2019/10/10
医療脱毛

医療脱毛の効果って?効果を実感できる回数を部位別に紹介

医療脱毛とサロン脱毛で迷ったら、医療脱毛をおすすめします。
医療脱毛のほうが効果が高く、はやい段階で脱毛完了できるからです。

「効果が高い・はやい」といっても、どれくらいの期間で時間できるのか疑問に思いますよね。

今回は医療脱毛の効果がでる期間や回数について詳しく解説します。

医療脱毛の仕組みについて

脱毛イメージ

まず最初に、医療脱毛の仕組みについて説明します。

医療脱毛では医療資格を持つ者しか扱うことができない「医療用レーザー脱毛器」を使用します。そのため脱毛であっても「医療行為」とされるんです。

医療用レーザー脱毛器は「単一波長」で、毛根部分のメラニン色素に反応して照射することで脱毛を促します。

医療用レーザーを照射した後の流れは、以下のようになります。

  • ①医療用レーザーが反応したメラニン色素が、レーザーの熱を吸収する
  • ②レーザーの熱が毛根部分全体に広がる
  • ③ムダ毛のもととなる「毛母細胞」が破壊される
  • ④ムダ毛が抜け落ちる

 

 
医療脱毛の仕組みとしては、多くの脱毛サロンで使用されている「光脱毛器」とあまり変わりはありません。

ただ、光脱毛器はメラニン色素のみではなく「黒い色素を持つもの」全体に反応します。よってホクロやシミ、日焼けした肌に照射することができません。

医療用レーザー脱毛と光脱毛では「メラニン色素にのみ反応するのか、それとも黒い色素に反応するのか」という部分に違いがあるわけです。

【部位別】医療脱毛に必要な回数

カラフルな数字

医療脱毛が完了するまでの期間や回数は、一体どれくらいになるのでしょうか?
「医療脱毛が完了するまでに必要な回数」を部位別で見ていきます。

人気の部位である「ワキ・VIO・腕・脚」の脱毛に必要な回数は、以下の通りです。

自己処理が不要になる ツルツルになる
ワキ 5回 6回以上
Vライン 5回 6回以上
Iライン・Oライン 8回 10回以上
うで 5回 8回以上
5回 8回以上

脱毛サロンで行われる光脱毛と違い、医療脱毛は高出力の医療用レーザーを使用して脱毛施術が行われます。出力が高い分、光脱毛では12回~18回かかる施術も、医療脱毛なら10回未満で終了することが可能です。

太く硬い毛が密集しているIラインとOラインは他の部位よりも施術回数が必要となりますが、それでも光脱毛よりは効果が早くあらわれます。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛 エステ脱毛
抜ける仕組み 毛母細胞を破壊する メラニン色素を破壊する
効果 高い 医療脱毛より低い
痛み 強い 弱い
メリット ・短期間でつるつるになる
・確実な脱毛効果を得られる
料金がリーズナブル
デメリット 料金が高額 脱毛完了までに時間がかかる

医療脱毛とエステ脱毛を比べると以上のようになります。
それぞれ向いている人をまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

エステ(光)脱毛が向いている人

  • リーズナブルな金額で気軽に脱毛したい人
  • 脱毛完了までを急がない人
  • 痛みの少ない脱毛をしたい人

医療脱毛が向いている人

  • はやく、高い効果を得たい人
  • 安心、安全な脱毛をしたい人
  • 永久脱毛したい人

医療脱毛は永久脱毛?

医療脱毛は毛母細胞を破壊してムダ毛を処理する脱毛方法だと解説しましたが、この毛母細胞というのは毛を生み出す細胞のことです。

この毛母細胞に毛を生み出すための栄養を与え、毛の成長を促進させる働きをもつ毛乳頭という組織があるのですが、この毛乳頭を破壊する行為を行えるのは医療従事者のみと法律で定められています。

医療脱毛では、この毛乳頭も医療用レーザーで破壊します。毛乳頭が破壊されれば新たな毛は生えてくることがありません。

つまり、医療脱毛とは、永久脱毛を実現してくれる唯一の脱毛方法なのです。

医療脱毛と言っても、クリニックによって使用している機械が違います。
種類によって向いている部位などが異なります。

医療脱毛クリニックの選び方 3つのポイント

スーツ姿の女性

医療脱毛でも毛質・毛量によって「あう・あわない」があります。
通い方や料金も気になるところです。

医療クリニックを選ぶ際には、次のポイントをチェックしましょう。

  • 通える頻度と完了までの期間
  • 5回以上のプランがあるか
  • 脱毛5回の料金が安いか

通える頻度と完了までの期間

脱毛には「毛周期」が大きく関係します。毛周期にあわせて施術ができるうよう予約がとれるかどうかは大切なチェックポイントです。店舗数や店舗内のベッド数が少なければ、なかなか予約が取れないかもしれません。

クリニック選びには立地も関係してきます。通いやすい場所になければ足も遠のいてしまいますよね。

脱毛完了までの期間はどこの医療クリニックでも大差はありません。
違いがでるとすれば、使用する脱毛器による効果です。

照射範囲によって施術時間が異なったり、感じる痛みの強さが違ってくるので、どんな脱毛機器を使用しているかは事前に確認しておくといいでしょう。公式サイトをチェックするか、無料カウンセリングにでかけて質問してみましょう。

5回以上のプランがあるか

医療脱毛ははやい人で3回から効果を実感できます。部位にもよりますが、だいたい平均5回の施術で満足いく仕上がりとなります。

完全に自己処理が不要になるには平均8回と言われています。そのため5回以上のプランも用意されている脱毛クリニックをおすすめします。

脱毛5回の料金が安いか

ほとんどのクリニックは5回からのプランを用意しています。それぞれのクリニックで同回数の料金を比較しましょう。1回あたりの単価でみるとわかりやすいですよ。

全身脱毛の場合、顔脱毛やVIO脱毛がついているかいないかの違いもあります。そのあたりもしっかり確認が必要です。

ほとんどのクリニックではシェービング代が0円となっていますが、シェービング料金がかかったり診察料がかかったりするところも。

キャンセル料や麻酔使用時の料金など、プラン以外に発生する費用があるかどうかも確認しておきたいですね。

医療脱毛クリニック おすすめ3選

クリニック選びのポイントを踏まえ、おすすめの医療脱毛クリニックを3つ紹介します。

特徴やコース内容をしっかりとチェックして、自分に合ったクリニックを選びましょう。
 

フレイアクリニック



フレイアクリニックは、2019年3月に新規開院したばかりの医療脱毛専門クリニックです。オープンしてまだ間もないものの、すでに新宿店、銀座店が開院、表参道店が開院予定となっています。さらに、今後は全国展開もしていく予定で、口コミなどでも注目が高まっています。

フレイアクリニックでは、痛みが少なく褐色肌でも施術が可能な「蓄熱式」のレーザー脱毛を採用しています。蓄熱式脱毛は、肌に負担をかけずに短期間で脱毛できるのが特徴です。1回の施術時間も短く、全身脱毛を最短90分で施術可能。忙しい人でもストレスなく通うことができます。

また、脱毛プランが充実しているため、希望の脱毛部位や予算に合わせて自分に合ったプランから選べるのも、フレイアクリニックの魅力の1つです。

全身脱毛プランと部分脱毛プランがあり、回数も5回と8回コースから選ぶことができます。数あるクリニックの中でも、かなりリーズナブルな価格設定になっており、毎月の負担が少ない月額制での支払いも可能です。

レジーナクリニック

By: REGINA CLINIC

レジーナクリニックは2017年にオープンした比較的新しいクリニックですが、リーズナブルな料金や充実したサービスで人気上昇中です。

最大の特徴は全身脱毛の料金の安さ。総額が安いのはもちろん、月額6,300円で通える月額制での契約も可能なので、気軽に医療脱毛が始められるのが魅力です。シェービング代や薬代といった追加料金も一切かかりません。

レジーナクリニックでは、脱毛部位や肌質によって2種類の脱毛機を使い分けています。これにより、産毛から濃い毛まで、あらゆる毛への永久脱毛効果が期待できます。日焼け肌や褐色肌の人でも安心です。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックは脱毛をメインに様々な美容医療を行っているクリニックです。

部位ごとから全身脱毛までの豊富な脱毛プランが魅力で、予算や通うペースに合わせて選ぶことができます。コースは「5回・8回・脱毛し放題」の3つ。特に医療脱毛にはめずらしい「5年し放題」プランは、納得いくまで回数を気にせずに通いたいという人にはおすすめです。

全ての院が駅近、という立地のよさも人気の理由の1つ。都合や予約状況に応じて、通う院を毎回変えることもできます。

その他にも、キャンセル料無料やトラブルの際の無料保証など、安心して長く通うことができるサービスが充実しています。

医療脱毛の効果を高めるポイント


永久脱毛の効果をより高めるために、知っておきたいポイントをご紹介します。

脱毛前後のお肌のケア

脱毛期間中に毛を抜くことは絶対にNGです。脱毛を受ける前は脱毛部位の自己処理が必要ですが、毛抜きの使用は避けてください。毛を抜いてしまうと、毛周期が乱れ脱毛効果が半減してしまいます。さらに、肌を痛め炎症を起こす可能性もあります。

また、脱毛前後の日焼けは肌トラブルの原因となります。日焼けの状態によっては、施術ができなくなる場合もありますので、脱毛中は徹底した紫外線対策が大切です。

ボディローションやクリームで日々の保湿ケアをしっかりと行いましょう。水分が多く潤いのある肌はレーザーの反応がよく、脱毛の効果を高めてくれます。

医療脱毛の脱毛器の違い

現在主流になっている医療脱毛の脱毛器は以下の3種類です。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • YAG(ヤグ)レーザー

脱毛器によって相性のよい毛質や肌の色などが異なるので確認しましょう。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、世界中で多くの実績とシェアを誇る脱毛器です。
波長の短いレーザーが特に日本人の肌に適しており、日本でも多くのクリニックで導入されています。

黒いメラニン色素に吸収されやすいという特徴を持っており、肌に負担をかけずにピンポイントで毛根や毛母細胞を破壊します。それにより、細い毛から太い毛まであらゆる毛質に対応可能です。

また、もともとシミやアザの治療にも使われてきたレーザーのため、脱毛効果以外にもシミやくすみの改善、毛穴の引き締め、ハリや弾力アップといった美肌効果も期待できます。

ただし、メラニンに反応しやすいことから、日焼け肌や色素沈着を起こした肌に対しては照射が難しいのが欠点です。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、3つの脱毛器の中でちょうど中間の波長の長さを持っています。痛みを最小限に抑えながら、高い脱毛効果が得られるのが大きな特徴。

細かな設定によりあらゆる毛質や肌質に対応可能なため、色素の薄い産毛の脱毛にも効果があります。アレキサンドライトレーザーと比べると、多少の日焼け肌や褐色肌であれば対応可能な場合が多いです。

広範囲をスピーディに照射することができ、照射漏れが少ないといったメリットもあります。

YAG(ヤグ)レーザー

最も波長が長いヤグレーザーは、皮膚の奥深くまで光を届けることができます。
特に、脇やVIOといった、太く濃い毛に最適なレーザーです。他のレーザーで施術が難しかった部分でも、ヤグレーザーであれば脱毛できる可能性も高いと言われています。

メラニン色素への反応が穏やかなため、日焼け肌や色素沈着している肌でも施術できる点も魅力の1つ。ただし、3つのレーザーの中では比較的脱毛効果が低く、産毛や細い毛の脱毛には適していません。また、痛みを感じやすいのも欠点です。

ヤグレーザーは、メインで使うというよりは、他のレーザーで脱毛できなかった毛に対して、補助的に使うクリニックが多いようです。

医療脱毛で脱毛効果を高めよう

医療脱毛の効果がでる期間や回数、クリニックの選び方についてご紹介しました。

医療脱毛は、部位や脱毛器の種類によって多少効果に差があるものの、エステ脱毛と比べるとかなり少ない回数・期間で完了することが可能です。はやく確実に脱毛効果を実感したい人にとって、医療脱毛は効果的な脱毛方法と言えるでしょう。

自分にピッタリの脱毛クリニックをみつけて、効果の高い脱毛を実現してください。

関連記事

『フレイアクリニック』はメリットだらけ?通いやすい脱毛クリニックと評判のワケ

アリシアクリニックは解約できる?中途解約の方法や返金額は?

医療脱毛は日焼け肌でもできる?断られた理由とおすすめクリニック4選。

医療脱毛の回数無制限プランがすごい!通い放題のクリニック紹介

【2019年最新版】医療脱毛おすすめ10選|評判がいいクリニックはどこ?

レジーナクリニックの解約方法とは。タイミングや返金額を大公開

レジーナクリニックのシェービングは無料!?脱毛前の準備を解説

湘南美容クリニックのキャンセル手順|当日でも予約は取り消せる

明日花キララが美容クリニックをオープン|医療脱毛もできるらしい!

『レジーナクリニック 』は評判がいいって本当?レジクリの全てを解説