2019/03/11
脱毛サロン

脱毛サロンの契約はクーリングオフで解除できる!条件や方法を解説

脱毛サロンと契約したものの、

・勢いで契約してしまった
・勧誘に流されて契約してしまった

など、契約した後に後悔するケースも少なくありません。

そんな時に利用できるのが「クーリングオフ」という制度です。

今回は脱毛サロンのクーリングオフについて解説します。

クーリングオフって何?


「クーリングオフ」とは、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる、消費者を守るための制度です。

クーリングオフをすることで

・契約がはじめからなかったことになる
・商品は開封済み・未開封に関係なく返品できる
・払ったお金が全て戻ってくる

ということになります。
契約した後に後悔をした場合は、クーリングオフ制度を利用しましょう。
では、実際にどのようにして適用されるのかご紹介します。

脱毛サロンでのクーリングオフとは


まず、クーリングオフができる取引には、以下のような取引があります。

•訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス等を含む):8日間
•電話勧誘販売:8日間
•特定継続的役務提供(エステ、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間
•連鎖販売取引(マルチ商法):20日間
•業務提供誘引販売取引(内職商法、モニター商法等):20日間
•訪問購入(業者が消費者の自宅等を訪ねて、商品の買い取りを行うもの):8日間 ※法施行日(2013年2月21日)以降の契約が対象となります。
(引用元:独立行政法人国民生活センター)

脱毛サロンの場合、上から3番目の「特定継続的役務提供」に該当します。

つまり、契約から8日間以内であれば、無条件でクーリングオフをすることができます。

クーリングオフの適用条件

脱毛サロンの場合、

・契約期間が1か月を超える
・契約金額が5万円を超える

この2つが適用条件となります。

「脱毛サロンは通い続けなければならないサービスだから、問答無用で適用条件に当てはまるのでは?」と思うかもしれませんが、脱毛サロンでも契約プランによって、クーリングオフが適用されない場合があります。

それが、脱毛サロンの「月額制プラン」です。

月額制プランの場合は契約が1か月ごとになるので、残念ながらクーリングオフの適用条件には当てはまりません。

脱毛サロン『キレイモ』を例に挙げると、以下のようになります。

料金 クーリングオフできる
月額定額プラン スリムアップ全身脱毛:
月額9,500円
プレミアム美白脱毛:
月額12,800円
できない
・契約期間が1か月
・契約金額が5万円未満
パックプラン 6回:114,000円
12回:212,040円
できる
・契約期間が1か月を超える
・契約金額が5万円を超える

キレイモの場合、月額定額プランはクーリングオフができませんが、パックプランはクーリングオフができます。

クーリングオフ書面の書き方

脱毛サロンのクーリングオフは、書面で簡単にできます。
書面の書き方はいたってシンプル、「契約を解除したい」という内容を記載するだけです。

具体的には、以下のような内容を記載します。

①「契約解除通知書」(書面のタイトル)
②契約日 平成○年○月○日
③脱毛サロンの情報
・脱毛サロンの名前
・住所
・電話番号
・担当者名(不明な場合は無記入でOK)
④契約したコース・プランの名前(例:全身脱毛6回コース)
⑤契約金額
⑥「契約を解除する」という内容の文章
・上記の契約を解除いたします。
・契約を解除しますので通知いたします。
など
⑦平成○年○月○日(書面を送付した日付)
⑧契約者(自分)の情報
・住所
・氏名
⑨返金振込用の口座情報(例:○○銀行○○支店○○預金・口座番号○○○○)

便せんやハガキに手書きで書いても、パソコンで打って印刷しても、どちらでも構いません。

クーリングオフの注意点

①書面は必ずコピーを取っておく
「クーリングオフをした」という証拠を残すために、作成した書面は両面とも、
必ずコピーを取って保管しておきましょう。

②記録に残る形で送る

クーリングオフの書面は、作成して普通郵便で送っても問題はないのですが、

・内容証明郵便
・簡易書留

のいずれかを利用して、記録に残る形で送付するのが確実です。

簡易書留は、申し込みをした時間と配達状況を記録してくれる郵便方法、内容証明郵便は、いつ・誰が・どんな内容の書類を送付したのか郵便局が証明してくれる郵便方法です。
(引用元:あなたの弁護士)

 

料金の算出方法
内容証明郵便 基本料金+一般書留の加算料金+内容証明の加算料金(430円・2枚目以降は260円増)
簡易書留 基本料金・運賃+書留の加算料金(簡易書留は310円)

クーリングオフの書面を郵送する方法として1番おすすめなのは内容証明郵便なのですが、
内容証明郵便を利用したい場合、ハガキで作成した書面は利用できないので注意してください。

③クレジットカード払いの場合はカード会社にも送付する

クレジットカード払いを利用した場合は、「脱毛サロンに書面を送付したから終わり」ではありません。

支払いにカード会社も関わっているので、脱毛サロンに書面を送付するだけではなく、同時にクレジットカード会社にも送付するようにしましょう。

④電話でのクーリングオフは避ける

実はクーリングオフは、電話でも可能です。

ただ電話だと、録音したとしても目に見える形で証拠を残すことができず、トラブルに発展する可能性があります。

そのため、クーリングオフをする場合は、必ず書面で行うようにしましょう。

クーリングオフ期間が過ぎた場合

クーリングオフが可能な期間である「契約日から8日以内」を過ぎた場合は、無償での全額返金はできなくなります。
しかし「中途解約」という形で脱毛サロンを解約することができます。

中には、中途解約ができるようになるまでの期間に縛りがある(例:最低○か月の継続が条件)脱毛サロンもあるので、この点には注意しなければなりません。
中途解約できる条件を満たしている状態であれば、いつでも中途解約をすることができます。

中途解約での返金額

脱毛サロンを中途解約した場合の返金額は、「まだ施術を受けていない分の料金から解約手数料を引いた数」です。

1回あたりの料金=契約金額÷コースの施術回数
返金額=契約金額-(1回あたりの料金×施術を受けた回数)‐解約手数料

※解約手数料は、契約残金の10%か2万円のどちらか低いほう

★例
【契約金額】300,000円
【契約コース】全身脱毛6回コース
【解約するタイミング】3回目の施術後
【解約手数料】10%

1回あたりの料金:300,000円÷6回=50,000円
返金額:300,000円-(50,000円×3回)-15,000円=135,000円

脱毛サロン中途解約の例

解約タイミング 解約手数料 手続き方法
キレイモ 月額制⇒契約日から2か月後

回数制⇒1回施術を受けてから

スペシャルプラン⇒条件は特になし

月額制⇒2か月以上継続していればなし

回数制・スペシャルプラン⇒契約残金の10%か2万円のどちらか少ないほう

①電話での手続き
【電話番号】
0120-444-680
【受付時間】
11:00~20:00②店舗での手続き
銀座カラー いつでも解約可能 契約残金の10%か2万円のどちらか少ないほう

※新・全身脱毛コースは3か月以内全額返金保証

①電話での手続き
【電話番号】
0120-360-286
【受付時間】
平日12:00~21:00
土日祝10:00~19:00

②店舗での手続き
シースリー いつでも解約可能 契約残金の10%か2万円のどちらか少ないほう ①電話での手続き
【電話番号】
0120-762-090
【受付時間】
12:00~20:00
(定休日:毎週水曜日)
②店舗での手続き
ストラッシュ 契約期間内であればいつでも解約可能 契約残金の10%か2万円のどちらか少ないほう 電話での手続き
【電話番号】
0120-961-678
【受付時間】
11:00~21:00

いずれの場合も、店舗で解約手続きをする場合は

・印鑑
・契約書
・返金額の振込に使用する口座情報(通帳・キャッシュカード)
・クレジットカード(クレジットカード払いの場合)

といったものが必要になります。

突然店舗に出向くのではなく、事前に「解約手続きをしたい」と電話で伝えておきましょう。

また、1回も施術を受けていない場合は「2万円」が解約手数料となり、返金額から引かれるのですが、クーリングオフをしたほうが、解約手数料なしで全額返金されるのでおすすめです。

医療脱毛クリニックのクーリングオフについて

医療脱毛クリニックはこれまでクーリングオフ適用外でしたが、法改正により適用対象となりました。

2017年12月より改正され可能に

クーリングオフはもともと悪質な訪問販売や通信販売から消費者を守るために制定された制度です。医療脱毛は医療行為であることから、その対象とはなっていませんでした。

時代の流れにあわせ法律の内容もかわり、適用範囲も拡大されてきました。
そして2017年12月、特定商取引法の改正によりとうとう医療脱毛でもクーリングオフができるようになりました。

他の商品やサービスと同様に契約書面を交わした日から8日以内であれば、理由のいかんに関わらず契約を解除(クーリングオフ)できます。

医療脱毛クリニックの中途解約は?

医療脱毛ではクーリングオフと同様に中途解約もできませんでしたが、法改正以降は中途解約もできるようになりました。

ただし、2017年12月以降の契約が対象となるため、それ以前に契約しているプランは対象外となります。

大手クリニックなどでは独自に解約・返金制度を設けているところもあります。解約条件等はクリニックによって異なるので、該当する人は直接店舗に問い合わせてみてください。

2019年3月時点での中途解約にかかる手数料は次のとおりです。

クリニック名 解約手数料 返金の有無
レジーナクリニック 契約残額の20%(上限2万円) あり
リゼクリニック 50,000円または契約残額の20%に相当する額のいずれか低いほう あり
アリシアクリニック 無料 あり
湘南美容クリニック 無料 あり

解約手数料に対する考え方に違いはありますが、どのクリニックでも返金はしてもらえるので安心してください。返金額の算出方法はクリニックによって異なるので、中途解約を考えている人は店舗に直接確認してみてください。

クーリングオフは早めの行動を


脱毛サロンで契約した後も、無償で解除できるクーリングオフについてご紹介しました。

クーリングオフを利用して脱毛サロンをやめたい場合は、期間が決められているので、早めに行動して契約を解除しましょう。

関連記事

脱毛サロンでローン払いをするメリット・デメリット!審査が通らない人とは

ミュゼプラチナム小田原EPO店の口コミはいい?サロン情報・予約方法

福岡天神にはコロリーが2つあって予約が取りやすい!店舗情報・口コミまとめ

脱毛ラボのキャンペーン「15ヶ月無料」って本当?お得な情報を大公開

脱毛ラボの良い口コミと悪い口コミを紹介。脱毛ラボの評判は良いの?

ストラッシュの解約方法をご紹介。返金はあるの?

札幌にはコロリーが3店舗あってお得?店舗情報・口コミ総まとめ

安い・安心安全の全身脱毛サロン「コロリー」は沖縄にもある!サロン情報を総まとめ

ジェイエステの全身脱毛はオーダーメイド?口コミとともに紹介

銀座カラーは効果が高い?口コミやプラン内容で検証