2019/06/29
脱毛方法

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?違いやメリットを紹介

家庭用脱毛器は、脱毛サロンレベルの脱毛を自宅で手軽にできる人気の美容アイテムです。

家庭用脱毛器を活用すればムダ毛処理の効率をぐんと上げることができますが、はたして永久脱毛のレベルにまで処理することはできるのでしょうか?

そもそも、永久脱毛とはどういった状態のことを言うのでしょう?

そこで、この記事では、家庭用脱毛器と永久脱毛についての疑問や基礎知識についてご紹介します。

家庭用脱毛器は永久脱毛できる?


いきなりですが、家庭用脱毛器で永久脱毛にすることはできません。

また、脱毛サロンの施術でも永久脱毛の実現は不可能です。

永久脱毛を実現できる方法は、医療用レーザーを使用した脱毛クリニックでの脱毛のみです。

では、家庭用脱毛器でできる脱毛とは、いったい何なのでしょうか?

ここでは、家庭用脱毛器と永久脱毛の基本について解説します。

家庭用脱毛器と永久脱毛の違い

「永久脱毛」とは、永久に毛が生えて来ない状態のことだとついついイメージしがちですが、実際は違います。

アメリカFDA(食品医薬品局)の定義によると、永久脱毛とは「脱毛施術を3回行い、それから6ヶ月後に毛が67%減毛している状態」とされています。

永久脱毛:
永久に毛が生えて来ない状態ではなく、毛が大量に減少(67%減毛)している状態

この永久脱毛は、毛穴の中の毛根を破壊して脱毛する医療脱毛のみで可能です。
脱毛サロンの光脱毛や家庭用脱毛器は、毛根を破壊せずにダメージを与えるだけなので、永久脱毛はそもそも不可能なのです。

しかし、あきらめることはありません。

家庭用脱毛器でも、上手に使いこなせば、永久脱毛並の脱毛効果を得ることができます。

高性能の家庭用脱毛器を購入し、毛周期に合わせて丁寧に脱毛施術を行えばムダ毛の発育は抑えられ、つるつる肌を長期間キープすることが可能になります。

家庭用脱毛器のメリット


完全な永久脱毛は無理ですが、家庭用脱毛器を使用するメリットはあります。

  • 好きな時間にできる
  • 痛みが少ない
  • 低価格で脱毛ができる

では、メリット3つを紹介しましょう。

好きな時間にできる

脱毛サロン・クリニックで脱毛を行う場合、事前に予約を入れて、決まった日時にそのお店に行かなくては脱毛そのものができません。

しかし、家庭用脱毛器なら、好きな時間に好きな場所で脱毛することができます。

テレビを見ながらとか、寝る前などにササッと時間を選ばずに自分のペースで脱毛できるのが、家庭用脱毛器のいいところです。

また、家庭用脱毛器はコンパクトな物が多いので、持ち運びも簡単にできます。

そのため、外出先のホテルなどでも手軽に脱毛ができます。

痛みが少ない

脱毛施術には痛みがつきものですが、高性能の家庭用脱毛器には出力調整機能が付いていることが多いので、施術の痛みを極力弱めることが可能です。

比較的痛みが少ないと言われている脱毛サロンの光脱毛でも、肌が敏感な人にとっては痛みを強く感じてしまうこともあります。

家庭用脱毛器なら、脱毛サロンの光脱毛器よりも出力をさらに下げて施術を行えるので、痛みに敏感な人でも長く利用し続けることができます。

脱毛はこの「長く継続する」ということがとても重要ですが、脱毛サロン・クリニックに通う人の中には、施術の痛みが原因で脱毛を途中で諦めてしまう人もいます。

家庭用脱毛器なら、光の出力を調整しながら自分のペースで脱毛を行えるので、痛みに弱い人でも最後まで脱毛できますよ。

低価格で脱毛ができる

高性能な家庭用脱毛器は、顔やビキニラインといったデリケートゾーンの脱毛にも対応しています。そういったタイプの家庭用脱毛器を使用すれば、自宅で全身脱毛を完了させてしまうことができます。

デリケートゾーンにまで対応した家庭用脱毛器の平均的な価格相場は、5~10万円ほどです。

脱毛サロン・クリニックで全身脱毛を行った場合、どんなに安くても、脱毛完了までに10万円以上の費用は必ずかかってしまいます。

つまり、高性能の家庭用脱毛器を使用すれば、脱毛サロン・クリニックでの脱毛よりも低価格で全身脱毛が可能です。

脱毛効果の高い家庭用脱毛器5選

それでは、脱毛サロン並の脱毛効果を発揮する、おすすめの家庭用脱毛器を厳選して5つご紹介します。
家庭用脱毛器を選ぶ際の参考にしてください。

ケノン

By: ケノン公式販売店

ケノンは、人気・実力・コスパすべての面で圧倒的な人気を誇っている家庭用脱毛器です。

脱毛サロンと同レベルの光脱毛を可能にした家庭用脱毛器で、脱毛効果がとても高いことで知られています。

照射の出力レベルを10段階で調整できるので、痛みに敏感な人でも無理なく使用することができる点も魅力です。

付け替えできるカートリッジの種類も多く、「スーパープレミアム」「美顔」「ストロング」「ラージ」「エクストララージ」の5種類を使い分けることができます。

脱毛法 照射回数 対応部位
光脱毛 300万発 全身(IOは含まず)

ケノンはデリケートゾーンである顔とビキニラインの脱毛も可能ですが、IラインとOラインの脱毛はメーカー推奨していませんので、その部位への使用は行わないようにしましょう。

トリア

By: トリア公式サイト

トリアはほぼ唯一と言っていい、家庭用のレーザー脱毛器です。

アメリカのFDAの認可を受けている家庭用脱毛器なので、使用しているレーザーも医療用レーザーと同じ性能です。
(※ただし、出力は脱毛クリニックで使用されている物よりも弱い)

レーザー脱毛器と言えば、痛みが強いというイメージがありますが、トリアはレーザー出力を5段階で調整できるので、痛みをかなり抑えることができます。

また、トリアはカートリッジ式ではなくバッテリー式なので、照射回数はバッテリーが続く限り無制限です。バッテリーの充電回数は500回が上限に設定されていますので、かなり長く使用できます。

脱毛法 照射回数 対応部位
レーザー脱毛 無制限 全身(VIOは含まず)

レーザー脱毛器なので脱毛効果はかなり高いですが、VIOへの脱毛と目元付近への脱毛はメーカー推奨されていませんので、それらの部位へ使用するのは止めておきましょう。

ツーピーエス


VIOはデリケートゾーンなので、他人に脱毛処理をさせるのは恥ずかしいという人も多いです。

そんな「VIOの脱毛は自分でやりたい! 」という人におすすめなのが、このツーピーエスです。

ほとんどの家庭用脱毛器では、ビキニライン(Vライン)の脱毛はできてもIラインとOラインの脱毛はできません。

しかし、このツーピーエスはVIOのすべてを脱毛できてしまうのです!

照射レベルを8段階まで調整できるので、痛みを自分の我慢できるレベルにまで抑えてVIOの脱毛ができるという点もうれしいですね。

脱毛法 照射回数 対応部位
光脱毛 13万発 全身(VIO含む)

ツーピーエスは顔脱毛にも使用できますが、鼻から上の部位にかけての使用はメーカー推奨されていません。顔脱毛に使用する際は、その点を注意してください。

ローワン

By: ローワン公式サイト

家庭用脱毛器としてだけではなく、美顔器としても使用できるのがローワンです。

しかも、このローワンは世界初のBluetooth連動型オーディオ機能が付いた家庭用脱毛器なので、音楽を聴きながらのんびりと脱毛できます。

家庭用脱毛器としての機能面では、照射レベルを8段階で調整できる機能だけではなく、55度以上になると自動的に運転が停止する加熱防止機能も付いています。
この機能のおかげでヤケドなどを防止することができるので、安全性の面でも評価が高い機種です。

脱毛法 照射回数 対応部位
光脱毛 20万発 全身(IO含まず)

ローワンは全身に使用することができますが、やはりIラインとOラインへの脱毛はメーカー推奨されていませんので、デリケートゾーンへの使用はビキニライン(Vライン)までにしておきましょう。

ルメア

By: フィリップス公式サイト

第一線で活躍する皮膚科医と共同で開発されたフィリップスの「ルメア」は、さまざまな肌色と毛色に対応した光脱毛器です。

UVフィルターが搭載された顔用アタッチメントを装着すれば、顔のウブ毛も難なく脱毛することができます。

ルメアで2週間に1回のペースの脱毛を4~5回行えば、どの部位でも高い脱毛効果(最大で75%の減毛)を得られます。
この脱毛効果は、FDAの定義する永久脱毛の条件(67%の減毛)を超えています。

脱毛法 照射回数 対応部位
光脱毛 25万発 全身(IO含まず)

ルメアには顔用のほかに、ビキニライン用と身体用のアタッチメントがあります。

また、光の強さは5段階で調整できるので、脱毛部位に合わせた適切な強さの光を調節できます。

家庭用脱毛器を使う時の気をつけること


いくら高性能の家庭用脱毛器を購入しても、正しい使い方や脱毛後のアフターケアのことを知らなくては、その脱毛効果は正しく発揮されません。

ここまで家庭用脱毛とはいかに優れたモノなのかということを解説してきましたが、ここではその優れモノである家庭用脱毛器を使用する際の注意点について解説します。

  • 保湿をする
  • 日焼けをしない
  • 肌トラブルがあれば対処する

保湿をする

家庭用脱毛器で脱毛したあとは、保湿クリームなどで必ず保湿ケアをしましょう。

脱毛後は、家庭用脱毛器の光の熱によって肌が乾燥しています。保湿ケアをせずにそのままにしておくと、肌は乾燥でカサカサになり、赤みなどの肌トラブルが発症する原因にもなります。

保湿クリームを塗る前に、アイスノンや濡れタオルなどで脱毛後の部位を冷却しておくと、さらによいでしょう。

家庭用脱毛器を使って脱毛をしたあとは、肌の冷却と保湿ケアを忘れずに行ってください。

日焼けをしない

家庭用脱毛器の光は、脱毛サロンの光脱毛器と同じように、メラニンに反応してムダ毛にダメージを与えます。

メラニンとは黒い色素のことです。

つまり、毛穴の中の毛根をメラニンと認識し、その毛根に光を照射してムダ毛が処理されて行くのです。

しかし、肌が日焼けで褐色になっていた場合、毛根ではなく褐色の肌をメラニンと誤って認識してしまい、素肌に光を照射してしまうことがあります。
そうなった場合は当然脱毛効果はなく、肌を傷めるだけになってしまいます。

最近では、家庭用脱毛器でも、日焼け肌に対応している機種が増えてきました。
ただ、日焼けをして乾燥をしていたりすると、脱毛効果が弱まってしまうので、注意が必要ですよ。

肌トラブルがあれば中止する

脱毛サロン・クリニックでの脱毛の場合、万が一施術中に肌トラブルが発生しても、専門のスタッフが早急にトラブル対応してくれます。

では、家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛の場合はどうでしょうか?

当たり前ですが、セルフ脱毛中に肌トラブルが発生しても、対応するのは自分自身のみです。

家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛には、手軽で気ままにできるというメリットがありますが、なにか肌トラブルが発生した際にはすぐに対応できないというデメリットもあるのです。

もし家庭用脱毛器での脱毛中に肌トラブルが発生したら、すぐに脱毛器の使用を中止し、素直に病院に行くようにしましょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛みたいな効果を得られる


家庭用脱毛器で医療脱毛と同じような永久脱毛はできませんが、長期間ムダ毛の生えて来ない「永久脱毛のような状態」は実現できます。

家庭用脱毛器でそのような高い脱毛効果を得たいのであれば、高性能の家庭用脱毛器を購入し、毛周期に合わせた正しい脱毛を行う必要があります。

家庭用脱毛器は脱毛サロン・クリニックに通うよりも低価格で全身脱毛が実現できるアイテムです。

家庭用脱毛器を正しく使って、自宅で手軽に全身脱毛しちゃいましょう!

関連記事

脱毛石鹸で永久脱毛はできない!本当の脱毛効果を得る方法

SHR脱毛の口コミを検証!効果がないといわれる理由は?

除毛クリームの使い方をおさらい。正しく使用して美肌を手に入れる!

【2019年版】除毛クリームのおすすめ10選。口コミを元に人気商品をご紹介

ブラジリアンワックスのメリット・デメリットとは?詳しく解説。

美容効果も高い!セルフ糸脱毛の方法教えます

はちみつのブラジリアンワックスおすすめ10選|肌への負担を減らしたい人必見

メンズ向け除毛クリームのおすすめ10選。ムダ毛を簡単に処理

IPL脱毛とは|他の光脱毛との違いやおすすめサロンをご紹介!

ブラジリアンワックスで脇脱毛。セルフ脱毛のコツを紹介