2019/10/06
脱毛方法

ブラジリアンワックスのメリット・デメリットとは?使い方や効果も紹介

欧米ではポピュラーな脱毛方法であるブラジリアンワックスは、日本でも徐々に人気が広がっています。
しかし、「興味はあるけど自分でやるのは難しそう」と思っている方も多いでしょう。

今回は、ブラジリアンワックスの手順や効果、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。
使い方や注意点をしっかり守ればセルフでも施術が可能ですので、ブラジリアンワックスを試してみたいという方はぜひ参考にしてください。

ブラジリアンワックスとは


ブラジリアンワックスとは、温めたワックスを肌に薄く塗ってシートを貼り、一気に剥がしてムダ毛を抜きとる、アンダーヘアーの脱毛方法の一種です。
専門のサロンも多くありますが、自宅でも簡単にできるのが魅力の1つ。

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスで使うワックスは、「ソフトワックス」「ハードワックス」の2種類に分けられます。

どちらも使い方は若干異なりますが、ハチミツ・砂糖・水といった天然由来の原料から作られているものなので、ワックス自体はお肌に優しいのが特徴。

それぞれのワックスの特徴は、以下の通りです。

ソフトワックス

やわらかいテクスチャーのワックスで、水性と油性があります。
ワックスを塗った上からシートを貼り、シートごと剥がしてムダ毛を処理します。
ソフトワックスの使用に向いているのは、お腹・背中・腕・脚などの広い部位です。

ハードワックス

固形のものをやわらかくしてから使う、油性のワックスです。
ワックスを塗り、ワックスが固まったらワックスごと剥がしてムダ毛を処理します。
ハードワックスの使用に向いているのは、VIO・ワキ・耳毛・鼻毛などの狭い部位です。

ブラジリアンワックスの効果持続期間

ブラジリアンワックスでは、光脱毛や医療レーザー脱毛のように、毛根部分にダメージを与えることはできません。
そのため、効果の持続期間はどうしても短くなってしまいますが、約1〜2週間は効果が持続するといわれています。

そして、2〜3週間ほど経つと、徐々に毛が生えてきますので、再度ブラジリアンワックスを使った処理を行う必要があります。
しかし、回数を重ねるごとに毛が生えてくるまでの期間が長くなる傾向にあるため、ブラジリアンワックスを続けていると「以前よりも毛が薄くなった」「毛の量が減った」と感じる方が多いようです。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット


次に、ブラジリアンワックスのメリットとデメリットについてご紹介します。

ブラジリアンワックスのメリット

カミソリよりも効果は持続

カミソリでの処理は、2〜3日ですぐに生えてきてしまうことが多く、頻繁に自己処理を繰り返しがちです。
ブラジリアンワックスは1〜2週間、長い方だと3週間近く効果が持続するため、自己処理の回数を減らすことができます。

1回でツルツルになる

光脱毛やレーザー脱毛だと、毛が抜け落ちるまでに2週間程度かかってしまいますが、ブラジリアンワックスはその場ですぐにツルツルになります。
デート前や水着を着る前のケアにも最適です。

また、カミソリでの処理でありがちな黒いポツポツが気になることもなく、仕上がりがすべすべの肌になります。

生えてくる毛がチクチクしない

カミソリでは表面にある毛しか処理できないため、チクチクした毛がすぐに生えてきてしまうことが多いです。
毛根から毛を処理するブラジリアンワックスであれば、次に生えてくる毛のチクチク感が気になることがほとんどありません。また、毛が柔らかく肌触りもなめらかになります。

粘膜に近い部位もできる

光脱毛やレーザー脱毛では、Iラインの粘膜に近い部分は脱毛できないことがほとんどです。
また、カミソリでの自己処理は見えにくく、肌を傷つけてしまう恐れも。

ブラジリアンワックスであれば、粘膜ギリギリまで安全に処理することが可能で、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。

ワックスとともに角質が取れる

ブラジリアンワックスはムダ毛だけでなく、古くなった角質も取り除いてくれます。これにより肌が柔らかくなり、くすみが取れ肌のトーンを明るく見せる効果があります。

ブラジリアンワックスのデメリット

また生えてくる

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないため、毛が生えてくるたびに処理をし続ける必要があります。
ただし、続けることによって毛が薄くなり、処理をする間隔が長くなることもあります。

毛を伸ばす必要がある

ブラジリアンワックスを効果的に行うためには、1cm以上の毛の長さが必要です。処理をしたばかりで毛が生えてきていない場合は、毛が伸びるまで待たなければなりません。

痛みがある

ワックスを剥がす際に毛が一度に抜けるため、やはり痛みを伴います。特にVIOはデリケートで強い痛みを感じやすい部分。

ただし、痛みの感じ方には個人差があり、「一瞬なので我慢できないほどの痛みではない」という方も多いようです。痛みを和らげるためには、躊躇せずに一気に剥がすことがポイントです。

ブラジリアンワックスの手順

ブラジリアンワックスの脱毛手順をご紹介します。

①肌の状態と毛の長さを整える

ブラジリアンワックスは、基本的に顔以外であればどの部位にも使用することができます。
しかし、傷や炎症がある場合は悪化させる恐れがありますので使用を控えましょう。

また、脱毛に効果的な毛の長さは1cm〜2cm程度です。長すぎる毛はハサミなどで切って整えてください。

②脱毛部位の汚れ、水分を取る

肌が汚れていたり、水分が残っている状態だとうまくワックスがのらず、効果が半減してしまいます。脱毛部分を清潔に洗い、十分に肌を乾燥させましょう。
さらに、ベビーパウダーを薄く塗ると乾燥が早く効果的です。

③ワックスの温度を調節する

ワックスは少し固めのほうが粘着力が高いですが、固すぎると伸びが悪くなってしまいます。寒い時期などで固まってしまっている場合は、容器ごと45℃程度で湯煎したり、手で温めます。

逆にワックスが柔らかすぎる場合は、冷蔵庫で冷やすなどして、かき混ぜた時に手ごたえがあるくらいの固さに整えましょう。

④ワックスを塗る

少量のワックスをスパチュラなどですくい、毛の流れに沿ってワックスを塗ります。毛の根元に押し付けるようにして、薄く均一にワックスを延ばしてください。
塗る範囲はシートの大きさに合わせ、一度にあまり広範囲に塗らないように注意しましょう。

⑤シートを貼る

ワックスを塗った部分に専用のシートを貼ります。そして、ワックスを塗った方向と同じ向きにシートを押しなでるように、しっかりと密着させてください。

⑥シートを剥がす

毛が生えている向きに逆らって(ワックスを塗ったのと逆方向)貼り付けたシートを剥がします。スピードをつけ一気に剥がすのがポイントです。
シートを剥がすのと同時にムダ毛が抜けます。脱毛部分の肌をピンと張り、皮膚が一緒に引っ張られないようにしっかりと押さえることが大切です。

最後にワックスが肌に残っている場合は、蒸しタオルでやさしくワックスを拭き取りましょう。

⑦肌を冷やす

脱毛後は、赤みやヒリヒリ感が出やすく肌が敏感な状態です。冷やしたタオルなどでクーリングを行いましょう。また、乾燥を防ぐために、化粧水やボディクリームなどで保湿をすることも大切です。

ブラジリアンワックスのメリットを実感してみよう


脱毛効果が長く続き、仕上がりも綺麗になるなど、ブラジリアンワックスには多くのメリットがあります。

「今すぐにツルツルにしたい!」という方には特におすすめの脱毛方法なので、気になった方は実際に使ってみて、ブラジリアンワックスのメリットを実感してみましょう。

しかし、使い方を間違えてしまうと肌トラブルを起こす危険性もあるため、手順や注意点をしっかりと把握しておくことも大切です。

サロンではもちろん、自宅でも気軽に行うことができますので、ぜひこの記事を参考にしてブラジリアンワックスに挑戦してみてください!

関連記事

除毛クリームおすすめ10選|自宅で簡単セルフ脱毛【2019年最新版】

自宅で脱毛する方法3選|効果があるのは脱毛器だけじゃない!

除毛クリームの仕組みを解説。毛が抜ける理由を知りたい!

顔や髭に除毛クリームはダメ!それ以外のおすすめの方法をご紹介

脱毛の種類|脱毛の方法はサロンやクリニックによって違う!

IPL脱毛の効果がでる回数は?特徴・仕組みについても解説!

効果がある家庭用脱毛器はどれ?口コミで話題のおすすめ製品を紹介

SHR脱毛のメリット・デメリットを詳しく解説|危険性はあるの?

ヒゲに除毛クリームは危険?!ヒゲの処理はできない?

SHR脱毛の回数の目安まとめ!脱毛完了まで何回必要?