2019/03/06
脱毛サロン

ディオーネでの全身脱毛の料金は?契約前に知りたい5つの疑問を解決

「痛くない脱毛」「敏感肌専門」を謳っている脱毛サロンのディオーネ。

痛みがない上に敏感肌でも大丈夫となると、「快適に全身脱毛が受けられるのではないか」と考える方もいるはずです。

今回は、ディオーネの全身脱毛の料金や、契約前に知りたい5つの疑問について解説します。

ディオーネの全身脱毛の料金

まずは最初に、ディオーネの全身脱毛の料金からご紹介します。

ディオーネの全身脱毛には、

・全身まるごと脱毛コース
・全身脱毛コース

の2種類があります。

全身まるごと脱毛コース

全身まるごと脱毛コースは、顔を除く全ての部位の脱毛ができる全身脱毛コースです。

脱毛範囲は以下の通りです。

By: ディオーネ

この脱毛範囲から顔のパーツを除いた、VIOを含む全身の脱毛が受けられます。

「顔以外を全部脱毛したい」という方におすすめです。

【全身まるごと脱毛コースの料金】

全12回コース ショートコース6回 メンテナンス追加1回価格
360,000円 210,000円 30,000円

※税抜

全身脱毛コース

全身脱毛コースは、範囲が大きいLパーツと範囲が小さいSパーツからそれぞれ4か所ずつ選択する、計8か所の脱毛が受けられるコースです。

脱毛部位
Lパーツ バスト全体・二の腕・腹部・ひじ下・背中上部・背中下部・腰・ヒップ・太もも・ひざ下(膝含む)
Sパーツ 額・頬・鼻下・アゴ・首(前面)・襟足・両ワキ・乳輪&乳輪周り・へそ周り・手の甲・ビキニVライン上部・ビキニVラインサイド・ビキニIライン・Oライン・ひざ・足の甲

 

「気になる箇所はいくつかあるけど、全身までは必要ないかな」という方におすすめです。

【全身脱毛コースの料金】

全12回コース ショートコース6回 メンテナンス追加1回価格
198,000円 99,900円 16,500円

※税抜

ディオーネの脱毛はハイパースキン法

ディオーネは「痛くない脱毛」を謳っている脱毛サロンなのですが、「一体どんな脱毛方法を採用しているのか」という点が気になりますよね。

ディオーネで採用しているのは、「ハイパースキン法」という脱毛方法です。

ハイパースキン法とは、3~4週間に一度のペースで特殊な光を当てて、発毛そのものを抑制する脱毛方法です。

By: ディオーネ

他の脱毛サロンで採用されている脱毛方法は、熱エネルギーを与えて毛根部分を焼く方法が大半。

高温なので痛みを強く感じたり、ヤケドや色素沈着といった肌トラブルに見舞われるリスクが高いのですが、ハイパースキン法にはこのようなトラブルの報告は、今のところありません。

特殊な光の温度は、人間の体温よりも少しだけ高い38度なので、「3才の子供でも脱毛できる」と言われているほど、痛みや肌へのダメージを心配することなく脱毛できます。

また、他の脱毛サロンの脱毛方法とディオーネのハイパースキン法では、作用する時期にも違いがあります。

他の脱毛サロンの脱毛方法はメラニン色素をターゲットとしているため、メラニン色素を多く含む成長期にムダ毛に作用します。

その一方で、ハイパースキン法のターゲットは「バルジ領域」という発毛因子。

毛が抜け落ちてから次の毛が生えるまでの期間にあたる休止期に光を当て、発毛因子(バルジ領域)に直接働きかけることで発毛を抑制することができます。

ディオーネの初回キャンペーンがお得


ディオーネの全身脱毛を受けるなら、初回キャンペーンを利用したほうが断然お得です。

2019年3月現在、実施しているのは「全身脱毛体験キャンペーン」。

全身脱毛体験キャンペーンでは、全身20か所からLパーツ1か所、またはSパーツ2か所の脱毛をお得に体験できます。

By: ディオーネ

料金はなんと3,240円(税込)と非常にお手頃。

2019年3月1日から4月25日までの期間限定なので、「全身脱毛を考えているものの、不安を感じている」という方は、こちらの初回キャンペーンでまずは試してみてください。

ディオーネで脱毛を始める前に知りたいこと


実際にディオーネに通って脱毛を始める前に知りたいこと、ありますよね。

皆さんが知りたいであろう、5つのことについて解説します。

ディオーネでの支払い方法

ディオーネの支払い方法は、基本的には現金の一括払いのみです。
ただ、公式サイトには「現金の分割払いやカード払いに対応しているサロンもある」との記述があります。

最初から現金の一括払いを考えているのであれば大丈夫ですが、現金の分割払いやカード払いを考えているのであれば、行くことを考えている店舗に確認してみてください。

ディオーネでの追加料金は?

これだけ安いと、「追加料金が発生するのではないか」と心配になりますが、実際はどうなのでしょうか。

キャンセル料は?

まずはキャンセル料ですが、ディオーネではいつキャンセルをしてもキャンセル料は発生しません。
ただ、予約日前日の19時がキャンセル期限なので、この期限を過ぎてからのキャンセルや連絡なしの無断キャンセルに関しては、「1回分消化」のペナルティが発生します。
つまり、1回分の料金が無駄になってしまうということ。

全身まるごと脱毛コース・全身脱毛コースのそれぞれで1回当日キャンセルした場合、以下の料金が無駄になります。

全12回コース ショートコース6回
全身まるごと脱毛コース 30,000円
(360,000円÷12回)
35,000円
(210,000円÷6回)
全身脱毛コース 16,500円
(198,000円÷12回)
16,650円
(99,900円÷6回)

脱毛範囲が広ければ広いほど、ペナルティは大きいので、キャンセルはキャンセル期限までに済ませるのがベストです。
ただ、店舗によっては「前日の営業時間内であればOK」「LINEで連絡してもらえればOK」というところもあるので、行きたい店舗に確認しておいてください。

シェービング代は?

ディオーネでは、シェービング代は発生しません。
ですが、自分の手の届く範囲で事前にシェービングしておく必要があるので、頑張ってシェービングしてからディオーネに行きましょう。

全身脱毛が完了するまでの期間や通うペース

ディオーネの全身脱毛は、3~4週間に一度のペースで通うことができます。
そのため、3~4週間に一度のペースで通うことができたとすると、年に12回(月に一度)通うことができるので、「自己処理が楽になれば良い」という場合、1年で全身脱毛を完了させることも可能です。
ただ、完全にツルツルの状態にしたいのであれば、18回程度通う必要があるとのこと。
そう考えると、全身脱毛完了までに1年から1年8か月はかかる計算になります。
これは、3~4週間に一度のペースで順調に通うことができた場合の期間なので、予約状況や個人の都合に左右されて通う期間が長くなることは覚悟しておきましょう。

生理の時は全身脱毛できる?

ディオーネでは、生理の時でも全身脱毛は可能ですが、VIOの施術は受けられないので、「別の日に改めて」という形になります。
ただ、生理中は皮膚が敏感になりやすいですし、体調も不安定。
VIO以外は大丈夫とはいえ、キャンセルしたほうが良いかもしれません。

ディオーネは途中で解約できる?

万が一途中で通うことができなくなった場合、ディオーネは途中で解約することが可能です。
基本的には現金一括払いなので、解約手続きをすれば、施術を受けていない分の返金も受けられます。
ただ、解約手数料(返金額の10%か2万円の少ないほう)が返金額から引かれるので、注意が必要です。

ディオーネでの全身脱毛がおすすめの人

  • 痛みなしで脱毛したい人
  • 体験してから脱毛したい人
  • 早くに脱毛を完了したい人
  • 産毛まで脱毛したい人

ディオーネは痛みがない上に3~4週間に一度という早いペースで施術が受けることができます。
また、ディオーネでの脱毛方法は、発毛因子に作用するので、他の脱毛サロンでは効果が得られにくかった産毛の脱毛も可能。

3,240円で体験もできるので、ディオーネが気になる方は体験から始めてみるのがおすすめです。

関連記事

キレイモのシェービング範囲はどこまで?剃り残しはダメ?

ミュゼはなんであんなに安いの?格安の理由を徹底解説!

エピレの解約方法をご紹介。違約金やクーリングオフをご紹介

VIO込みの全身脱毛おすすめは?口コミで安いと話題の「コロリー(colorée)」吉祥寺パルコ店の場所&予約方法まとめ

コロリー高松瓦町FLAG店の口コミ、評判はどうなの?

ミュゼの生理時の対応は?当日に生理がきても脱毛はできる?

葛飾区にある「コロリー(coloree)アリオ亀有店」の予約方法・口コミを総まとめ!

渋谷編|ミュゼプラチナムの店舗口コミまとめ!サロン情報・予約方法も紹介♡

コロリー新宿西口店は平日夜21時まで営業で便利!店舗情報・口コミまとめ

脱毛ラボの解約方法とは。気になる返金額も大公開