2019/09/30
脱毛の基礎知識

脱毛で毛穴が目立たなくなるって本当?!その理由と脱毛方法を解説

お化粧をしている時に、毛穴が目立って気になったことはありませんか?
毛が生えているために気になる場合もあれば、黒くなった角栓によって目立っている場合もありますよね。

ここでは、脱毛をすることで毛穴が目立たなくなる理由や、適した脱毛方法を紹介します。
脱毛によって毛穴レスになるためには、単に脱毛をすれば良いという訳ではなく、脱毛後のセルフケアも非常に重要です。
また、サロンや医療機関で伝えられる注意事項を守ることも重要です。

それでは具体的にどのようにすれば毛穴レスな肌を得られるのか、見ていきましょう!

おすすめ脱毛クリニック

CMでおなじみ!

レジーナクリニック

2019年に開院!

フレイアクリニック

脱毛し放題が人気

アリシアクリニック

脱毛で毛穴が消えるという噂はウソ!


脱毛で毛穴が消えると聞いたことはありませんか?
正しくは、脱毛をすると毛穴が閉じるために毛穴が目立たなくなるためにそう感じるだけなんです。

毛穴が目立つ原因は様々ですが、そのひとつに「毛穴から毛が生えている」ことが挙げられます。
特に生えている毛が太く自己処理の多い箇所では、剃った毛の断面が見える事で毛穴が目立ってしまいます。

その他にも様々な理由があるので、毛穴が目立つメカニズムとそれを抑えるための方法を見ていきましょう。

脱毛で毛穴が目立たくなる理由4つ


脱毛によって毛穴が目立たなくなる理由は何なのでしょうか?
毛穴から毛が生え、断面積が広くなっている事の解消だけが理由ではないようです。
下記ポイントを中心に、具体的に説明していきます。

毛根から毛がなくなる
毛穴が引き締まる
毛穴に汚れが溜まりにくくなる
自己処理によるダメージがなくなる

1. 根元から毛がなくなる

根元から綺麗に脱毛をすることで、毛が生えている事により広がっていた毛穴の断面積が小さくなり、毛穴が目立たなくなります。
これはカミソリによる自己処理ではできない事です。

また、毛抜きでの自己処理は皮膚や毛根を傷つける可能性があり、毛嚢炎などの肌トラブルを起こす可能性があるため、かえって毛穴を目立たせる可能性があります。

2. 毛穴が引き締まる

毛が生えている毛穴は断面積が広くなり、カミソリで剃ったとしても毛穴は開いたままの状態になります。
一方、医療脱毛や脱毛サロンでの光脱毛を行うと毛がなくなるため、断面積が小さくなり自然と毛穴が引き締まります。

また、黒い毛がなくなることで肌のくすみを抑えることができるため、毛穴の引き締めとの相乗効果で肌の印象が明るくなります。

3. 毛穴に汚れが溜りにくくなる

毛穴の黒ずみの原因である皮脂や老廃物は、毛穴から生える毛に絡まって肌に残りやすい性質を持っています。
脱毛をすることで毛穴のつまりを解消でき、毛穴の汚れが原因の肌のくすみを軽減することにもつながるんです。

また、毛穴そのものが引き締まっていることもあり、毛穴に大量の汚れが詰まりにくいという点もあります。

4. 自己処理によるダメージがなくなる

毛抜きでの自己処理を行うと、皮膚や毛根を傷つける恐れがあります。自己処理により毛穴が開くことで毛嚢炎になる恐れがあるのです。

また、カミソリで自己処理を行う場合も、カミソリ負けによって赤みやかゆみを生じたり、肌の乾燥を起こしたりする可能性があります。

一方で医療機関などでの専門家による脱毛を行えば、自己処理を行う必要がなくなり、健康的な肌を保つことができます。

毛穴レス効果が期待できる脱毛方法


実は、毛穴レス効果が期待できる脱毛方法は限られています。
医療機関で受けられるレーザー脱毛、ニードル脱毛と、脱毛サロンで受けられる光脱毛だけが、毛穴レス効果が実感できるのです。

なぜなら、毛根から毛をなくしていくことで毛穴の断面積が小さくなり、毛穴が目立たなくなるからです。

例えばブラジリアンワックスや脱毛シートは、毛穴レスなお肌を目指すのには向いていません。毛穴から毛根を引き抜いているだけであるため、毛を作る組織の破壊をしているわけではないからです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛が、毛穴への効果を期待できる

脱毛して毛穴が目立ってしまうケース


脱毛を行うことで毛穴が目立たなくなるメリットを紹介しましたが、反対に脱毛を行うことで毛穴が目立ってしまうケースがあります。
毎日の肌ケアによって解消できることも多いので、毛穴が目立つ原因と、その解消方法を見ていきましょう。

肌の乾燥によるダメージ

脱毛後の肌は、デリケートで乾燥しやすくなっています。自宅での十分な保湿が不可欠です。
保湿を怠ると皮脂が過剰に分泌され、毛穴のつまりにつながる恐れがあり、毛穴が目立つ原因となる可能性があります。

医療機関や脱毛サロンで施術を受けた後は、必ず医師やサロンスタッフの指示に従い、十分な保湿をするようにしてくださいね。

毛嚢炎を引き起こした場合

毛嚢炎をご存じでしょうか? 肌がブツブツとし、赤みを持ちます。見た目はニキビに似ているのですが、その発生メカニズムは異なります。
開いた毛穴に細菌が入り込み、炎症を起こした状態のことを言います。

場合によっては膿を持つ場合があり、重症化すると切開を伴う手術を行う事になってしまう事もあります。

これではせっかく脱毛をしても、毛穴が目立つだけでなく、肌にダメージを負ってしまいますね。
毛嚢炎を引き起こさないためには、バランスの取れた食事をしたり、睡眠時間を十分に取ることが大切です。

もし毛嚢炎のようなものが発生した場合は、自己判断せず皮膚科を受診するなどして重症化しないようにしましょう。

激しい運動や飲酒

激しい運動や飲酒の共通点は、血行が促進され体温が上がっているという点です。
脱毛後に血行が促進されるような事をすると、施術部位が赤くなったりかゆくなったりするため、毛穴が目立つので、激しい運動や飲酒は避けてください。

肌トラブルを起こさずに、毛穴を綺麗な状態で維持するためにも、これらのことを守るようにしてくださいね。万が一飲酒等をしてしまった場合は、肌の様子を観察し、少しでも違和感を感じたら皮膚科を受診するようにしてください。

脱毛後、毛穴を目立たせないためのセルフケア


脱毛後に毛穴を目立たないよう維持するためのセルフケアを説明します。
毎日のちょっとしたことですが、ルーティーン化することで、綺麗な肌の維持を目指しましょう!

優しい洗顔と十分な保湿

医療機関やサロンで施術を受けた肌は、デリケートな状態になっています。
高い温度出の入浴や、刺激の強い洗顔は避けるようにしてください。
例えば身体を洗う際も、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのではなく、手のひらで優しく洗うようにしましょう。

また、炎症を起こしやすくなっている肌には、十分な保湿も重要です。
保湿で皮膚を柔らかく保つことで、埋もれ毛を改善することにもつながり、思いがけない副次効果もあります。

日焼け対策をおこなう

脱毛の施術後の肌は、とても敏感になっています。その状態で肌を紫外線にさらしてしまうと、火傷のような症状を起こしてしまいます。

そこで日焼け止めを使うと良いのですが、日焼け止めには「紫外線吸収剤」を使用したものと、「紫外線拡散剤」を使用したものの2種類があります。
脱毛後は、肌へのダメージが少ない「紫外線拡散剤」を使用したものにしましょう。

脱毛で憧れの毛穴レスな肌に


脱毛によって、毛穴の目立たない綺麗なお肌になることが分かりましたね。
一方で、施術におけるリスクを十分に理解し、それを起こさないようにするための注意事項を知っておくことも大切です。
医療機関やサロンでの説明をきちんと聞き、「おかしいな」と思ったら皮膚科を受診する事も大切です。

毛穴が目立たなくなるメカニズムを理解し、綺麗な肌を維持する方法を実践して、毛穴レスな肌を目指しましょう。

関連記事

デリーモで永久脱毛はできない!理由と効果、おすすめのクリニックを解説

生理中の脱毛は危険?伴うリスクと各サロン・クリニックの対応を紹介

パイパン脱毛で後悔しないために! 基礎知識とメリット・デメリット

埋没毛は脱毛で改善できる?肌への影響・脱毛後の効果を解説

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちがいい?料金・期間など6つの項目から徹底比較

アトピーでも脱毛できる?アトピー&敏感肌の脱毛法

脱毛後の毛穴はどうなる?施術後の毛穴ケアをご紹介!

除毛クリームのメリット・デメリット。濃くなるって本当?

毛周期と脱毛の関係とは。脱毛完了までのポイントは毛周期?!

【日焼けと脱毛の関係】注意すべきリスクとおすすめの脱毛方式