2019/06/21
脱毛方法

除毛クリームの使い方をおさらい。正しく使用して美肌を手に入れる!

自宅でムダ毛処理をするために除毛クリームを買ったけれど、
・使い方がわからない
・ムダ毛がきれいに処理できない
なんて悩んでいませんか?

除毛クリームは手軽にムダ毛を処理できる頼もしい味方ですが、正しく使わなければきれいに仕上がらないこともあるんです。
そこで今回は、除毛クリームの正しい使い方やポイント、購入時の選び方についてまとめていきます。

除毛クリームの使い方


基本的には以下の4つの順に沿って行いましょう。

1.パッチテストを行う
2.除毛クリーム前の肌の準備
3.除毛クリームの手順
4.使用後は保湿

1つずつ解説しますね。

1.パッチテストを行う

本格的に塗っていく前に、自分の肌と除毛クリームが合っているのか確かめるのが、パッチテストです。
ムダ毛を溶かしていく除毛クリームは、肌への刺激が強く、肌に合わない場合に赤く腫れたり、ただれるなどの肌トラブルが起こることも。
肌の強い弱いにかかわらず、除毛クリームをがっつり塗る前にはかならずパッチテストを行ってくださいね。

パッチテストの方法

①二の腕など目立ちにくい部分に塗る
②5~10分ほど置く
③その後1日ほど肌の様子を見て、変化がないならOK。

パッチテスト中に異常を感じた場合はすぐに中止して、洗い流してください。

2.除毛クリーム前の肌の準備

除毛クリームは、汗や汚れ、皮脂がある部分に塗ると効果が薄れてしまうことがあります。
クリームを塗る前は、お風呂やシャワーで清潔にしておきましょう。

そして洗った後は、タオルで拭いて水分をしっかりと拭き取ります。

3.除毛クリームの手順

肌が清潔になれば、さっそくクリームを塗っていきましょう。
しっかり根元から除毛するために、厚さは1~3㎜ほどを目安に重ねて塗ります。

商品によって、ヘラやスポンジなど塗り方はさまざまです。
使用前にどのように塗るのか確認しておいてくださいね。

塗り終わったら、すこしの間放っておきましょう。
待つ時間は商品によって異なりますが、決められた時間をきちんと守ることが綺麗に除毛するコツです。
不安な人は、タイマーをセットしておくと良いでしょう。

4.使用後は保湿

時間が経ったら、クリームをヘラやスポンジ、手などで撫でるようにして拭き取っていきます。
このとき、しっかり除毛したいからとあまり力を入れてこすってはいけません。
肌が敏感になっているので、強い摩擦は肌を痛めてしまう可能性がありますからね。

あとはクリームを完全に洗い流せばOk。
肌に余計な刺激を与えないためにも、洗い流すときは、水かぬるま湯がベストです。
けれど、どうしても石鹸を使って落としたい場合は、弱酸性の石鹸などアルカリ性以外のものを使いましょう。

その後、アルコールやメントールを含んでいない化粧水や保湿クリームなどのスキンケア用品を塗れば終了です。
毛を薄くしたい人は、抑毛ローションを塗ればさらなる効果が期待できますよ。

除毛クリームを使う時のポイント


効果をより引き出すためには、3つのポイントがあります。

  • 日焼けをしない
  • 体調が悪い時に使用しない
  • 塗布時間や使用頻度を守る

日焼けをしない

除毛したばかりの肌は、紫外線による刺激も普段以上に受けやすい状態です。
普段の生活なら日焼け止めや日傘などで日焼け対策をしていれば安心ですが、強い紫外線を浴びてしまうと赤みや火ぶくれ、シミやしわなど肌トラブルにつながります。

もし、屋外でのアスレチックやアウトドアの予定がある場合は、前日ではなく2、3日前までに処理をしておきましょう。

体調が悪い時に使用しない

生理前後や生理中はホルモンバランスの乱れによって普段よりも肌が敏感になっているため、刺激が強い除毛クリームの使用は避けましょう。
また、妊娠中や産前・産後の使用についても、多くの除毛クリームで使用を控えるよう書かれています。

もちろん、風邪など体調が悪い時や、ニキビなど肌が荒れている時も、肌本来のバリア機能が低下しているため、肌トラブルをひき起こしやすくなります。
トラブルを防ぐために、除毛クリームの使用は肌と体調の状態を見ながら行うようにしてくださいね。

塗布時間や使用頻度を守る

手軽に使えて便利な除毛クリームですが、肌への刺激は強いので塗布時間と使用頻度を間違えると肌トラブルをひき起こすこともあります。
かならず正しい使用頻度と塗布時間は守りましょう。

使用頻度の目安は、多くても週に1回のペースが望ましいといわれています。

ツルツル肌を継続させたいからといって、
・長時間クリームを塗ったままにしておく
・毎日除毛クリームを塗る
などの行為は絶対にNGですよ!

やりすぎると赤くただれたり、強い痒みが出てきたりと肌トラブルの原因になってしまいます。

除毛クリームの選び方


選ぶときにとくに注意したいのは、以下の4つです。

  • 対応部位
  • 塗布時間
  • 使用する場所
  • 匂いや成分

カミソリ負けする心配はありませんが、ムダ毛を溶かす除毛クリームは少なからず肌にダメージを与えます。
敏感肌の人は、とくに選ぶクリームに気をつけましょう。

対応部位を確認する

全商品がどの部位にも対応しているわけではありません。
多くのクリームが主に腕や脚用目的に作られているので、とくにVIOラインや顔などに使用したい場合は専用のものをきちんと選びましょう。

対応部位に合わせて除毛クリームを選ぶことは、肌を守ることにつながりますよ。

塗布時間を確認する

塗布時間は商品によって、1分~15分と差があります。

たとえば、お風呂の中で使いたいなら、塗布時間が短いものがおすすめです。
塗布時間が長いと、水気が多いお風呂場では長い時間放置する場合クリームが流れてしまう可能性もありますからね。
使う場所に合わせて、クリームを選ぶと良いでしょう。

また、クリームを長時間放置した方がきれいに除毛できると思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
クリームは刺激が強いので、必要以上に放置した分だけ肌トラブルが起こる危険性が高まってしまいます。

決して勝手な判断で塗布時間を決めずに、説明書にかかれている通りの時間を守ってくださいね。

使用する場所を確認する

脱毛クリームは、お風呂でも使えるタイプと部屋で使うタイプと2種類あります。

たとえば、シャワータイムにささっと終わらせたいなら、お風呂で使えるタイプがおすすめです。
そうでないタイプをお風呂で使うと、湯気などの水分に脱毛クリームが負けてしまって本来の除毛効果を発揮できないことも。
ヴィ―トなどドラッグストアで手軽に購入できるクリームにも、お風呂でも使えるタイプがあるので、注目ですよ。

匂いや成分を確認する

鼻をつく独特な刺激臭がある除毛クリームが多いですが、最近ではフローラルな香りなど香料を加えているものもあります。
匂いに敏感という人は、なるべく匂い対策をしている商品を選ぶことをおすすめします。

また、カミソリと違うとはいえ、除毛クリームの使用も少なからず肌にダメージを与えます。
少しでも肌を守りたいなら、保湿成分や美肌成分、抗炎症成分などが配合されている物を選ぶことが大切です。

まとめ


手軽に、しかも簡単なステップでツルツル肌が手に入れられるのが、除毛クリームです。
慣れないときは塗り方や時間などに苦労するかもしれませんが、慣れてしまえばとても便利なアイテムになるはず!

「カミソリ負けしてよく肌がボロボロになる」とお悩みの人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

家庭用脱毛器でVIO脱毛ならこの脱毛器!おすすめ7選と選び方をご紹介

SHR脱毛の口コミを検証!効果がないといわれる理由は?

脱毛石鹸で永久脱毛はできない!本当の脱毛効果を得る方法

除毛クリームの仕組みを解説。毛が抜ける理由を知りたい!

ブラジリアンワックスのメリット・デメリットとは?詳しく解説。

SHR脱毛とは|魅力的なメリットがたくさんの脱毛方法!?

ブラジリアンワックスの効果を検証!実際に体験してみました

手作りシュガーワックスの脱毛効果は?VIOへの脱毛を検証

顔や髭に除毛クリームはダメ!それ以外のおすすめの方法をご紹介

除毛クリームとは?脱毛クリームとの違いって?効果や使い方も紹介