜10回 1年4か月〜1年8か月

 

●光脱毛

必要回数 必要期間
無毛にする場合 14〜18回 2年4か月〜3年

Iラインは1本1本の毛質がしっかりとしていて丈夫なので、脱毛完了までに必要な回数は多くなりがちです。
そのため、Iラインを無毛の状態にすることを希望した場合は、VラインやOラインよりも回数が多くなることを覚悟しなければなりません。

最後にOラインですが、Oラインはちょうどお尻の穴の周りに生えているアンダーヘアが脱毛の対象になります。
Oラインの必要回数・期間は以下の通りです。

●医療脱毛

必要回数 必要期間
毛量が少ない場合 2回 4か月
毛量が多い場合 10回 1年8か月

 

●光脱毛

必要回数  必要期間
毛量が少ない場合 3回 6か月
毛量が多い場合 18回 3年

Oラインの場合、元々毛量が少ない方も多いので、数回脱毛を受ければ満足のいく状態になる場合も少なくありません。

V・I・Oいずれの部位の脱毛に関しても、やはり脱毛が早く完了するのは医療脱毛になります。

VIOは他の部位より時間がかかる理由

大好きなお花と
VIOの脱毛は、他のワキ・腕・脚などの部位と比べると、脱毛完了までに倍近い時間を要します。
その理由は、VIOに生えているアンダーヘアの毛周期に関係があります。

毛周期は、大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に分けられ、医療脱毛も光脱毛も、どちらも成長期の毛に対して効果を発揮します。

アンダーヘアの場合は、「成長期1~2年」「休止期1~1年半」。
他の部位の成長期・休止期よりも倍以上長いと言われています。
そのため、どうしても他の部位よりも脱毛完了までに時間がかかってしまうのです。

VIO脱毛の回数が多めに必要な人の特徴|それぞれの対策も紹介

ヒラメキの電球2 光

VIO脱毛は医療脱毛・光脱毛共に、毛周期の関係から他の部位よりも時間がかかります。

ただ、毛周期が関わっているかどうかは別として、これからご紹介する3点の特徴に当てはまる人は、脱毛回数が多くなる可能性があります。

それぞれの対策方法についてもみていきましょう。

色素沈着がある

医療脱毛に使用される医療用レーザー脱毛器、そして光脱毛に使用される光脱毛器は、どちらも「メラニン色素に反応する」という性質を持っています。
(医療脱毛の場合はメラニン色素のみに反応、光脱毛の場合は黒い色素を持つものに反応)

そのため、皮膚に照射しても毛にのみダメージを与えることができるわけですが、
毛と同じようにメラニン色素が関係している「色素沈着」があると、脱毛器が色素沈着に反応してお肌を傷つける恐れがあります。

クリニックやエステサロンでは、このリスクを考慮して、色素沈着がある場合は脱毛器の照射レベルを低く設定して対応します。

照射レベルを下げて対応ということは、その分脱毛効果も下るので、脱毛効果が下がった分脱毛回数が多くなってしまうのです。

VIO付近(デリケートゾーン)の色素沈着(黒ずみ)は、「摩擦」に原因がある場合が多いです。
例えば、
・サイズの合わない下着の着用
・化学繊維の下着の着用
・締め付け感のあるボトムスの着用
・洗い過ぎ
・カミソリや毛抜きなどを使った自己処理

などの摩擦刺激が、VIO付近の色素沈着の原因に該当します。

VIO付近の皮膚は元々外部刺激に弱いので、こういった摩擦刺激を受ければ簡単にメラニン色素が生成され、
色素沈着が起こってしまいます。

ですから、色素沈着を抑えるためには、VIO付近に摩擦刺激を与えないようにしましょう。

具体的には、

・サイズの合う下着を着用する
・天然素材の下着を選ぶ
・締め付け感のないゆったりめなボトムスを選ぶ
・洗い過ぎに注意する
・洗う時は優しく洗う
・自己処理には電動シェーバーを使用する

といった方法で、VIO付近の色素沈着を抑えることができます。

また、色素沈着を抑えるためには、お肌のターンオーバーを正常にする必要もあります。

ターンオーバーを正常にするためには、
・栄養バランスを考えた食事を摂る
・しっかりと睡眠を取る
・飲酒喫煙を控える
・無理なダイエットはしない
・適度に運動をする
・紫外線対策を万全にする

といったことに気を付けましょう。

そしてもし、「すでに色素沈着がある」という場合には、色素沈着を薄くする「黒ずみ専用クリーム」があるので、
そういったアイテムを使って色素沈着を薄くしてからVIO脱毛をスタートさせることをおすすめします。

肌が乾燥している

お肌が乾燥しやすい人もかなり多いと思うのですが、お肌の乾燥は脱毛にも大きく影響します。

「お肌が乾燥している状態」というのは、お肌のバリア機能が低下している状態で、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。
このような状態で脱毛を受けると、その分お肌へのダメージも大きくなってしまうため、
クリニックやエステサロンでは照射レベルを下げて対応します。

先ほどもお話しした通りですが、照射レベルを下げると脱毛効果も下がってしまうため、その分脱毛回数が多くなります。

また、お肌が乾燥している時は、照射レベルを下げて対応する以前に、施術そのものを見送る場合も。
そういった意味では、脱毛完了までの期間が延びる可能性があります。

乾燥を防ぐためには、VIO付近の保湿も怠らないようにするのが一番です。

「デリケートゾーンまで保湿する人っているの?」と思う人もいるかもしれませんが、今はデリケートゾーン専用の保湿剤が簡単に手に入ります。

顔用・ボディ用の保湿剤ではしみる可能性があるので、デリケートゾーン専用の保湿剤、もしくはワセリンを使って保湿するように心がけてみてください。

毛量が多い

アンダーヘアの濃さには個人差がありますが、VIOの脱毛回数が多くなりがちなのは、アンダーヘアが濃い人です。
やはり、アンダーヘアの毛量が多い分、それなりの回数の脱毛を受けなければ満足のいく状態にまで持っていくことができません。

他人のアンダーヘアを見る機会はほとんどないですから、自分自身のアンダーヘアが濃いかどうかを判断することは難しいですよね。
ただ、髪の毛の量が多い人や、他の部位のムダ毛が濃い場合はアンダーヘアも濃い傾向にあるので、

対策1:食生活や生活習慣を正す

毛量が多い人は、男性ホルモンの分泌量が多い傾向にあります。

男性ホルモンの分泌量は、食生活や生活習慣と大いに関わりがあるので、毛量を減らすためには男性ホルモンの分泌量を多くしている食生活と生活習慣を正しましょう。

具体的には、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」という成分を多く摂取することをおすすめします。
大豆イソフラボンは、豆腐・納豆・豆乳などの大豆製品に多く含まれているので、手軽に摂取することができますよ。

対策2:回数無制限のコースを選ぶ

毛量が多い人は、コースが終了しても満足のいく状態にならない可能性があるので、「回数無制限(脱毛し放題)」のコースを選ぶことをおすすめします。

回数無制限のコースであれば、一定の料金で満足いくまで何度でもVIO脱毛が受けられますので、毛量が多い人にとっては経済的負担も軽く済みますよ。

医療脱毛でVIO脱毛するメリット・デメリット

ここまでの流れでなんとなくお気づきになったかと思うのですが、VIO脱毛はエステサロンの光脱毛よりも、クリニックの医療脱毛のほうがおすすめです。

医療脱毛でVIO脱毛することには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

医療脱毛でVIO脱毛をするメリット

・効果が高い
・脱毛回数が少ない
・脱毛期間が短い
・永久脱毛ができる
・医療機関ならではの安心感がある

医療脱毛でVIO脱毛をするデメリット

・光脱毛よりも痛みが強い
・脱毛が受けられるクリニックが少ない

見ての通りですが、医療脱毛のVIO脱毛にはメリットが多いです。

多少のデメリットはありますが、痛みが強い場合は麻酔を使ってもらうこともできますし、
医療脱毛ができるクリニックも徐々に増えてきているので、デメリットのほうはそれほど気にする必要がないほど。

ですから、VIO脱毛を受けるのであれば、医療脱毛を選ぶことをおすすめします。

VIO脱毛でおすすめの医療脱毛クリニック3選!

目標を達成した女性のイメージ
最後に、VIO脱毛でおすすめのクリニックを3ヶ所ご紹介します。

①アリシアクリニック

アリシアクリニック
アリシアクリニックは、医療脱毛を中心に様々な美容医療に力を入れているクリニックです。

痛みが少ないと言われている「ライトシェア・デュエット」を使用し、痛みが強く現れやすいVIOでも、痛みを抑えた脱毛を受けることができます。

またアリシアクリニックは、医療脱毛では珍しい8回コースを取り入れているため、5回の施術だけだと不安という方にもおすすめです。

●VIO脱毛セット

5回 8回
料金 157,500円 230,400円
月額払い 5,000円
36回払い/初月のみ7,070円
8,300円
36回払い/初月のみ10,842円

●Vライン脱毛

5回 8回
料金 96,000円 139,200円

●Iライン脱毛

5回 8回
料金 74,000円 108,800円

●Oライン脱毛

5回 8回
料金 37,000円 54,400円

②レジーナクリニック

月々6,300円バナー
レジーナクリニックは、医療関係者からも技術力・安全性・予約の取りやすさで高く評価されているクリニックです。

冷却しながらの施術になるので、痛みを強く感じやすいVIOでも安心して脱毛を受けることができますし、

・初診
・カウンセリング
・剃毛
・アフターケア(一部)

が無料で受けられるので、費用も抑えられます。

レジーナクリニックのVIO脱毛「VIO全5回コース」の詳細は、以下の通りです。

●VIO脱毛セット

5回 1回
料金 84,000円 42,000円

●Vライン脱毛

5回 1回
料金 45,000円 15,000円

●Iライン脱毛

5回 1回
料金 45,000円 15,000円

●Oライン脱毛

5回 1回
料金 39,000円 13,000円

③リゼクリニック

スタンダード総額
リゼクリニックは、モニターブログでも多くの患者さんから高く評価されているクリニックです。

「痛みをほとんど感じない」といった感想が多く寄せられているほど、
痛みの軽減に力を入れており、痛みが出やすいVIOの脱毛も安心して受けられますよ。

リゼクリニックのVIO脱毛「VIO脱毛セット」の詳細は、以下の通りです。

●VIO脱毛セット

5回コース 1回 コース終了後1回
料金 92,800円 41,800円 14,400円

このように、セットでVIO脱毛を受けることもできますが、V・I・Oそれぞれ個別で脱毛することもできます。

●Vライン脱毛

5回コース 1回 コース終了後1回
料金 55,800円 18,800円 8,800円

 

●Iライン脱毛

5回コース 1回 コース終了後1回
料金 36,800円 12,800円 5,800円

 

●Oライン脱毛

5回コース 1回 コース終了後1回
料金 36,800円 12,800円 5,800円

VIO脱毛は脱毛効果が高い医療脱毛がおすすめ!

今回は、医療脱毛と光脱毛のVIO脱毛について効果や回数を詳しく紹介してきました。
VIO脱毛には医療脱毛がおすすめだということが分かったと思います。
その理由は、

  • 毛周期のスパンが長く完了までに時間がかかる
  • 黒ずみなどの色素沈着により照射レベルが低く設定される

などの問題を医療脱毛なら、

  • もともとの照射レベルが光脱毛よりも高い
  • 少ない回数で脱毛効果を実感することができる
  • 脱毛完了までの時間が短い

上記のメリットでカバーすることができるから。
これからVIO脱毛をはじめようと思っているなら、ぜひ今回紹介したおすすめのクリニックで医療脱毛を検討してみてくださいね!

関連記事

アンダーヘアの脱毛方法って?正しいVIO脱毛法をご紹介

VIO脱毛の事前処理は全剃りする必要がある?その理由と回数は?

VIO脱毛は恥ずかしい?脱毛するときの服装や体勢を解説

VIO脱毛は生理中でも大丈夫!?サロンやクリニックの対応は?

VIO(ハイジニーナ)脱毛とは?どこまで脱毛するの?

VIO脱毛の間隔はどのくらい?通う頻度はどのくらいがベスト?

VIO脱毛前のシェービング方法は?Vラインのデザインはどうする?

VIO脱毛の料金。サロンごとに比較してご紹介

VIO脱毛前の正しい自己処理って?V・I・O部位別に徹底解説!

VIO脱毛のメリットとデメリット。人には聞けない全てを解説!