2019/01/31
脱毛の基礎知識

永久脱毛は自宅で可能?簡単セルフ脱毛とは

最近は、「自宅で脱毛できる」というアイテムが増えてきていますよね。

脱毛に通うのが面倒な人にとっては魅力的なアイテムですが、「永久脱毛はできるのか?」という点が気になりますよね。

今回は、自宅で永久脱毛は可能なのか、そして自宅で簡単にできるセルフ脱毛について解説します。

永久脱毛は自宅でできる?

まず、結論からお話しすると、永久脱毛は自宅ではできません。

そもそも永久脱毛は、ムダ毛の成長に関わる毛根部分の組織を破壊することで、ムダ毛が生えてこなくなるようにすること。

生涯1本も生えてこないというわけではなく、最後の施術を受けてから1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下であれば永久脱毛と言うことができます。

自宅でできる脱毛方法は、皮膚の上に出ているムダ毛を減らすだけだったり、毛根部分の組織を破壊することができません。

そのため、ムダ毛が再生する可能性が高く、自宅で永久脱毛をすることは不可能なのです。

永久脱毛ができるところ

現在永久脱毛ができる脱毛方法とされているのが、

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛(医療針脱毛・絶縁針脱毛)

の2つ。

この2つの脱毛が受けられるのは、「○○クリニック」「○○皮膚科」といった、美容医療を扱う医療機関になります。

永久脱毛を希望する場合は、医療機関に行って脱毛を受けましょう。

自宅でできる脱毛方法おすすめ3選

ここからは、永久脱毛ではないものの、自宅でできるおすすめの脱毛方法をご紹介します。

家庭用脱毛器で簡単に脱毛

家庭用脱毛器とは、自宅にいながら脱毛サロンと同じ方法で脱毛ができるアイテムです。
セルフ脱毛の中で一番おすすめといっても良いでしょう。

一言に家庭用脱毛器といっても、

・レーザー式
・フラッシュ式(光)
・超音波式(高周波)
・サーミコン式
・ローラー式

といった種類がありますが、家庭用脱毛器として主に出回っていて、なおかつ脱毛サロンの脱毛に近い脱毛効果が得られるのは、レーザー式とフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

唯一のレーザー式家庭用脱毛器は「トリア」のみですが、フラッシュ式家庭用脱毛器には

・ケノン(ケノン)
・ラヴィ(ラヴィ)
・光エステ(パナソニック)
・センスエピ(シルキン)

といった商品があります。

家庭用脱毛器は、使い続けるごとにムダ毛の量が減ってくるので、脱毛サロンと同じように自己処理の頻度を大幅に減らすことが可能。

使い方もそれほど難しくないですし、価格も10万円以下のものがほとんどなので、セルフ脱毛としては一番お金はかかるものの、脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けるよりもお財布には優しいです。

同時に美肌効果が得られるものもあるので、脱毛と美肌ケアを同時に行いたい人には家庭用脱毛器が向いています。

また、

・脱毛に行く時間や経済的余裕がない
・脱毛サロンやクリニックで体を見せるのが恥ずかしい
・家族全員でシェアしたい(カードリッジの使い分けで可能)

といった人にもおすすめです。

脱毛クリームはお手軽さが魅力

脱毛クリーム(除毛クリーム)とは、ムダ毛を溶かすという形で処理するアイテムです。

脱毛クリームという名前ではあるものの、皮膚の上に出ているムダ毛しか処理できないので、正確には除毛するもの。

脱毛クリームには、毛髪に含まれるたんぱく質を溶かす成分が含まれていて、ムダ毛処理したい部分に塗って時間を置き、洗い流すだけで簡単に除毛ができます。

・今すぐ簡単にムダ毛を処理したい
・ムダ毛処理を安く済ませたい

という人におすすめです。

ブラジリアンワックスで毛根から脱毛

ブラジリアンワックスとは、ムダ毛を毛根から引き抜くために使用する、粘着力の強いワックスのことです。

ムダ毛処理したい部分にワックスを塗って、その上からペーパーを貼り、冷えて固まってから一気に剥がすことで、広範囲のムダ毛を一気に引き抜くことができます。

元々VIO周辺の脱毛のために作られたものなので、VIOのセルフ脱毛に使われることが多いアイテムですが、全身に使っても大丈夫。

ムダ毛と一緒に古い角質の除去もできるので、お肌がツルツルになります。

・自宅でVIOの脱毛をしたい
・ブラジリアンワックスの専門店に行く余裕がない
・一度に広範囲のムダ毛を処理したい
・同時に角質ケアをしたい

という人におすすめです。

セルフ脱毛のメリット・デメリット

セルフ脱毛には、次のようなメリットとデメリットがあります。

【メリット】

・費用を安く抑えることができる
・他人に体を見せる必要がない
・通う手間と時間が省ける
・自分の好きな時に脱毛できる

【デメリット】

・永久脱毛ができない
・今後もセルフ脱毛を続けていかなければならない
・キレイに処理するのが難しい
・手の届かない部分は自力で処理が困難
・専門的な知識がないためリスクが高い

セルフ脱毛は手軽にできる分、永久脱毛ができません。

そして、専門的な知識がない状態で行うため、リスクが高いというのが本音です。

手軽さや費用を重視するのであれば、セルフ脱毛がおすすめですが、リスクを承知の上で行うことになります。

逆に、安全に脱毛することを重視するのであればクリニックや脱毛サロンに行くのがおすすめです。

脱毛サロンでは永久脱毛はできませんが、しっかり通えば永久脱毛に近い効果を得ることは可能ですよ。

まとめ

自宅で永久脱毛をすることはできませんが、家庭用脱毛器・脱毛クリーム・ブラジリアンワックスといったアイテムを使えば、自宅で手軽にセルフ脱毛をすることができます。

一番のおすすめは家庭用脱毛器で、脱毛サロンの脱毛に近い効果が得られますよ。

セルフ脱毛にはそれなりのリスクが伴いますし、しっかりと脱毛したい人にはセルフ脱毛は不向きですが、費用を抑えて手軽に脱毛したい人はセルフ脱毛が向いています。

セルフ脱毛を考えている人は、メリットとデメリットの両方をしっかり把握した上で行うようにしてくださいね。

関連記事

ムダ毛の処理は終わってる?自己処理?脱毛サロン?あなたに合った方法を見つけよう

全身脱毛前の自己処理は?事前にどこまでやれば良い?

家庭用脱毛器の使用頻度は?効果的な使い方やポイントを紹介

全身脱毛と永久脱毛の違いについてご紹介

VIO脱毛は妊娠中どうする?子宮に悪影響はない?

日焼け肌でも脱毛できる?日焼けと脱毛の関係について

アトピーでも脱毛できる?敏感肌&アトピーのスキンケアと脱毛について

脱毛時の痛みは脱毛効果と関係あるの?痛みを感じるのは何故

ハイジニーナ(パイパン)脱毛で後悔しないために! 知っておくべき基礎知識とメリット・デメリット

脱毛を始めるならいつ?ベストな時期を調査しました!