2019/07/24
脱毛サロン

ディオーネのVIO脱毛は痛くない?料金プランや効果とは

「VIO脱毛を受けたい」と思ってはいるものの、「VIO脱毛は痛みが強い」という話を聞いて、なかなか一歩が踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

確かにVIOは、毛質・肌質の関係から、他の部位よりも施術時の痛みを感じやすい部位ではあるのですが、脱毛方法によっては痛みのないVIO脱毛を受けることもできます。

そんな、痛みのないVIO脱毛が受けられる脱毛サロンが、「ディオーネ」です。

今回は、ディオーネのVIO脱毛について詳しく解説します。

ディオーネVIO脱毛の効果とは?


夏が近づくと、ビキニラインを気にしてVIO脱毛に挑戦する女性が増えていきます。
VIO脱毛を行いたいと思っても、各脱毛サロンの違いがわからないと、脱毛サロンを選べないでしょう。

では、ディオーネVIO脱毛効果には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。
現在VIO脱毛を検討中の方に向けて、まずはディオーネのメリットをご紹介します。

  • 痛みがない
  • 肌の悩みがあっても脱毛できる
  • デリケートな部分ギリギリまで脱毛できる
  • 白髪でも脱毛できる
  • 黒ずみも改善できる

痛みがない

脱毛は「痛い」というイメージがありますよね。

特にVIOは毛根が太く、痛みが強く表れやすい箇所です。痛みを和らげるための冷たいジェルを苦手に感じる人も多くいるでしょう。

ディオーネは「ハイパースキン法」という最新技術を採用しています。
ハイパースキン法は、高温で毛根を焼くのではなく、肌に近い温度の特殊な光を当て、発毛そのものを予防する脱毛法です。
施術時の痛みと肌へのダメージが無い脱毛方法なので、特に痛みが強く出るVIO脱毛には最適でしょう。

肌の悩みがあっても脱毛できる

光脱毛は、黒い色に反応するため、日焼け肌の方は脱毛を断られることがあります。
また、敏感肌の方は肌荒れが起きる可能性があります。

ディオーネのハイパースキン法では、肌へのダメージはゼロ。そのため、敏感肌の方だけでなく、3歳の子供から利用できます。
もちろん、ニキビ・アトピー・日焼け・黒ずみ・色素沈着など肌トラブルを抱えた方も安心して利用できるでしょう。
他店で利用を断られてしまった方も、一度ディオーネに相談するといいでしょう。

デリケートな部分ギリギリまで脱毛できる

脱毛サロンでは、Iラインの粘膜ギリギリの部分は、脱毛できないことが多いです。
しかし、ハイパースキン法を使うディオーネは、他店で断られるキワのキワという細かい部分まで脱毛できます。

そのため、IラインやOラインのムダ毛を全て脱毛したいという方には嬉しいですよね。

白髪でも脱毛できる

従来の脱毛は黒いメラニンに反応する光を照射して、発毛因子である毛根がそのダメージを受けることで脱毛できます。
そのため、色素の薄い白髪はレーザーへの反応が悪く上手く脱毛することができませんでした。

しかし、ハイパースキン法は、発毛因子に直接働きかけるわけではなく、発毛の司令を出すバルジ領域という部分に働きかけるため、白髪や金髪などの色素の薄い毛でも脱毛することができます。

黒ずみも改善できる

肌と服が擦れるなどして、強い刺激が肌に加わると、肌に黒ずみが生じてしまう場合があります。
特にVIOラインは、下着の擦れ、間違った自己処理、しっかり洗えていないなどが理由で色素沈着してしまう可能性が高い箇所です。

ディオーネのハイパースキン法は、コラーゲンの生成を助けるフォト美顔の光を3割含む特別な光を照射するため、脱毛と同時に肌の再生を促します。
その結果、VIOラインの黒ずみが徐々に改善していくことが期待できます。

ディオーネVIO脱毛のデメリット


ディオーネの脱毛は、従来の脱毛法に比べメリットが多いことが分かりました。
逆にディオーネでVIO脱毛のデメリットはないのでしょうか。
メリットがあれば何かしらデメリットも生じるものです。

そこで、ディオーネでVIO脱毛する際のデメリットをご紹介します。

コースによっては相場よりも高い

ディオーネのVIO脱毛コースは、アンダーヘアを全て処理するハイジニーナコースと、VIOの希望の形を残すsemiハイジニーナコースがあります。
他サロンでも同様のコースが用意されている場合が多いですが、他店との料金の差はどの程度なのでしょうか?
まずは、ディオーネと他サロンのVIO脱毛の料金を比較してみましょう。

ディオーネ
ハイジニーナ 72,000円
semiハイジニーナ 57,000円

ミュゼ、エピレのコースは、ディオーネのsemiハイジニーナコース・ハイジニーナコースと同等のコースです。

ディオーネでは、VIOの一部を残すsemiハイジニーナコースとアンダーヘアを全て処理するハイジニーナコースで分かれています。
semiハイジニーナコースでは平均的な価格と言えますが、一方、ハイジニーナコースでは他店よりも少し高くなってしまいます。

ミュゼ エピレ
72,000円 56,100円

契約後は店舗が固定される

ディオーネには、「Premium」と「フランチャイズ」の2種類の店舗があります。Premium店はディオーネ直営店であるため、全てのPremium店で同じメニューとサービスが提供されます。引っ越しなど、やむを得ない場合は、契約後でもPremium店間の移動が可能です。
しかし、フランチャイズ店で契約した場合、各店舗は独立して運営しているため、基本的に契約後は店舗が固定されます。そのため、予約の度に店舗を変えて通うことはできません。もしフランチャイズ店で契約した後に引っ越しが決まった場合は、一度店舗に相談してみましょう。

ディオーネVIO脱毛の料金プラン


ディオーネのVIO脱毛には、「ハイジニーナコース」と「semiハイジニーナコース」の2種類があり、料金も多少異なります。

それぞれのコースの料金プランを見ていきましょう。

ハイジニーナコース

ハイジニーナコースは、アンダーヘアを全て処理(無毛の状態)してもらうことができるコースです。
アンダーヘアを全て処理するため、料金はsemiハイジニーナコースよりも若干割高になっています。

全12回コース ショートコース6回 メンテナンス追加1回
ハイジニーナコース (VIO全て処理) 120,000円 72,000円 10,000円

※税別

一度脱毛してしまうと元に戻せないので、ハイジニーナコースでVIO脱毛をする場合は、「アンダーヘアを全て処理しても後悔しないかどうか」をよく考えてから決断してくださいね。

semiハイジニーナコース

semiハイジニーナコースは、VIOを希望の形に残して処理してもらうことができるコースです。
こちらはVIOの毛を残すことを前提としているコースなので、ハイジニーナコースよりも若干安く脱毛できます。

全12回コース ショートコース6回 メンテナンス追加1回
semiハイジニーナコース(VIO希望の形を残して処理) 96,000円 57,000円 8,000円

※税別

Vラインの形は、色々あるので脱毛に通う前に考えましょう。

ディオーネのVIO脱毛がおすすめな人

安全性が高く、肌に優しいため、基本的に全ての人におすすめできます。脱毛サロンに通うのが初めての方でも安心して通えるでしょう。
特におすすめできる人の特徴としては以下が挙げられます。

• 敏感肌の人や肌トラブルがある人
• 痛みを我慢しながら脱毛したくない人
• 白髪や金髪のアンダーヘアがある人
• キワまできちんと処理したい人
• デリケートゾーンの黒ずみが気になる人
• 仕事が忙しく、早く脱毛を完了させたい人
• 肌を美しく保ちたい人

医療レーザーや光脱毛といった従来の脱毛法では、脱毛する際に痛みに耐える必要がありますし、敏感肌、アトピー、ニキビなど、肌トラブルを抱える人にも向きません。
肌が弱いことから、脱毛サロンから利用を断られる方もいるようです。
そんな従来の脱毛法に悩みを抱えていた方は是非、ディオーネのVIO脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。
肌への痛みや負担がなく、安心して施術を受けられます。

ディオーネのVIO脱毛について

効果が出るまでに必要な回数とかかる期間は?

従来の脱毛は、ムダ毛の成長期に毛根を焼くことで脱毛する仕組みであったため、2ヶ月に1度通うのが一般的でした。
しかし、ディオーネのハイパースキン法は、うぶ毛にも作用するため、3~4週間に1回のペースで施術することができます。

もちろん、効果が出る回数や期間は、個人差があります。VIO脱毛の効果が出る目安は12回~24回くらいだと考えておきましょう。

通う際に必要な持ち物や服装は?

ディオーネで脱毛を行う際には、お店が専用のキャミソールやガウン、紙パンツを用意してくれるため、施術の際に着替えを用意する必要はありません。通常のお出かけ時の服装で通いましょう。
契約を行う際は、持ち物として認印と本人身分証明書が必要です。
また、18歳以下の場合は親の同伴が必要で、19歳以下の場合は親の同意書が必要になるので若い方で脱毛を希望する場合は注意しておきましょう。

初回の契約がスムーズに完了すれば、施術に通う際に必要な持ち物はありません。
ただし、フェイスの脱毛も実施する場合は、メイク道具を持っていった方がいいでしょう。

追加でかかる費用はある?中途解約や返金はできる?

ディオーネでは各部位12回コースを契約した方に限り、コース満了後に追加メンテナンスを加えることができます。
追加メンテナンスの料金は、契約コースによって異なり、全身脱毛では1回あたり16,500円、VIO脱毛では10,000円です。

また、ホワイトニングミルクなどの美容液を使用する場合は、追加料金が発生してしまいますので、注意しましょう。
その他、追加料金がかかる心配はありません。

また、ディオーネでは中途解約が可能です。
まず、契約後8日以内に関して50,000円以上の契約に限り、クーリングオフ制度を利用することができ、その際に違約金は発生しません。
続いて、契約から8日以上経過してしまった場合は、違約金がかかります。
違約金は支払総額から利用回数分の料金を引いた額の10%で、上限が20,000円となっています。
返金対応もしっかりしているので、安心して契約することができますね。

まとめ


今回は、ディオーネのVIO脱毛について詳しく解説しました。

ディオーネで導入している「ハイパースキン法」は、痛みのない脱毛が可能な脱毛サロン。

他の脱毛方法では痛みを感じやすいVIO脱毛の場合は特に、ディオーネで脱毛するメリットは大きいと言えます。

また、アンダーヘアを全て処理するハイジニーナコースと、VIOの希望の形を残すsemiハイジニーナコースの2種類から選べるので、1人1人の希望に合わせたVIO脱毛が受けられる点も魅力的ですよ。

関連記事

効果検証!脱毛サロンで効果アップするコツ・おすすめサロン

【リンリンの口コミ】気になる脱毛効果や勧誘に関する声を調査

キレイモは効果がない?!実際に通った人の口コミをもとに検証!

キレイモ利用者からの悪い口コミまとめ|口コミから見えた本当の魅力6つ

脱毛サロンの店舗数ランキングを発表!通いやすいサロンはどこ?

脱毛サロンで子連れOKなのはココ!ママに便利なキッズルーム付きサロンも紹介

ラココの脱毛は効果がある?ラココの脱毛プランと口コミまとめ

脱毛ラボのキャンペーン「15ヶ月無料」って本当?お得な情報を大公開

ラココの料金を大公開|お得なキャンペーンまで徹底まとめ

キレイモのローン支払いについて解説。支払い回数や金利について調べてみた