2019/07/30
脱毛サロン

ディオーネのキャンセルや予約変更の方法。キャンセル料ってあるの?

「3歳の子供でも脱毛できるほど痛みがない」という脱毛法を採用しているディオーネ。

痛みに弱い方や敏感肌の方にとっては、安心して脱毛が受けられる脱毛サロンですが、通う前に知っておきたいのが、「キャンセルと予約変更」についてです。

今回は、ディオーネのキャンセルや予約変更の方法について解説します。

ディオーネのキャンセル方法


個人差はありますが、ディオーネのようなエステ脱毛は12~18回程度通うことになるので、その間に

・生理と被ってしまった
・仕事が入った
・急な用事ができてしまった

など、予約をキャンセルする可能性は、誰にでもあります。

では、ディオーネはどのような方法でキャンセルできるのでしょうか?
キャンセル方法や、ルールについては、以下の通りです。

  • 電話でのキャンセル・予約変更方法は電話のみ
  • キャンセル期限は施術前日の19時まで
  • キャンセル料はないが1回消化扱いとなる

では、詳しくご紹介します。

電話でのキャンセルや予約変更

脱毛サロンによってキャンセル方法はさまざまありますが、ディオーネのキャンセルは、電話でのみ可能です。

予約を入れている店舗に直接電話をし、予約をキャンセルする旨を伝えればOKです。

例えば、ディオーネ新宿本店に予約を入れていた場合は、ディオーネ新宿本店の電話番号である「03-3351-1107」に電話をし、キャンセルを入れます。

電話では、

  • 名前
  • 会員番号
  • 予約日時

を伝えてください。

キャンセルだけではなく、「この日に予約を入れていたけど、都合が悪くなったから変更したい」という場合の予約変更も同様に、電話で行います。

いつキャンセルや予約変更をすることになるかわからないので、契約した時点でそれぞれの店舗の電話番号を控えておきましょう。

ちなみに、直接店舗に出向いてキャンセルや予約変更をすることもできます。

店舗でキャンセルや予約変更をする方はまれですが、近くに用事がある場合などは直接出向いても大丈夫ですよ。

ディオーネでの予約変更は電話受付のみ
店舗に直接、電話をしましょう

いつまでにキャンセルするべき?

キャンセルの期限は、予約日前日の19時までです。

後ほど解説しますが、19時までに連絡を済ませておかなければ、当日キャンセルの扱いになり、ペナルティが発生します。

19時が期限といっても、19時ギリギリに電話をするのはディオーネ側の迷惑になるので、余裕をもって早めに連絡を入れるようにしてください。

予約日にディオーネに行けないことがわかった時点で連絡を入れておくのが確実です。

予約している前日の19時まで

ディオーネのキャンセル料は?

ディオーネでは、当日キャンセルをしてもキャンセル料はかかりません。

ただ、回数消化のペナルティが発生するので、1回分回数が減らされてしまいます。

もし仮に、「全身まるごと脱毛」の全12回コースで1回だけ当日キャンセルをした場合、回数は12回-1回で全11回になります。

1回分回数が減らされるので、1回分の料金も無駄になります。

全12回コースの料金:360,000円
⇒360,000円÷12回=1回あたり30,000円
※税別での計算

1回だけではなく、2回・3回と当日キャンセルを重ねれば、回数消化で失う金額も60,000円・90,000円と大きくなっていきます。

確かに総額が安いコースであれば、回数消化のペナルティもそれほど痛くはありません。

ですが、ディオーネ側に迷惑がかかりますし、皆さん自身が損をすることに違いはないので、当日キャンセルは極力避けましょう。

当日キャンセルは施術1回分の消化

当日の遅刻や無断キャンセルは?


ディオーネは予約日前日に19時までに店舗に連絡を入れれば、回数消化のペナルティなしでキャンセルや予約変更ができます。

一方で、予約日当日に遅刻した場合や、無断キャンセルしてしまった場合はどうなるのでしょうか?

ディオーネに遅刻した場合

  • 15分以内なら施術可能
  • 15分以上の遅刻は当日キャンセル扱い
  • 店舗によって対応は異なる場合あり

ディオーネに遅刻した場合は、遅刻した時間がどれくらいなのかによって対応が異なります。

10~15分程度の遅刻であれば、予約時間内でできる範囲の施術をしてもらえる場合が多いです。

この場合、もちろん予定通りの照射は行えないので、照射できない部位も出てきます。

そして、15~20分以上になると、当日キャンセルと同じ扱いになり、回数消化のペナルティが発生します。

10分以上の遅刻で回数消化のところもあれば、15分以上の遅刻でアウトになるところもあり、店舗によって対応が変わってきます。

通う店舗で、遅刻した場合についての対応を確認しておくことをおすすめします。

ただ、遅刻をしてもペナルティが発生しないこともあります。

それは、台風などの悪天候や交通機関の遅延による遅刻です。

こういった理由での遅刻はやむを得ないため、特別に対応してくれる場合もあるのだそう。

遅延証明書をもらっておき、ディオーネに提出するのがおすすめです。

いずれにしても、遅刻しそうだと思った時点ですぐに連絡を入れておくのが、社会人としてのマナーなので、気を付けてくださいね。

ディオーネを無断キャンセルした場合

  • 無断キャンセルは1回分消化扱いとなる
  • 無断キャンセルは絶対にしないようにする

ディオーネを無断キャンセルした場合は、回数消化のペナルティが発生します。

ディオーネでは準備をして待っているわけですから、無断キャンセルによって信用を失うことにもなりかねませんし、もしかしたら通いづらくなるかもしれません。

無断キャンセルは絶対に避けましょう。

ディオーネのカウンセリングをキャンセルする場合


ディオーネでは、無料カウンセリングを予約することができます。
しかし、万が一カウンセリング日の予約を変更したい場合や、キャンセルしたい場合はどうしたらいいでしょうか?

キャンセルしたい場合は、直接店舗に電話連絡をしましょう。
その際に、予約番号や名前を伝えます。

キャンセルや予約日変更したい場合は、お店に迷惑がかからないように、なるべく早めに連絡するようにしましょう。

ディオーネのキャンセルまとめ


ディオーネは、予約日前日に19時までに予約を入れていた店舗に連絡を入れれば、回数消化のペナルティなしでキャンセルや予約変更ができます。

ただ、

  • 当日キャンセル
  • 15~20分以上の遅刻
  • 無断キャンセル

をした場合は、回数消化のペナルティが発生するので、1回分の料金を損することになります。

ペナルティが発生する行為が多ければ多いほど、そしてコース総額が高ければ高いほど損をするので、よほどのことがない限り、キャンセルや予約変更は期限までに済ませるようにしましょう。

関連記事

銀座カラーの無料カウンセリングの勧誘が心配。予約から当日の流れまで

銀座カラーで顔脱毛はするべき?プラン内容や料金を検証

『ストラッシュ』の口コミや評判は?人気脱毛サロンの全てを公開

シースリーのカウンセリング内容|勧誘がひどいって本当?

脱毛ラボのキャンペーン「15ヶ月無料」って本当?お得な情報を大公開

銀座カラーのシェービング代は無料?剃り残しの対応を調査

ミュゼのSパーツってどこ?料金や回数、お得に脱毛する方法も紹介

ディオーネの予約の方法を解説。初回カウンセリングから施術まで

ストラッシュの解約方法をご紹介。返金はちゃんとされるか検証

ミュゼのハイジニーナ(VIO)脱毛って実際どう?口コミ・評価を総まとめ