2018/05/11
医療脱毛

医療脱毛っていつから効果がでる?効果がでる期間や回数を調査してみた

脱毛サロンで脱毛を受けている方も多いですが、最近ではクリニックで医療脱毛を受ける方も増えてきていますよね。

そのため、「医療脱毛に興味がある」という方も多いのではないかと思うのですが、「いつから効果が出るのだろうか?」という疑問を持っている方も多いはず。

今回は、医療脱毛の効果がでる期間や回数について、詳しく解説します。

医療脱毛の仕組み

脱毛イメージ

まずは最初に、医療脱毛の仕組みについてお話ししたいと思います。

医療脱毛には、医療機関で医療資格を持つ者しか扱うことができない、「医療用レーザー脱毛器」を使用します。
この医療用のレーザー脱毛器は「単一波長」で、
毛根部分のメラニン色素にのみ反応して照射される仕組みになっています。

医療用レーザーを照射した後の流れは、以下のようになります。

①医療用レーザーが反応したメラニン色素が、レーザーの熱を吸収する
②レーザーの熱が毛根部分全体に広がる
③ムダ毛のもととなる「毛母細胞」が破壊される
④ムダ毛が抜け落ちる

ちなみに、医療脱毛の仕組みとしては、多くの脱毛サロンで使用されている「光脱毛器」とあまり変わりはありません。

ただ、光脱毛器はメラニン色素のみではなく「黒い色素を持つもの」反応する仕組みになっています。
医療用レーザー脱毛器と光脱毛器には、「メラニン色素にのみ反応するのか、それとも黒い色素に反応するのか」という部分に違いがあるわけです。

◎医療脱毛は永久脱毛?

永久脱毛とは、「生涯に渡ってムダ毛の処理をしなくても済む状態」のことを言います。

医療脱毛は、多くの脱毛サロンで取り入れられている光脱毛よりも脱毛効果が高いので、
「医療脱毛=永久脱毛」と捉えている方が多いはず。

では、実際のところはどうなのかというと、
医療脱毛は「使用する脱毛器次第」で永久脱毛の扱いになります。

現時点では、毛穴に針を刺して電流を流す「美容電気脱毛(ニードル脱毛・針脱毛)」という脱毛方法だけが、永久脱毛ができる脱毛方法とされています。
ただ、一定の基準を満たした医療脱毛も永久脱毛に含まれるのです。

日本では永久脱毛に関する明確な基準はありませんが、
アメリカ食品医薬品局(FDA)では、「レーザーを3回照射後6か月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態」を永久脱毛としています。

このFDAの基準をクリアした医療用レーザー脱毛器を使用した医療脱毛に関しては、永久脱毛の扱いになります。

「67%以上」ということは、残念ながら「一本もムダ毛が生えてこないわけではない」ということになりますが、
何度か医療用レーザーを照射すればムダ毛はほとんど生えてこなくなります。
「生涯に渡ってムダ毛の処理をしなくても済む状態」、この状態に当てはまりますね。

今の日本では、FDAの基準をクリアした医療用レーザー脱毛器を使用して施術を行っているクリニックがほとんど。

そして、「美容電気脱毛が受けられる脱毛サロンやクリニックは非常に数が少ない」という事情もあるので、「今の日本で永久脱毛ができるのは医療脱毛」という認識で良いと思います。

脱毛完了までの期間・回数は?

カラフルな数字

医療脱毛が完了するまでの期間や回数は、一体どれくらいになるのでしょうか?

◎部位別|必要回数

まず先に、「医療脱毛が完了するまでに必要な回数」を部位別で見ていきたいと思います。

人気の部位である、顔・ワキ・VIO・腕・脚の5つの部位の必要回数は、以下の通りです。

8~10回
ワキ 5~6回
VIO 5~6回
5~6回
5~6回

 

大体、これくらい回数の施術を受けた時点で「脱毛完了」とする場合が多いです。

顔の場合はムダ毛そのもののメラニン色素が薄いため、メラニン色素が濃い他の部位と比べると必要回数が多くなりやすく、施術回数を追加しなければならないこともあります。
一方でワキ・VIO・腕・脚は、10回もいかないうちに脱毛が完了する場合が多いです。

ただ、人によって「脱毛が完了した※」と判断する基準は異なってくること、
そして部位や体質で毛質が左右されることもあります。
ですから、回数は多少前後すると考えておいたほうが良いですね。

※「自己処理が必要ない状態」を脱毛完了とする方もいれば、「ツルツルな状態」を脱毛完了とする方もいるため。

いずれの部位に関しても、脱毛サロンで受ける脱毛よりも必要回数が「半分から3分の1程度」に抑えられますよ。

◎平均期間

次に、「医療脱毛が完了するまでの平均期間」についてお話ししたいと思います。

脱毛の施術は、毛髪の生え変わりのサイクルである「毛周期」を考慮した上で行われます。
毛周期に関しては後ほど詳しく説明させていただきますが、
毛周期を考慮すると、脱毛の施術は「約2か月に一度」のペースで受けるのがベストです。

先ほどの「部位別|必要回数」の項目でご紹介した5つの部位で見ると、
医療脱毛が完了するまでの平均期間は次のようになります。

※2か月に一度のペースで施術を受けた場合を想定しています。

1年4か月~1年8か月
ワキ 10か月~1年
VIO 10か月~1年
10か月~1年
10か月~1年

 

脱毛完了の基準や毛質によって多少前後する可能性はありますが、
医療脱毛は早くて1年以内、遅くても2年以内には脱毛が完了します。

脱毛サロンの場合は、脱毛完了までに2~3年かかることも珍しくはないので、
脱毛サロンと比べるとかなりスピーディーですよね。

◎毛周期との関係 

先ほどもお話しした通りなのですが、脱毛の施術は毛周期を意識した上で行います。

なぜかというと、医療脱毛の効果は「成長期」を迎えているムダ毛にしか、効果が発揮されないからです。

ムダ毛全体の中で成長期を迎えているのは、実は約3割しかありません。
あとの約7割のムダ毛は、次のムダ毛の成長に向けてお休みをしている「休止期」と、
成長が止まって抜け落ちるのを待っている「退行期」をそれぞれ迎えています。

退行期や休止期のムダ毛に関しては、「脱毛効果は得られにくい」と言われています。

つまり、「1回の施術で脱毛効果が得られるのは全体の約3割のムダ毛のみ」ということなのです。

1回目の施術からちょうど2か月ほど経って、2回目の施術を行う頃には、
1回目の施術を行った時点で成長期ではなかったムダ毛がちょうど成長期を迎える時期になります。
このタイミングで2回目の施術を行うことで、1回目の施術で効果があった分と合わせて約6割のムダ毛に脱毛効果が発揮されます。

ムダ毛を3割ずつ減らしていき、最終的には脱毛部位のムダ毛全てをやっつけることができるということですね。

ちなみに、毛周期を意識せずに施術を受けてしまうと、思うような脱毛効果が得られなくなるのでおすすめできません。

医療脱毛で効果を早く出すための3つの方法

スーツ姿の女性

医療脱毛は確かに効果が出るまでの時間が早いのですが、「効果が少しでも早く出るように」という意味で、
脱毛を受ける側にもできることがあります。

医療脱毛で効果を早く出すための方法を3つご紹介します。

ポイント1|毛周期を意識して2か月間隔を空ける

医療脱毛で早く効果を出すためには、毛周期を意識して2か月間隔を空けて施術を受けるようにしましょう。

先ほども説明した通りですが、医療脱毛は毛周期を意識して施術を受けるようにしなければ、思うような脱毛効果が得られなくなってしまいます。
これではお金も時間ももったいないですよね。

ですから、医療脱毛で早く効果を出すためには、毛周期を意識して2か月間隔を空けるようにしましょう。

ポイント2|脱毛中は日焼けしないように注意!

医療脱毛で効果を早く出すためには、「日焼けしないように注意する」ということも非常に重要になってきます。

日焼けによってお肌が黒くなると、お肌とムダ毛との色の差が無くなり、レーザーの反応が悪くなってしまうからです。
レーザーの反応が悪くなるということは、脱毛効果が下がることとイコールになります。

また、脱毛効果が下がるだけではなく、施術そのものを断られてしまう可能性もあります。

日焼けは軽いやけどを起こしているのと同じ状態であること、そして脱毛は少なからずお肌にダメージを与えるものであることから、
「お肌の状態が万全ではない」と判断されて断られる場合があるのです。

いずれにしても、日焼けをしていると脱毛の施術に影響が出て、効果が出る時期が遅くなる可能性があります。
ですから、日焼け対策は万全に行うようにしてください。

ポイント3|脱毛部位の保湿をしっかりと行う

脱毛中は、日焼けしないように注意すると共に、脱毛部位を乾燥させないように注意する必要があります。

というのも、脱毛部位が乾燥していると脱毛効果が下がる可能性がある上に、肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまうからです。
あまりにも乾燥がひどいと、施術そのものを断られてしまう可能性もあります。

ですから、脱毛中は脱毛部位の保湿をしっかりと行い、乾燥させないように気を付けて下さいね。

おすすめ医療脱毛クリニック3選♡

ビキニの女性

最後に、当サイトおすすめの医療脱毛が受けられるクリニックを3か所ご紹介します。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックロゴ

By: 湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、全国で76院展開している大手のクリニックです。

・アレキサンドライト
・ウルトラ美肌脱毛(湘南美容クリニックオリジナルの脱毛器)
・メディオスター

これら3つの医療用レーザー脱毛器の中から、部位や肌タイプに合った脱毛器を選んで施術を行ってくれるため、
より高い脱毛効果が期待できますよ。

また、湘南美容クリニックは「医療脱毛が手頃な料金で受けられる」という魅力的な部分もあり、
両ワキの場合は「6回で1,000円(税込)」という、驚きの料金で医療脱毛が受けられるクリニックとしても定評があります。

リゼクリニック

リゼクリニックロゴ

By: リゼクリニック

リゼクリニックは、提携院含め全国で18院を展開する、医療脱毛を専門としているクリニックです。

・ライトシェア・デュエット
・メディオスターNeXT
・ジェントルYAG

の3つの医療用レーザー脱毛器を使い分けることで、より効果の高い医療脱毛を提供しています。

また、リゼクリニックは医療脱毛のリスクを包み隠さずに説明してくれるクリニックなので、
安心して脱毛が受けられる環境も整っていますよ。

フェミークリニック

フェミークリニックロゴ

By: フェミークリニック

フェミークリニックは、東京・大阪を中心に6院展開しているクリニックです。

フェミークリニックといえば、「オーダーメイド医療脱毛」で有名なクリニック。

5種類の医療用レーザー脱毛器を使い分け、患者さん1人1人の毛質や肌質に合わせた医療脱毛を提供しています。

 

関連記事

医療脱毛の料金相場をご紹介。全身から各部位まで細かく調査してみた!

脱毛治療を始める方へ部分から全身までの料金の相場をご紹介。一般的に毛の処理がいらなくなる5~9回の治療回数の料金を部位ごとに示しました。
その他、料金以外に大切な脱毛のリスクや契約前に確認したい点をおすすめクリニックとともにご紹介しました。

医療脱毛の脇脱毛は回数や効果で選ぶ!おすすめクリニック5選

医療脱毛って何? みなさんの疑問を解決! 脇の医療脱毛について詳しくご説明します。痛みや料金、エステ脱毛と医療脱毛との違い、お手頃なクリニックから最新機器を使用しているおすすめ医療脱毛クリニックもご紹介。医療脱毛選びに必要な情報満載です!

医療脱毛で失敗しないクリニックの選び方。失敗談からみる正しい選び方

気になる手足、身体の産毛は医療脱毛で悩みを解決!医療脱毛なら安全だと思っていたけれど… 「私の医療脱毛失敗体験」医療脱毛はサロン選びが大切です。

医療脱毛の全身脱毛おすすめ5選。安くてコスパ高な人気サロンをご紹介

医療脱毛は医師が施術すること、1回ごとの効果が高く、早く完了することもあって人気ですが、価格が高いと躊躇している方も多いのでは? 実際の価格や完了スピード、効果の点から厳選した、安くてコスパの高いおすすめの医療サロン5つをご紹介します!

医療脱毛は5回じゃ足りない?効果が出る回数や期間を解説

「医療脱毛は、5回で脱毛が完了する」というのは本当なのでしょうか?
この記事では、医療脱毛の場合5回でどれだけ毛の量を減らすことが出来るのか?そしてどのくらいの期間がかかるのか?
さらに、5回コースのあるクリニックなどを詳しくご紹介します!