2019/03/29
VIO脱毛

VIO脱毛の形で人気があるのは?脱毛前に形を決めておくことが大切

VIO脱毛を考えている方が、脱毛前に必ず決めておかなければならない大切なことが、「どんな形に脱毛したいか」ということです。
なぜかというと、VIO脱毛はほかの部位と違って、さまざまな形に脱毛できるからです。
今回は、VIO脱毛の形で人気があるのはどんな形なのか、関連する情報とあわせて解説します。

VIO脱毛の形ってどんな種類があるの?


そもそも、VIO脱毛の形には、どんな種類があるのでしょうか?

主に10種類ほどVラインの形はあります。
このように、ナチュラルな形からおしゃれな形まで、さまざまな形に整えることができます。

IOラインに関しては、形の種類というよりも、希望に応じてVラインとのバランスを考えて形や毛量を調整したり、すべて処理したりすることになります。

Vラインの形の決め方

さまざまな形に整えることができるからこそ、Vラインの形は迷ってしまうはずです。
Vラインの形を決める時は、脱毛完了後をしっかりと想像すること。
着たい下着や水着があれば、脱毛完了後に下着や水着を身につけた時のことを想像してみましょう。
せっかく脱毛したのに、下着や水着からアンダーヘアがはみ出ていたら意味がなくなってしまうので、下着や水着からはみ出ないような形を選択しましょう。
パートナーがいる場合は、パートナーにどんな形がいいか、聞けるようであれば聞いてみても良いでしょう。
また、あとで後悔しないような形を選択するということも重要です。
ハイジニーナやハート・スターなどの個性的な形は、あとになって「脱毛しなければよかった」と後悔する方も結構います。
一度脱毛してしまうと元に戻せないので、「脱毛してよかった!」と思えるVラインの形に決めてくださいね。

人気のVラインの形をご紹介

Vラインの形は多種多様ですが、どの形が人気なのでしょうか?
人気の形を5つご紹介します。

1. スクエア(ナチュラル)


スクエアは、上下逆さまの台形をイメージした形で、Vラインの形としては一番ナチュラル。
いかにも「脱毛しました」という感じがないので、ナチュラルな仕上がりを求める方に人気です。

2. トライアングル(シンプル)


トライアングルは、逆三角形をイメージした形で、こちらもVラインの形としてはナチュラルであり、シンプルでもあります。
一言にトライアングルといっても、大きさを自由に決めることが可能で、大きめに残した場合を「トライアングル」、小さめに残した場合を「トライアングルミニ」と呼ぶこともあります。
水着や下着を着ても毛がはみ出す心配がないですし、ナチュラルに毛も残っているので、こちらもナチュラルな仕上がりを求める方に人気です。

3. ハイジニーナ


ハイジニーナは、アンダーヘアがすべてない状態。
形としては何も残っていませんが、毛のないツルツルのデリケートゾーンを手に入れることができます。
見た感じはいかにも「脱毛しました」という感じになってしまいますが、毛があることで不快な思いをしている方は、ハイジニーナにするとスッキリできますよ。

4. オーバル(楕円)

オーバルは、楕円形(卵型)をイメージした形で、ナチュラルに残しつつも、可愛らしく整えられている状態。
ナチュラルな仕上がりを求める方に特に人気です。

5. Iライン


Iラインは、「I」の字をイメージした細長い形で、ナチュラルな形ではありません。
いかにも「脱毛しました」という感じは出てしまうものの、水着や下着からはみ出ませんし、スッキリと整えることができるので、意外と人気があります。

Iライン・Oラインの形はどうする?

Iラインの形はVラインに合わせて決めよう

Iラインの形は、Vラインに合わせて決めるのがベストです。

ツルツルにしたい場合

もし仮に、Vラインに毛が残っていて、Iラインがツルツルだったとすると、アンバランスですよね。
ですから、Vラインをツルツルのハイジニーナにした場合は、Iラインもすべて処理してしまったほうがバランスよく仕上がるのでおすすめです。
ただ、Iラインをすべて処理してしまうと、正面からから見た時に陰部の割れ目が見えてしまうので注意してくださいね。

徐々に細くしていく場合

Vラインに毛を残すのであれば、Vラインからつながるように、前の部分を徐々に細くしていく感じで残すのがベスト。
陰部の割れ目も隠れますし、ある程度整えた状態になるので、ツルツルの状態よりも劣りますが、脱毛前と比べるとムレや臭いなどの不快感は軽減されます。

Oラインは全脱毛のツルツルがおすすめ

最後にOラインですが、Oラインはある程度毛を残しておいても良いのですが、毛がなくても問題はないので、すべて処理しても大丈夫。
ですから、全脱毛してツルツルの状態にするのがおすすめです。

VIO脱毛におすすめの脱毛サロン

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの脱毛は、肌への負担が少ないのが特徴。

ミュゼプラチナムは、ジェルとライトを使って施術を行う「S.S.C.方式」という脱毛方法を採用しています。

施術時に使用するジェルは抑毛成分が含まれているのですが、肌への負担を軽減する役割も持っていて、施術時の肌への負担を抑えてくれます。

そんなミュゼプラチナムの脱毛方法は、皮膚がデリケートなVIO脱毛にぴったりなんです。

ミュゼプラチナムのVIO脱毛(ハイジニーナ7VIO脱毛コース)の脱毛範囲と料金は、以下の通りです。

【脱毛範囲】
・トライアル上
・トライアル下
・Vライン
・Iライン
・ヒップ奥
・へそ下(ハイジニーナ7専用)
・Vライン上(ハイジニーナ7専用)

By: ミュゼプラチナム

【デイプランの料金(平日の日中に利用)】

通常価格 公式アプリDL価格
1回 15,000円
4回 60,000円 30,000円
6回 90,000円 45,000円

 

【レギュラープランの料金(好きな時間に利用)】

通常価格 公式アプリDL価格
1回 18,000円
4回 72,000円 36,000円
6回 108,000円 54,000円

ジェイエステティック


ジェイエステティックの脱毛は、実績豊富で痛みが少ないのが特徴です。

ジェイエステティックは創業39周年を迎える、実績豊富なエステサロン。

デリケートな場所だからこそ、実績豊富なエステサロンなら安心してお任せできますし、冷却ベッドの上で施術を行うため、脱毛の痛みも少ないです。

ジェイエステティックのVIO脱毛(デリケート5プラン)の脱毛範囲と料金は、以下の通りです。

【脱毛範囲】
・トライアングル(上)
・トライアングル(下)
・Vライン
・Iライン
・Tバックゾーン

By: ジェイエステティック

※脱毛部位の後ろの2回という回数は、コースによって変わります。

【料金】

回数 料金
デリケート5プラン(初回限定) 2回 5,000円
デリケート5プラン 4回 30,000円

ディオーネ


ディオーネは、「3歳の子供でも脱毛できる」という、痛みのない脱毛が受けられるのが特徴です。

脱毛方法の正体は「ハイパースキン法」という、毛の種に低温処理を施し、発毛そのものを防ぐことで脱毛ができる脱毛方法。

低温処理で痛みがないので、皮膚がデリケートなVIO脱毛にはぴったりなんです。

ディオーネのVIO脱毛(ハイジニーナコース)の脱毛範囲と料金は、以下の通りです。

【脱毛範囲】

・ビキニVライン上部
・ビキニVラインサイド
・ビキニIライン
・Oライン

By: ディオーネ

【料金】

全12回コース ショートコース6回 メンテナンス追加1回
 ハイジニーナコース

(VIO全て処理)

120,000円 72,000円 10,000円
semiハイジニーナコース

(VIO希望の形を残して処理)

96,000円 57,000円 8,000円

VIOの自己処理のやり方


VIO脱毛を受ける前には、VIOの自己処理を済ませておかなければならない場合がほとんど。
では、どのように自己処理をしたら良いのでしょうか。
自己処理のやり方を簡単にご紹介します。

【用意するもの】
・電気シェーバー
・眉ハサミ(小さめのハサミであればOK)
・鏡
・新聞紙
・保湿剤
・Vラインプレート⇒あれば

【自己処理のやり方】

①VIOを清潔にする
②新聞紙を敷いた上で、眉ハサミを使って毛を3~5mm程度の長さに残してカットする
③蒸しタオルでVIOを温めて、毛と皮膚をやわらかくする
④希望の形に合わせて電気シェーバーで剃る(毛を残す場合でも最初の数回は全剃りでOK)
⑤VIOを冷やす
⑥保湿剤を塗って保湿をする

ちなみにOラインは、手の届かなくて自己処理が危険な場所であることから、脱毛サロンやクリニックで代わりに剃ってくれる場合がほとんど。
自己処理が必要なのはVIのみなので、Oラインはそのまま手を付けないでおいてください。

VIO脱毛に関する疑問

生理中は脱毛できる?

生理中でも脱毛自体はできますが、VIO脱毛は原則できません。
生理の終わりかけで経血が少なくても、経血が漏れないようにタンポンを入れていても、どちらもNGです。
施術台に経血がついて不衛生な状態になり、スタッフや他のお客さん・患者さんに迷惑を掛ける可能性があります。
それ以前に、生理中の脱毛は

・ホルモンバランスの影響で脱毛効果が下がる
・皮膚がいつもよりも敏感になっていて痛みを感じやすい
・脱毛が受けられる体調ではない(生理痛など)
・生理痛で薬を服用してしまう(薬を服用すると脱毛できない場合があるため)

といったこともあるので、VIO以外の脱毛でもあまりおすすめできません。

施術中のおりものが心配

VIO脱毛の施術中におりものが出てきてしまっても、心配はいりません。
おりものが出てくるのは自然なことですし、スタッフは施術に集中しているので、おりものが出てきても「うわぁ…おりものが出てきた」なんて思っていません。
ですから、気にしなくても大丈夫です。
どうしても気になるようであれば、おりものの量が増える時期(排卵期)を避けてVIO脱毛を受けることをおすすめします。

妊娠中でも脱毛できる?

妊娠中の脱毛は、安全性が確立されていないので、VIO脱毛に限らずすべてNGです。

なぜかというと、

・肌トラブルを起こす
・痛みを感じやすい
・脱毛効果が下がる
・体に負担がかかる
・つわりで施術が困難になる

といったリスクがあるからです。

万が一、VIO脱毛に通っていた時に妊娠が発覚した場合でも、休会制度を設けている脱毛サロンやクリニックであれば、出産・授乳を終えてから再開できるので、解約しなくても大丈夫ですよ。

まとめ


VIO脱毛には、ナチュラルな形からオシャレな形、ハイジニーナまで、さまざまな形の種類があります。
ナチュラルな形がやはり人気ですし、男性からのウケも良いので、形に迷った時はナチュラルな形を選ぶのが無難かもしれません。
一度脱毛してしまうと元に戻せないので、形を決める時は今後後悔しないように、慎重に決めてくださいね。

関連記事

VIO脱毛は生理中でも大丈夫?

【2019年版】VIO脱毛サロン・医療クリニックのおすすめ10選

VIO脱毛の料金。サロンごとに比較してご紹介

VIO(ハイジニーナ)脱毛とは?どこまで脱毛するの?

vio脱毛とは?脱毛範囲や料金など聞きづらい疑問を解決!

VIO脱毛は医療脱毛と光脱毛どっちが良い?完了する回数で比較してみた

VIO脱毛の間隔はどのくらい?通う頻度はどのくらいがベスト?

【熟女の新常識】VIO脱毛は介護にも関係する?!実は重要な新事実!

VIO医療脱毛のおすすめクリニックを比較。通いやすいのはどこ?

VIO脱毛前のシェービング方法は?Vラインのデザインはどうする?