2018/04/05
部位

ハイジニーナ(パイパン)脱毛で後悔しないために! 知っておくべき基礎知識とメリット・デメリット

すでに海外では当たり前になっているハイジニーナ脱毛。

徐々に日本でも「アンダーヘアの脱毛は女性のたしなみ」として認識されてきています。

ですが、なかなか人に聞きにくい部分だからこそ、

「VIOを全部ツルツルにするのって恥ずかしくない?」
「やってみたいけど痛そうで怖い」

こんな不安や疑問を持っている人も多いようです。

なかなかハイジニーナ脱毛は勇気がいる!というあなたに、やらないと損するメリットと、事前に気をつけるべきポイント、そしておすすめサロンをご紹介します。

 

ハイジニーナ脱毛ってなに?どこの部位のこと?

By: musee

 

ハイジニーナ脱毛とは、ひとことで言うと、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(ヒップ奥)の毛をすべてキレイに無毛状態にすることです。

もともとは海外セレブのブリトニー・スピアーズやパリスヒルトンなどがハイジニーナにしていることを公言したことから始まり、ここ数年で、日本でも脱毛サロンでハイジニーナのコースができるほどの人気になりました。

ですがハイジニーナ脱毛と言っても、クリニックによっては、Vラインの毛はツルツルにしないで形を整えたり、薄く残すこともあるので、無毛にしたい場合は「すべての毛を脱毛して下さい」と事前にしっかり伝えるようにしましょう。

 

ハイジニーナ脱毛のメリット

VIOを無毛にすることで、見た目のキレイさだけでなく、女性の体には嬉しい効果がたくさんあります。まずはハイジニーナ脱毛のメリットを見ていきましょう。

 

◎デリケートゾーンが清潔で快適

生理中の臭いがどうしても気になって、ひんぱんにナプキンを変えていましたが、脱毛してから臭いが軽減しました。もっと早くやれば良かったです。

女性なら一度は感じたことがある、こんな不快な症状をキレイさっぱり解決してくれます。

・生理中のムレや臭い

・アンダーヘアに径血がついて汚れる

・汗でのかぶれ・かゆみ

ハイジニーナ脱毛でアンダーヘアが無くなると、汚れや汗が原因でのトラブルが無くなり、快適な生活を送れるようになるんです。

そもそもハイジニーナとは、「hygiene(ハイジーン)」という「衛生」を意味する単語が由来になっています。その由来からも分かるように、女性のデリケートゾーンを衛生的に保つために始まったことなんです。

「一度ハイジニーナ脱毛をして快適になってしまうと、もう毛がある状態には戻りたくない!」という人も多いようです。

 

◎下着や水着からハミ毛なし!

アンダーヘアの量が多いので、下着からはみ出るのが嫌で思い切ってツルツルにしましたが、かなりいいです。可愛い下着がたくさん欲しくなりました。

可愛い水着やショーツから毛がチラリ・・・なんて恥ずかしすぎますよね。

かといって、いつもキレイにアンダーヘアをカットするのも面倒くさい。

ハイジニーナにしてしまえば、海で思いっきり動き回っても、水着からムダ毛がハミ出すのを気にせずに思いっきり遊べます。

 

◎自己処理から解放される

昔、Oラインの毛を自分で剃って血が出たことがあります!危険な行為でした・・・。

今は彼氏にもキレイだねって言ってもらえます。

実はとっても危険なVIOのムダ毛処理。

粘膜に近いため、カミソリや除毛クリームでの除毛はトラブルのもとです。

電気シェーバーでの除毛が一番安全ですが、自分では見えにくい部分なので、剃り残しがあったり、根元がブツブツに残っていたりとキレイに剃るのは至難の業。

とくにOラインは自分ではどう頑張ってもよく見えません。無理に除毛して肌荒れや色素沈着を起こす前に、脱毛でプロにキレイにしてもらいましょう。

 

ハイジニーナにして後悔したことは?

では、ハイジニーナ脱毛で後悔した人の意見も見てみましょう。

一度脱毛したら、もとには戻らないだけに、色々なケースを想定して、後悔の無いようにしたいですね。

◎人目が気になる

温泉に行ったとき、まわりにパイパンの人がいなくて少し恥ずかしかった。全面の毛だけ、ちょっと残せば良かったかもと思いました。

中には、VIOがすべてツルツルだと、銭湯や温泉でちょっと恥ずかしいという人もいます。

あまり人の裸は見ていないものですが、気になる場合はVラインの毛は形を整えるだけで残したり、少し量を残す「セミハイジニーナ」というものもあるので、自分に合った脱毛方法をしっかり相談しながら決めて下さいね。

 

◎施術が痛かった

粘膜の近くが痛かった!あやうく止めそうになりました。Vラインは以外と平気でした。

VIOの脱毛は、多かれ少なかれ痛みを感じるものだと思って下さい。

ですが、基本的にサロンでおこなう光脱毛は大人がガマンできないほどの痛みは感じないことがほとんどです。

逆に、クリニックでのレーザー脱毛は痛みが強いですが、医療機関ならではの麻酔クリームや笑気ガスを使って和らげることが出来ます。

痛みに弱い場合は、初回にテスト照射をしてもらい、自分に合った強さで照射してもらうようにしてみて下さい。

 

◎男性に驚かれた

風俗嬢っぽいと言われたことがあります(笑)

まだ日本男子はパイパンに馴染みがないかもしれません。

ですが、「生えっぱなしでボサボサよりは毛がまったく無いほうがいい」という男性が半数以上だというアンケート結果もあります。

もし彼がいる場合は、どれくらい脱毛して欲しいか相談してみるのもいいですね。

 

ハイジニーナ脱毛にはこんな方法がある

▶光脱毛

脱毛サロンやエステでおこなう光脱毛は、毛根に光をあて、そのエネルギーで脱毛を促します。

<光脱毛の特徴>

・痛みが少なく、敏感肌でも安心

・効果は弱めで、ツルツルになるには回数が必要

・1回の費用がリーズナブル

<ハイジニーナ脱毛に必要な回数>

効果を感じるまで→5〜6回(約1年半)

ツルツルになるには→18〜20回(約5年)

 

▶レーザー脱毛

医療機関でおこなうレーザー脱毛は、レーザーの光で毛根を破壊し、ほぼ永久に脱毛します。

<レーザー脱毛の特徴>

・痛みが強く、場合によっては火傷のリスクがある

・早く効果が現れ、半永久的に効果が続く

・1回の費用は光脱毛よりも高い

<ハイジニーナ脱毛に必要な回数>

効果を感じるまで→1〜3回(約半年)

ツルツルになるには→8〜10回(約2〜3年)

 

▶光脱毛・レーザー脱毛どちらがおすすめ?

それぞれメリット・デメリットがありますが、VIOすべてを無毛にしたいのなら、光脱毛だと5年以上通う人もいます。

それまでに、妊娠・出産などで通えなくなってしまったり、トータルではレーザー脱毛よりも高くなることも。

「Vラインは残したい」「つるつるよりも量が減る程度がいい」という人はサロンでの脱毛は痛みが少なくおすすめですが、無毛を目指すのならレーザー脱毛を検討したほうが満足度は高いでしょう。

ちなみに、すでにお話したように、レーザー脱毛の痛みが耐えられない場合は麻酔クリームなどを使用することが可能なクリニックがほとんどです。

料金は別になることが多いので、あらかじめ追加料金を確認しましょう。

 

よくある脱毛Q&A

Q:事前に自己処理は必要?

A:必要です。自己処理をしないまま脱毛をおこなうと火傷などのトラブルの原因に。

ただし、Oラインは自分で剃るのは難しいので、クリニックで処理してもらうのもいいでしょう。無料でシェービングしてくれるサロンもあるので、カウンセリングの際に確認して下さい。

Q.:どんな体制で施術するの?

A:紙パンツを履き、ズラしながらおこなうか、タオルをまいて施術部分だけ出しておこなうかはサロンによります。

VラインやIラインは基本仰向けで、Iラインは片方ずつ膝を立てて照射します。

Oラインは、うつぶせか四つん這いの体制でおこなう場合が多く、初回は恥ずかしいですが、2回目以降は慣れてしまう人がほとんどです。

Q:生理中は脱毛できる?

A:ほぼすべてのサロンで生理中のVIO脱毛はできません。

衛生面から見ても問題がありますし、生理前や生理中はホルモンバランスが乱れて痛みを強く感じます。ベストは生理後の一週間。

女性の体がもっともコンディションがいい時期で、痛みも感じにくくなります。生理での当日キャンセルはペナルティがあるサロンも多いので、予約は自分の生理周期をよく確認しながら取るようにしましょう。

 

おすすめのサロン

▶ミュゼプラチナム

By: musee

ミュゼプラチナムでは、おへその下からVIOの粘膜ギリギリまで脱毛できる「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」があります。脱毛範囲が広いから、範囲外とのつなぎ目が不自然にならない!

By: musee

<料金表>
●いつでも通える「レギュラープラン」

1回あたり 18,000円
4回合計 72,000円(アプリDLで36,000円)

●平日12:00~18:00限定「デイプラン」

1回あたり 15,000円
4回合計 60,000円(アプリDLで30,000円)

◎ここがオススメPOINT

・脱毛範囲が広い

・他のサロンと比べても、かなりお得な料金

・キャンペーンで両ワキ無制限プレゼント

▶ジェイエステティック

By: j-esthe

ジェイエステティックは人気のトライアングル上、トライアングル下、Vライン、Iライン、Tバックゾーンの5箇所がセットになったお得な脱毛プランがあります。

By: j-esthe

<料金表>
●初めての人限定

2回あたり合計 5,000円

●通常プラン

4回合計 32,400円
6回合計 47,400円

 

◎ここがオススメPOINT

・初めての人は格安で2回コースを受けられる

・痛みが少ない

・ヒアルロン酸トリートメントで肌がツルツルになる

▶リゼクリニック

By: rizeclinic

リゼクリニックでは、緑色の範囲を脱毛する「ビューティーコース」と、ピンク色の範囲を脱毛する「スムースコース」があります。

By: rizeclinic

リゼクリニックでは、緑色の範囲を脱毛する「ビューティーコース」と、ピンク色の範囲を脱毛する「スムースコース」があります。

●ビューティーコース
Vラインを残し、Iラインも自然な範囲で脱毛する

●スムースコース
VラインもIラインもすべて脱毛するハイジニーナコース

<料金表>
●ビューティーコース

5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット
(ビューティ)
61,900円 92,880円 118,800円
月額払い 月額 3,000円 月額 3,000円 月額 3,800円

●スムースーコース

5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット
(スムース)
85,900円 123,760円 165,000円
月額払い 月額 3,000円 月額 3,900円 月額 5,200円

◎ここがオススメPOINT

・クリニック脱毛では最安値

・8回でツルツルになれる

・キャンセル料無料

 

まとめ

ハイジニーナ脱毛は、見た目のキレイさだけでなく、生理中のムレや臭いを無くしてデリケートゾーンを清潔に保ってくれることが分かりましたね。

デリケートゾーンの自己処理は粘膜に近く、自分では見えにくいので危険です。
サロンやクリニックでの脱毛なら、プロに相談しながら安全にキレイにできるので、自己処理の煩わしさから解放されますよ。

また、光脱毛・レーザー脱毛それぞれにメリットとデメリットがありますが、痛みへの強さや、どこまで完ぺきに脱毛したいのかを事前にしっかり考えて決めましょう。

今は、お得なハイジニーナコースやVIOコースがあるサロンやクリニックもたくさんあるので、まずは気軽にカウンセリングに行ってみることをオススメします。

関連記事

VIO脱毛ってみんなどうしてる?気になるけど聞けないアンダーヘア処理の常識大公開!

気になるけど周りには聞きずらいアンダーヘア事情。そのまま放置もよくない?脱毛してるのが普通?どんな形がいいの?全部無くした方がいいの?
そんな悩みを解決すべく、人には聞けないVIO脱毛について調べてみました!

【熟女の新常識】VIO脱毛は介護にも関係する?!実は重要な新事実!

ここ最近、40代、50代の方でアンダーヘアの脱毛(VIO脱毛)を行っている方が増えているのをご存知ですか?
実はVIO脱毛は介護に関係しているのです…!では、なぜ介護に脱毛が関係するのか説明していきます。

脇を脱毛ならミュゼプラチナムがおすすめ!必要な回数や口コミを徹底検証しました

脇の脱毛は、女性にとって一番重要といっても良いポイントの1つ。そんな脇を安く脱毛したくないですか? ミュゼならそれが可能です。

今回は、ミュゼの脇脱毛についてのご紹介。いつ誰に見られても良い脇を作りましょう。

放置しているのはあなただけ!?デリケートゾーンはケアする時代です

友達に聞きたくても聞けないことってありますよね。特に恋愛部分であったり、ナイーブなところであったりなどは、恥ずかしくて聞けない人が多いとおもいます。
デリケートゾーンの処理も恥ずかしくて聞けないワードの1つに入りますよね? そこで今回は、デリケートゾーンの処理についてご紹介。周りの人はちゃんとやってる?

うなじ(襟足)の脱毛ってどうしてる?自己処理の危険性と脱毛する3つのメリット

うなじ(襟足)のお手入れしてますか?実はうなじを脱毛することで印象がガラリと変わるんです!意外とうなじのムダ毛は目立ちます。
またうなじは自己処理が大変危険な場所になります。脱毛サロンで安心・安全にうなじ美人を目指しましょう!

キーワード