2019/06/29
脱毛方法

顔や髭に除毛クリームはダメ!それ以外のおすすめの方法をご紹介

除毛クリームは、ごっそりと毛を無くすことができる大変便利なものですが、顔や髭に使ってはいけません!
顔は全身の中でもかなりデリケートな部位ですので、安全な方法で脱毛をすべきです。

顔の産毛の正しい処理方法を知って、トラブルなしの綺麗な肌を手に入れましょう!

顔に使える除毛クリームはない!

顔に除毛クリームを使う人がいますが、一歩間違うと大きなトラブルや怪我の元となり、大変危険なんです!
徐毛クリームでの処理では、どういったトラブルが起こるのか解説するので、顔に徐毛クリームを使用している人がいれば、今すぐやめてくださいね。

肌が溶けることがある?

除毛クリームには「チオグリコール酸Ca」というアルカリ剤が含まれています。
チオグリコール酸Caは、タンパク質に反応して毛を溶かす作用があるのですが、毛と同じタンパク質である「肌」に影響がないとは言えません。
長時間クリームを顔に塗っておくと、肌の表面が溶ける可能性もあります。
手足の除毛でさえ赤みが出たりヒリヒリしたりすることがあるので、デリケートな顔の皮膚には当然使えないのです。

目に入ると危険

徐毛クリームを目の周りに使用すると、以下のようなトラブルが起こります。

・眉毛やまつ毛が無くなる
・角膜炎、結膜炎が起こる
・失明してしまう

除毛クリームは、顔に使用できないほど刺激の強いものです。
目に入ると、炎症が起こり、最悪の場合失明してしまう恐れも考えられます。
産毛を処理しようとしてまつ毛や眉毛が無くなってしまっては、余計にみっともないですよね。
目だけではなく、口や鼻から体内に入った場合も、嘔吐や下痢などの症状が出ます。
軽い気持ちで、顔に除毛クリームを使うと大変なことになるので、絶対にやめましょう。

顔の産毛の処理法

顔の産毛は「顔専用の脱毛グッズ」を使っての処理が安全です。
体の脱毛では定番である「カミソリ」での処理は肌を傷つける恐れがあるので、控えましょう。
自宅で簡単に出来る、顔の産毛の処理方法についてお教えしていきます。

顔用電気シェーバーを使う

顔の産毛の処理方法として、もっとも安全なのが「顔用電気シェーバー」による脱毛です。
電気シェーバーは、刃の部分が肌にあたらないように出来ているので、皮膚を傷つけたり怪我をする心配もありません。
顔の産毛を電気シェーバーで処理するメリットは以下のとおりです。

  • 肌に優しい
  • VIOラインの脱毛にも使える
  • 一度購入すれば長く使える
  • ドライ剃り(肌が乾いた状態での脱毛)が可能

顔用ワックスシートを使う

脱毛効果が長く続くと話題なのが「顔用ワックスシート」です。
ワックスシート脱毛では、皮膚にテープを密着させて一気に剥がして脱毛します。
ワックスシートを、顔の産毛処理に使用するメリットは以下の3つです。

  • 価格が安い(500円前後)
  • 細かい部分も脱毛しやすい
  • 楽に処理出来る

とくに、毛抜きで一本ずつ細かい産毛を処理することに比べると、短い時間で簡単に処理ができます。

一方でデメリットは、シートを剥がす時の刺激により、黒ずみや炎症といった肌トラブルが起こることです。
一時的な脱毛として綺麗に仕上がっても、のちのちの肌のことを考えると、最適な顔の産毛の処理方法とは言えません。

最終手段は脱毛がおすすめ


もっとも安全で効果が高い、顔の産毛の処理方法は「脱毛サロンで顔脱毛を受けること」です。
自己処理とは異なり、サロンで受ける顔脱毛は一時的なものではありません。
通い続けると、ほとんどムダ毛は生えてこなくなります。
顔脱毛に最適なサロンを3つ紹介するので、今まで自己処理でトラブル続きだった人は、最終手段として考えてみてはいかがでしょうか。

眉間や小鼻も脱毛可能「ストラッシュ」


ストラッシュの顔脱毛では、脱毛可能な範囲が広いのが魅力です。
基本の顔脱毛の範囲は、おでこから眉毛の上ギリギリのライン・ほほ・こめかみ・鼻下・あご・フェイスラインの6ヶ所となります。

さらに、追加契約で眉間・小鼻・首サイドラインの脱毛まで可能!
とくに、小鼻の脱毛は「ブツブツ毛穴が目立たなくなる」「メイクのりがよくなる」と、メリットが多い人気コースですよ。

フェイスプランでお試し「ジェイエステティック」


ジェイエステティックでは、とってもお得に顔脱毛がはじめられる「フェイス6プラン」が用意されています。
この初回限定プランを利用すれば、なんとたったの5,000円で、顔脱毛2回+フェイシェルエステ体験1回が受けられます。

脱毛範囲も、おでこ・Cライン・両ほほ・口周り・あご・フェイスラインと、広範囲なので「顔脱毛」と「フェイシェルエステ」どちらも気になっているという人は、ぜひ試してみてください。

痛くない脱毛「ディオーネ」


顔は、脂肪が少なく皮膚が薄いため、全身のなかでも脱毛の痛みを強く感じる部位です。
「顔脱毛したいけど痛いのはイヤ!」という人には、ディオーネの顔脱毛が向いています。

ディオーネでは、ハイパースキン脱毛といった最新の脱毛器を取り入れており、熱を感じないため痛みがありません。
また、ディオーネの顔脱毛なら、黒ずみや乾燥を改善する、美肌効果も得られますよ。

まとめ


顔の産毛の処理には、除毛クリームは使うことはできません。
肌荒れや失明の原因になることもあるので、使用は控えましょう。

顔の産毛の処理なら「サロンでの顔脱毛」が、もっとも安全で効果的です。
週に2~3回の産毛処理を一生行うことに比べれば、顔脱毛の料金は決して高くはありません。
美肌になれて朝のメイク時間も節約できる顔脱毛、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ブラジリアンワックスの通う頻度は?その効果と注意点を解説

SHR脱毛の口コミを検証!効果がないといわれる理由は?

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?違いやメリットを紹介

除毛クリームの仕組みを解説。毛が抜ける理由を知りたい!

ブラジリアンワックスのメリット・デメリットとは?詳しく解説。

家庭用脱毛器の効果とは?おすすめ脱毛器を比較

Veetバスタイム除毛クリームが気になる!使用感や効果は?

鼻毛脱毛で死ぬ!?むやみに抜いてはいけない鼻毛についてのアレコレ

ブラジリアンワックスで脇脱毛。セルフ脱毛のコツを紹介

ブラジリアンワックスでVIOセルフ脱毛をするメリット・デメリットをご紹介