2019/07/06
脱毛サロン

『ミュゼvs脱毛ラボ』10の項目で徹底比較!本当におすすめはどっち?

「脱毛したい!」と思っても、いろんな脱毛サロンがあって迷ってしまいますよね。

美容脱毛の代名詞ともいえるミュゼプラチナムは、7年連続で店舗数・売上・顧客満足をナンバー1を獲得している人気サロンです。

一方、脱毛ラボといえば料金がリーズナブルで、はやく脱毛完了ができることで人気急上昇中の脱毛サロンとなります。

どちらも魅力的なプランがそろっていますが、なにを選択基準に選べばいいのでしょうか。

この記事ではミュゼと脱毛ラボを、サロン選びの基本となる10項目から徹底比較します。
あなたにピッタリなのはどちらの脱毛サロンなのでしょうか。判断の参考にしてください。

ミュゼ 脱毛ラボ
総合得点 18点 21点
料金
378,000円
(12回)

269,980円
(12回)
施術部位
全身(顔含まず)

全身(顔・VIO含む)
支払い方法
現金
クレジットカード
分割ローン

現金
クレジットカード
デビットカード
分割ローン
学割
回数パックプランのみ
のりかえ割
最大65,000円割引
脱毛スピード
2ヶ月に1回

最短2週間に1回
シェービング料金
無料

顔・VIO含む全身
1,500円
顔・VIO含まない全身
1,000円
通い放題プラン
店舗数
199

56
予約方法
電話
会員サイト
公式アプリ「ミュゼパスポート」

電話
会員サイト
店舗移動
可能

可能
(手数料1,000円)
当日キャンセル料金
なし

1回分消化
クーリングオフ
生理対応
VIO以外、施術可

VIO以外、施術可
引っ越し対応
あり

あり
解約時の返金
手数料:
残額の10%
もしくは2万円
(どちらか少ない方)

※これは全身脱毛の回数プランで比較しています。

ミュゼと脱毛ラボの比較|①料金

ミュゼ 脱毛ラボ
6回 (レギュラー)189,000円
(デイプラン)157,500円
159,980円
12回 (レギュラー)378,000円
(デイプラン)315,000円
269,980円

現在、脱毛ラボでは12回までのパックプランしか用意されていません。
ミュゼでは18回、またはそれ以上の回数の複数プランが存在します。通い放題はありませんが、納得いくまでとことん脱毛できる回数プランが用意されています。

ミュゼでは公式アプリ「ミュゼパスポート」がありますが、このアプリをダウンロードするだけですべてのプランが半額になります(上記の表に掲載した料金はダウンロード価格です)。
予約管理もできるアプリなので、ミュゼに通うならぜひとも入手しておきたいアプリです。

また、ミュゼの料金には「レギュラー」と「デイプラン」の2つがあります。

デイプランは平日の12~18時限定で通うプランで、いつでも通えるプランよりもお得な価格です。

脱毛ラボのパックプランは6回・12回のみ
ミュゼは公式アプリをダウンロードすればすべてのプランが半額になる

ミュゼと脱毛ラボの比較|②施術部位

ミュゼ 脱毛ラボ
施術範囲 顔が含まれない 顔を含む

ミュゼも脱毛ラボも全身の施術部位はほぼ同じです。

脱毛ラボでは含まれる「うなじ」は、ミュゼの場合は12回以上のプランのみ範囲に含まれます。

大きく違うのは「顔」が含まれるかどうか。

ミュゼでは現在、顔脱毛を行っていません。顔を含んだ全身を脱毛したい人は脱毛ラボを選ぶか、顔だけを別のサロンで脱毛することになります。

顔脱毛をするなら脱毛ラボ

ミュゼと脱毛ラボの比較|③支払い方法

ミュゼ 脱毛ラボ
支払い方法 現金
クレジットカード
(VISA・MASTER)
分割ローン
現金
クレジットカード
(VISA・MASTER・JCB)
デビットカード
分割ローン

ミュゼの公式サイトには支払方法は「現金」と「クレジットカード」としか記載されていませんが、実際には分割ローンを組むこともできます。
ただし、ローンでの支払いを希望する場合は、事前に該当店舗に確認が必要です。

脱毛ラボではデビットカードを使うことができます。大金を持ち歩きたくない人、カードや分割払いが苦手な人にはうれしい支払方法ですね。

クレジットカードは店舗によって使用できるものとできないものがあります。記載してあるカード以外を利用したいときは、直接店舗に確認をとってみてください。

ミュゼでのローンは店舗での確認が必要
脱毛ラボならデビットカードが使える

ミュゼと脱毛ラボの比較|④学割・のりかえ割

ミュゼ 脱毛ラボ
学割 なし 10%オフ
のりかえ割 なし 45,000円オフ
(12回)

脱毛ラボの「のりかえ割」は、脱毛サロン・医療脱毛に通っている人が対象となります。
通っている他サロンの会員証を提示するだけで、最大65,000円の割引が適用されます。
対象となるのは全身54ヵ所脱毛プランのみです。

ミュゼには「学割」「のりかえ割」がない
脱毛ラボは2019年に限り「2倍学割(10%オフ)」

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑤脱毛スピード

ミュゼ 脱毛ラボ
通えるペース 2ヶ月に1回 最短2週間に1回
1回の施術範囲 全身 全身
1回の施術時間 90分 90分
脱毛完了までの期間 1年~ 6ヵ月~

ミュゼの施術ペースは通常なら2ヶ月に1回ペースですが、最短2週間に1回ペースで通うこともできます。
入会金30,000円を払って「スター会員(ミュゼスターメンバーシップ)」になれば、最短2週間おきに予約を取ることができます。

脱毛ラボは最短で2週間に一度通うことができます。

脱毛ラボなら最短6ヶ月で脱毛を完了できる
ミュゼもスター会員になれば最短6ヶ月で脱毛完了可

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑥シェービング料金

ミュゼ 脱毛ラボ
シェービングサービス 無料
(襟足・背中・ヒップ奥のみ)
顔・VIOを含むプラン 
1,500円
顔・VIOを含まないプラン 
1,000円

ミュゼは手の届かない部分(襟足・背中・ヒップ奥)のみシェービングサービスを受けることができます。
それ以外の部位で剃り残しがあった場合は、その部分を避けての施術となります。

脱毛ラボでは剃り残しのシェービングサービスがありますが有料です。
料金を支払いたくない場合は、該当部分を避けて施術することになります。

事前の自己処理は脱毛マナーです。手の届く範囲はきちんとお手入れしてでかけましょう。

ミュゼは手の届かない部分のみ無料のシェービングサービス
脱毛ラボのシェービングサービスは有料

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑦通い放題プラン

ミュゼも脱毛ラボも通い放題プランはありません。

ミュゼは回数プランのみ、脱毛ラボは月額プランと回数プランから選べます。
回数が決まっていると、脱毛完了のゴールが見えやすいですね。

ミュゼも脱毛ラボも「通い放題プラン」はない

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑧予約のとりやすさ(店舗数・予約方法・店舗移動)

ミュゼ 脱毛ラボ
店舗数 199 56
予約方法 電話
会員サイト
専用アプリ「ミュゼパスポート」
電話
会員サイト
店舗移動 予約ごとに自由に移動可 移動できるが
手続費用(1,000円)が発生

ミュゼの店舗数は圧倒的です。全国47都道府県に店舗があるので、引っ越しても安心です。

予約は専用アプリ「ミュゼパスポート」を使うと簡単です。期間を指定してのキャンセル待ちもできます。
空き通知がきたらそのまま予約を入れられるのでとても便利です。
また予約時に店舗を選べるので、近くに複数店があると予約もかなり取りやすくなっています。

脱毛ラボも店舗間を自由に移動できますが、事前の手続きが必要です。
手続費用として移動ごとに1,000円がかかるので、ミュゼのように気軽に店舗移動するには難しいかもしれません。

ミュゼは予約時に店舗を選べる
脱毛ラボは店舗移動すると1,000円かかる

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑨当日キャンセル料金・生理時の対応

ミュゼ 脱毛ラボ
当日キャンセル料 なし なし
ペナルティ 解約時に返金対象外 施術1回分を消化
生理時の対応 デリケートゾーン以外の施術可 デリケートゾーン以外の施術可

ミュゼも脱毛ラボも当日キャンセルしてもキャンセル料はありません。
しかし、脱毛ラボはペナルティとして施術1回分が消化されます。

ミュゼは回数保証制度が取られているので、当日キャンセルしても契約期間内であれば施術を受けることができます。
ただし、契約を中途解約する場合、当日キャンセルした分は返金対象外となります。

突発的な不測の事態が発生した場合は仕方ありませんが、できる限り当日キャンセルすることのないように予定はしっかり確認しましょう。
生理周期が乱れる人もいるかもしれませんが、ある程度の目安を立てて予約を入れるようにしたいですね。

生理中はデリケートゾーンを除いて施術してもらえますが、痛み止めなどの薬を服用している場合は施術できません。

生理中の肌は敏感です。いつもより痛みを感じやすくなったり赤みがでたりすることがあるので気をつけてください。

当日キャンセル=脱毛ラボは1回分消化、ミュゼは回数保証制度がある
生理中はデリケートゾーンをのぞいて脱毛

ミュゼと脱毛ラボの比較|⑩クーリングオフ・解約

ミュゼ 脱毛ラボ
クーリングオフ
中途解約
手数料が必要

契約日から8日以内であれば、理由の如何に関わらず契約破棄(クーリングオフ)することができます。

クーリングオフできる条件は次の通りです。

  • 契約日から8日以内
  • 契約期間が1ヶ月を超えるもの
  • 契約金額が5万円以上

契約日から9日以上が経過してからの契約解除は「中途解約」になります。
契約日から3年以内(ミュゼ)であれば、未消化分が返金されますが、解約手数料が発生します。

解約手数料は残金の10%(上限20,000円)で、その分を差し引いた金額が返金されます。

ミュゼは解約手数料がなし
脱毛ラボは残りの回数10%分もしくは最大2万円の手数料

ミュゼと脱毛ラボどっちに通うべき?

ミュゼも脱毛ラボも脱毛方法は同じ「S.S.C.方式」を採用しています。それぞれオリジナルジェルを使うものの、脱毛方法は同じなので、効果に違いはありません。

ミュゼと脱毛ラボを比較するなら、脱毛法以外の要素となります。

ミュゼがおすすめな方

  • 平日の昼間に通える人
  • 店舗間を自由に移動したい人
  • 満足いく接客・サービスを受けたい人
  • 大手ならではの安心感がほしい人

ミュゼの料金は他サロンに比べても高く設定されています。顔脱毛がないので、余計に割高に感じるかもしれません。

それでもやっぱり、実績ある大手ならではの安心感が違います。

店舗数も多く店舗間の移動が自由なので、予約が取りやすいのも魅力的ですよね。専用アプリを使えば、予約や脱毛状況の管理も行えます。

丁寧で落ち着いた脱毛がしたいなら、ミュゼをおすすめします。

脱毛ラボがおすすめな方

  • 顔を含んだ全身を脱毛したい人
  • リーズナブルに脱毛したい人
  • 少しでもはやく脱毛完了したい人

脱毛ラボの魅力はなんといってもリーズナブルな料金とスピーディーな脱毛です。最短6ヵ月で脱毛完了できるのはうれしいですよね。

店舗数の少なさと人気サロンということもあり、予約が取りづらくなっているのがネックです。シェービング代も有料ですが、これはきちんと自己処理していけば問題ないでしょう。

安さと速さを求めるなら、脱毛ラボがおすすめです。

関連記事

キレイモの顔脱毛を徹底解説!効果や料金、メリットなどをご紹介

キレイモを解約するには?返金はある?解約金は?について徹底調査!

リンリンの全身脱毛の料金を大公開。どんなサロン?口コミは?

コロリーのシェービング代って?お金は取られるの?

ミュゼのSパーツってどこ?料金や回数、お得に脱毛する方法も紹介

キレイモで永久脱毛はできる?効果や口コミを徹底調査してみた

恋肌のキャンセル方法は?予約の当日キャンセルはペナルティ?

【ミュゼプラチナム】勧誘は本当にないの?口コミからチェック

ストラッシュのキャンセル方法をご紹介。当日キャンセルはペナルティ?

全身脱毛サロン「コロリー 池袋店」の予約方法とサロンの口コミ・評判を総まとめ