2018/12/31
医療脱毛

レジーナクリニックのシェービングは無料!?脱毛前の準備を解説

脱毛にいくときは、前日までにムダ毛を自己処理しておく必要があります。
毛が生えている状態ではレーザーの光が届きにくく、十分な脱毛効果が得られません。

また、レーザーはメラニン色素(黒色)に反応します。黒い毛がたくさん残っていれば、そこにも熱が加わることになります。
さらにその熱は皮膚表面にも伝わり、火傷のリスクが高まってしまうんです。そのような理由から、脱毛前には必ずシェービングするよう指導を受けます。

慣れないときはシェービングも難しく面倒に思えますが、お肌を守る大切な準備です。剃り残しのないよう心掛けたいですね。
剃り残しがあった場合の対応はクリニックによって異なります。ここでは、レジーナクリニックのシェービングについて説明します。

レジーナクリニックのシェービングはどうする?

レジーナクリニックではシェービングのサービスが受けられます。
背中や腰、お尻など手の届かない部分は無理をすると危険です。スタッフが丁寧にシェービングしてくれるので安心してください。

剃り残し部分についてもシェービングしてもらえますが、あまりに剃り残し部分が多いと施術時間が削られることもあります。手の届く範囲はしっかり丁寧に自己処理するよう心掛けたいですね。

前日または当日までに行う

シェービングは、脱毛の予約をしている日の前日までに行いましょう。

おすすめはバスタイム。10分ほど湯船につかり、肌や毛がしっとりしたときならシェービングしやすく、肌を痛める心配もありません。
ホットタオルで肌をあたため、柔らかくしてからシェービングするのもいいですね。

当日に行う場合は時間に余裕をもって実施してください。急いでシェービングして肌を傷つけてしまったりしたら、その部分にレーザーをあてることができません。
せっかくの予約が無駄になってしまいかねません。できるかぎり前日までに処理しておくほうがいいでしょう。

電気シェーバーがおすすめ

自己処理には電気シェーバーを使いましょう。カミソリや毛抜きでは肌に負担がかかりすぎます。色素沈着や埋没毛の原因にもなるのでやめたほうが賢明です。

フェイス用のシェーバーなら肌への負担も少なく、安心してシェービングできるのでおすすめです。

手の届く範囲は自己処理を行う

いくらシェービングサービスがあるとはいえ、まったく処理しない状態で行くのはNGです。あまりにひどいと施術を断わられる場合もあります。

自分の手が届くところは、しっかり丁寧にシェービングするよう心掛けましょう。多少の剃り残しは問題ありません。

自己処理のあとは必ず保湿

シェービング後の肌は乾燥し、負担がかかっている状態です。たっぷりと保湿し、十分にケアしてあげましょう。

肌の状態は脱毛効果にも影響します。短期間で満足できる効果を得るためにも、日ごろからしっかりとお肌のお手入れをしておくといいですね。

レジーナクリニックのシェービング代は?

レジーナクリニックでは、シェービング代はかかりません。手の届かない部分はもちろん、剃り残しがあっても無料でシェービングしてくれるので安心してください。

だからといって、自己処理していかなくていいということにはなりません。
何度も繰り返しますが、剃り残し部分が多いと施術時間を削られたり、施術そのものを断わられることもあります。

脱毛する際のマナーとして、きちんとシェービングしていきましょう。

レジーナクリニックの脱毛前に気をつけること

脱毛前に気を付けるのは、シェービングだけではありません。

医療脱毛は高い出力のレーザーを照射するので、強い痛みを感じることもあります。体調が万全でないときは、痛みを感じやすくなることもあるでしょう。

肌状態がよくないところに照射すれば、炎症やヤケドといったリスクを引き起こしかねません。

そのようなリスクを避けるためにも、脱毛前に注意しておきたいことがあります。

皮がめくれるくらいの日焼け

日焼けは紫外線を浴びることで肌表面にメラニン色素が沈着する状態をいいます。

医療レーザーはメラニン色素の黒色に反応するので、日焼けして生まれたメラニン色素にも反応します。
そうなるとヤケドのリスクが一気に高まってしまうため、脱毛時の日焼けはNGとされています。

ただし、日焼けの程度によっては照射可能です。

皮がめくれるくらいこんがりと焼けた肌は問題外ですが、ほんのりと色がついている程度であれば施術できる場合が多いでしょう。

レジーナクリニックでは、蓄熱式脱毛器のソプラノアイス(ダイオードレーザー)を導入しています。

ソプラノアイスはメラニンではなく、毛包そのものに反応します。そのため、日焼けした肌にも照射することが可能なんです。

確実な脱毛効果を期待するなら、日焼けしていない肌であることがベストです。脱毛期間中の日焼けはできるかぎり避けましょう。

・レジーナクリニックの脱毛器は日焼けした肌にも照射できる
・皮がめくれるくらいの日焼けには、気をつけよう

薬の服用は控える

どのクリニックでも、脱毛前の薬の服用は禁止されています。
薬によって肌が敏感になることで炎症や肌荒れを引き起こすリスクがあるからです。脱毛前の24時間は薬を服用しないようにしましょう。

抗生剤やステロイドはアレルギー反応を引き起こしやすいので注意してください。ステロイドを使用することで多毛化が起こる可能性もあります。

すべての薬がリスクをはらんでいるわけではありませんが、医療脱毛では安全を第一とします。予想外の肌トラブルを引き起こさないためにも、服用している薬がある場合は事前に相談しておきましょう。

制汗剤やボディクリームは前日・当日NG

よけいなものを肌に塗っていると、レーザーが肌の奥まで届かないことがあります。
制汗剤やボディクリーム、日焼け止めなどは脱毛前の肌にはNGです。成分によってはレーザーの照射によって炎症を起こしてしまうものもあるので気を付けてください。

前日だからといって安心して塗りたくることもおすすめできません。なかには次の日まで肌に残るようなボディクリームもあるでしょう。

お風呂上がりの肌はたっぷり潤いでケアしたいところですが、施術前日は我慢してください。
なにもつけない状態のすっぴん素肌で脱毛にのぞみましょう。

顔脱毛の場合はナチュラルメイクで

メイクをした状態の肌は毛穴や角質が塞がれているので、十分な脱毛効果を得ることができません。

レジーナクリニックの顔脱毛はメイクを落とした状態での施術となります。しっかりメイクでいくと化粧を落とすのも大変ですよね。
あまり時間をかけずスッとメイクを落とせるよう、ナチュラルメイクにしておきましょう。

メイク落としや洗顔料は用意されていますが、メイク道具は持参する必要があります。施術後にメイクして帰りたいという人は、メイク道具を忘れないようにしてくださいね。

ジェービングは無料でも自己処理は忘れずに

シェービング代が無料だからといって、なんの自己処理もせずにいくことはマナー違反です。
手の届かない部分は仕方ありませんが、自分でできる範囲であればしっかりとシェービングを行いましょう。

しっかりとした自己処理は、施術時間の短縮にもつながります。ひとりあたりの施術時間が短くなれば、そのぶん予約枠が増えることになります。

予約が取りやすいクリニックにするためにも、丁寧なシェービングを心掛けてくださいね。

関連記事

都内でおすすめの医療脱毛7選。東京でおすすめなのはどこ?

クレアクリニックのVIO脱毛の料金や効果は?気になる全てを紹介

高校生で脱毛はまだ早い?永久脱毛におすすめのクリニック3選

クレアクリニックのキャンセル方法。当日だとキャンセル料は?

医療脱毛で一回あたりの効果は?都度払いができる脱毛クリニック3選

妊婦の医療脱毛はOK?脱毛したら危ない?

医療脱毛とエステ脱毛の違いを比較。掛け持ちで両方は通えるの?

【腕の医療脱毛】おすすめクリニック5選|回数や効果で人気サロンを選ぼう

日焼けしてたら医療脱毛はダメ?どのくらいなら良いかを解説

医療脱毛の料金相場をご紹介。全身から各部位まで細かく調査してみた!