2018/12/30
医療脱毛

レジーナクリニックのキャンセルや予約変更はどうする?注意点も解説

レジーナクリニックに通っている方、通おうと思っている方の両方に知っておいてほしいのが、「キャンセルや予約変更」のことです。

予約を入れておいたとしても、いつ急にキャンセルや予約変更をしなければならない事態が起こるかわかりませんから、キャンセルや予約変更の方法は知っておくべきです。

今回は、レジーナクリニックのキャンセルや予約変更の方法、そして注意点について解説します。

レジーナクリニックのキャンセルや予約変更の方法


Webからキャンセルや予約変更ができるクリニックも多いのですが、レジーナクリニックの場合は、電話のみで受け付けています。

ご予約日の変更やキャンセルを行う場合は、ご予約したクリニックへのご連絡をお願いしております。 お手数ですが、お電話いただきその旨お伝え下さい。
(引用元:レジーナクリニック)

予約を入れていたクリニックに直接電話をし、キャンセルか予約変更を申し出てください。
全国に14あるレジーナクリニックの電話番号は、以下の通りです。

電話番号
札幌院 011-596-0956
上野院 03-6284-2336
池袋院 03-6903-1519
新宿院 03-6304-5867
表参道院 03-6418-1137
渋谷院 03-6427-0968
銀座五丁目院 03-6264-6150
町田院 042-785-4115
横浜院 045-594-9650
名古屋院 052-551-4650
大阪梅田院 06-6147-7590
梅田東院 06-6364-5580
心斎橋院 06-6258-6785
福岡博多天神院 092-406-6266

レジーナクリニックのキャンセルで気をつけること

レジーナクリニックでキャンセルする場合、気をつけなければいけないことがあります。

キャンセルや変更の期限とは

レジーナクリニックではキャンセル料はかからないものの、キャンセル・予約変更には期限があります。
その期限は「前日の20時まで」。
この期限を過ぎてしまうと、当日キャンセルと同じ扱いになり、当日キャンセルした場合と同じペナルティが発生します。
キャンセル料が発生しないからといって、期限を守らずにキャンセルや予約変更をすると大変なことになるので要注意です。

当日キャンセルの場合のペナルティ

当日キャンセルの場合、「回数消化」のペナルティが発生します。
仮に、5回コースで契約していて、1回だけ当日キャンセルしたとすると、4回しか施術を受けていないにも関わらず、5回分の料金はきっちりと取られてしまいます。
それほど大きな損失にならないプランもありますが、総額が10万円を超えるプランになると、かなり痛い損失になる可能性も。

【例】全身脱毛プランの損失

5回コースの料金 1回あたりの料金(当日キャンセルの損失)
全身脱毛ライト 189,000円 37,800円
全身脱毛ゴールド 273,000円 54,600円
全身脱毛プラチナ 369,000円 73,800円

もちろん、当日キャンセルを2回、3回…と繰り返すのも、かなり痛い損失になります。
基本的には当日キャンセルは避けるべきですが、やむを得ない場合は、回数消化を覚悟の上で当日キャンセルを入れてくださいね。

無断キャンセルはNG

当日に、無断キャンセルすることは、やめましょう。
無断キャンセルをしてもキャンセル料はかかりませんが、当日キャンセルと同じく回数消化のペナルティが発生します。
無断キャンセルとなると、回数消化のペナルティを被るのは当然のことですし、非常識な行為ですよね。
予約枠をキープしてくれている、クリニック側に迷惑がかかってしまうので、行けなくなった際は連絡を必ずしましょう。

生理になったときは?

レジーナクリニックは、生理中でもVIOとおしり以外の部位の脱毛は可能です。
なので、予約変更やキャンセルはせずに、そのまま施術を受けに行っても大丈夫。
ただ、生理中は痛みを感じやすかったり、肌トラブルを起こしやすかったりするので、できれば予約変更やキャンセルを入れるのがおすすめです。
ちなみに、生理中も予定通り脱毛を受けて、VIOとおしりの脱毛ができなかった場合、VIOとおしりだけは別日に改めて脱毛できますよ。

遅刻や剃り残しに注意


レジーナクリニックで脱毛を受ける場合、予約変更やキャンセルの方法も注意してほしいのですが、遅刻や剃り残しにも注意してほしいです。
まずは遅刻についてですが、遅刻をしても施術が受けられるかどうかのボーダーラインは「15分」です。

15分以内の遅刻であれば、残りの施術時間を使って施術が受けられます。

ただ、次の患者さんも控えているので、時間が来てしまえばそこで、その日の分は終了。

中途半端な施術になってしまいます。

15分以上の遅刻は、回数消化扱いになる可能性があります。

全身脱毛のように、施術時間を多く確保している状態であれば、残り時間でできる限り施術してもらうことはできますが、例えば

・両脇脱毛
・VIO脱毛
・顔脱毛

といった脱毛範囲が狭いプランだと、確保している施術時間も短いため、施術そのものが受けられなくなる可能性が高いです。

悪天候や交通機関の遅延などで予約した時間に遅刻しそうな場合は、早めにレジーナクリニックに連絡を入れましょう。

「ギリギリ間に合うかもしれない」という場合でも、間に合わなかった時のことを考えて、念のため連絡を入れておくとよいです。

そして、剃り残しについてですが、体勢的に自己処理が難しい部位は、レジーナクリニックのほうで無料で剃ってくれますが、自己処理が可能な部位に関しては、事前に自己処理してから行かなければなりません。

この、自己処理が可能な部位に剃り残しがあった場合は、そちらも無料で剃ってもらうことができます。

ただ、剃り残し部位を剃るのに時間を取られ、施術時間が短くなってしまう可能性があります。

つまり、施術が中途半端なまま、1回分を消化してしまうということです。

「後日改めて施術できなかった部位の施術を受ける」ということもできないので、自己処理が可能な部位はしっかりと自己処理をしてから行く必要があります。

レジーナクリニックのキャンセルは前日までに


今回は、レジーナクリニックのキャンセルや予約変更の方法、そして注意点について解説させていただきました。

レジーナクリニックのキャンセルや予約変更は、予約を入れたそれぞれのクリニックに電話をするだけでOKです。

ただ、前日20時までという期限があるので、この期限は守らなければなりません。

期限を守らないと、回数消化の痛いペナルティを被ることになってしまうので、くれぐれも気を付けてくださいね。

関連記事

レジーナクリニックのシェービングは無料!?脱毛前の準備を解説

フレイアクリニックの料金プランまとめ。どこよりも安いって本当?

医療脱毛とエステ脱毛の併用はおすすめ?メリットとデメリットとは

顔脱毛は医療脱毛がおすすめ!効果が出る回数と料金をご紹介

背中の医療脱毛おすすめ4選。安いクリニックやキャンペーンをご紹介

Iラインの医療脱毛でおすすめのクリニック5選!回数や痛みで人気サロンを比較

レジーナクリニックの分割払いについて。支払い方法を解説

医療脱毛のおすすめクリニック5選|永久脱毛ならここ!

レジーナクリニックの予約方法や変更の仕方。予約の取りやすさは?

安い医療脱毛おすすめクリニック5選。値段安く効率的に脱毛しよう