2018/11/22
医療脱毛

医療脱毛が痛いって本当?部位ごとの痛みや対策をご紹介

医療脱毛を受けたいと思っているものの、「痛みが心配」という方も多いはず。

今回は、医療脱毛の痛みについて詳しく解説します。

医療脱毛は痛いって本当?


「医療脱毛は脱毛サロンの脱毛と比べると痛い」という話を聞いたことがありませんか?

医療脱毛が痛いというのは本当です。

なぜ医療脱毛は痛いのかというと、脱毛サロンとは使用している脱毛機器が違うからです。

医療機関ではエステサロンと違い、医療用のために開発された高性能な脱毛器を使用することができます。
脱毛とは、光線を毛根にある細胞組織に照射し、破壊することで新たな毛が生える機能自体を奪う行為なので、その際に照射する光線が強力であればあるほど、強い痛みも伴ってしまうのです。
(引用元:リゼクリニック)

この痛みは医療用レーザーによる強い熱エネルギーが、ムダ毛だけではなく、周辺の皮膚にまで伝わることが原因です。

By: 医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

脱毛サロンの脱毛は、この画像のように毛根部分を破壊するのではなく「ダメージを与えるだけの行為」になります。
そのため、「脱毛」ではなく「減毛・抑毛効果を得るもの」が脱毛サロンの脱毛方法。

また、その日のお肌の調子や体調、使用する脱毛機器によっても痛み方に差が出ます。

医療脱毛の痛みについての口コミ

痛みは、敏感な所は麻酔なしでギリギリ我慢できるくらいの痛さ、熱さで、それだけ効いてると思って耐えています。 料金は脇については無制限3400円なので、痛みが本当に嫌な人でなければ、サロンよりも断然得だと思います。
(引用元:みん評・湘南美容クリニックの口コミ)

以前、エステサロンで光脱毛をしたことがあったのですが、痛みはないかわり、効果が出にくく、結局事故処理しなければなりませんでした。アリシアはレーザー脱毛なので痛みに対して不安がありましたが、行った友人の話では、それほど痛くなかったということでした。それを聞いて自分も通おうと思いました。実際に施術を受けてみると、本当に思ったほどの痛さはなかったです。効果もすぐに感じられ、やはり医療脱毛にしてよかったと思っています。
(引用元:みん評・アリシアクリニックの口コミ)

さすがにサロンとは違って部位によっては顔に出るくらいの痛みはあります…けど本当に無理!!って感じの耐えれない痛みじゃないから大体の人なら大丈夫だと思う。
(引用元:みん評・クレアクリニックの口コミ)

医療脱毛の痛みに関する口コミを見てみると、多少の痛みを感じている人は多いですね。

痛みの感じ方には個人差があり、使用している脱毛機器によっても痛みの程度に違いがあります。
思ったほど痛みを感じなかった方もいれば、ギリギリ我慢できるくらいの痛みを感じた方もいるようです。

医療脱毛の部位ごとの痛み


痛みを感じる方が多い医療脱毛ですが、部位によっても痛みの程度が変わってきます。

というのも、痛みを感じやすい部位とそれほど感じない部位があるからです。

基本的に、

・皮膚が敏感
・皮膚が薄い
・骨に近い
・脂肪が少ない
・産毛がたくさん生えている

といった部位は、どうしても痛みが強くなりがちです。

医療脱毛の部位ごとの痛みを5段階で表すと、次の表のようになります。

※塗りつぶされている星の数が多いほど、痛みは強いです。

【顔】

眉周り ★★★★☆
鼻下 ★★★☆☆
★★★☆☆
あご ★★☆☆☆

 

【胴体】

★★☆☆☆
お腹 ★☆☆☆☆
うなじ・襟足 ★★★★☆
背中 ★☆☆☆☆
お尻 ★☆☆☆☆

【腕】

ワキ ★★★☆☆
ヒジ上 ★★☆☆☆
ヒジ下 ★★★☆☆
手の甲・指 ★★★☆☆

【脚(足)】

ヒザ上 ★★★☆☆
ヒザ下 ★★★☆☆
足の甲と指 ★★★☆☆

 

【VIO(デリケートゾーン)】

Vライン ★★★★★
 Iライン ★★★★★
Oライン ★★★★☆

 

こうして見ると、やはりVIOは「デリケートゾーン」というだけあって、痛みが強いようです。
他の部位はそれほど痛みを感じなくても、「VIOだけは痛かった」というケースも少なくないようです。

この痛みの5段階評価は、あくまでも目安です。

その日のお肌の状態や体調、そして使用する脱毛機器によっても変わってくるので、1つの「目安」として覚えておいてください。

医療脱毛の痛みを和らげたい

脱毛サロンの脱毛よりも効果が高いとはいえ、やはり痛いと通うのが苦痛になってしまう可能性もありますよね。
では、医療脱毛の痛みを和らげるにはどうすれば良いのでしょうか?

1. 麻酔で対応してもらう

医療脱毛は医療行為ですし、クリニックには医師が常駐していますから、麻酔を使って痛みを和らげてもらうことができます。
女性の医療脱毛で主に使用されているのは、

・笑気ガス(笑気麻酔・ガス麻酔)
・麻酔クリーム(皮膚麻酔)

の2つです。

笑気ガスとは

ガスタイプの麻酔で、特殊な機械で吸入して使用します。吸入すると次第にお酒に酔ったような“ほわ~ん”とした状態になることによって、痛みに対する不安を感じなくなり、痛みそのものも感じにくくなります。
(引用元:リゼクリニック)

麻酔クリームとは

照射範囲に塗布する麻酔です。塗布してから30分経過しないと効果が現れませんので、ご使用の際には事前にお申し付けください。
(引用元:リゼクリニック)

笑気ガスは全身脱毛、麻酔クリームは部分脱毛で使用される場合が多いです。

麻酔を使ってもらったからと言って、完全に痛みがなくなるとは限らないのですが、
麻酔によってリラックスした気持ちで施術が受けられるようになります。

麻酔を使ってもらった場合、基本的にはその分料金が上乗せされる形になりますが、麻酔の料金を負担しなくても良いクリニックもあります。

麻酔で痛みを和らげたい場合は、麻酔を使ってもらった場合にかかる料金も把握しておきましょう。

2. 保湿をきちんとする

これは脱毛サロンの脱毛に関しても言えることなのですが、肌が乾燥した状態で脱毛を受けると、痛みを感じやすくなります。

お肌が乾燥していると、肌を守るためのバリアがなくなって敏感になり、痛みを感じやすくなってしまいます。
乾燥している肌というのは、細胞同士のクッションともなるべき水分が足りていない状態です。そこに脱毛レーザーの熱を受けると、熱を吸収してくれる水分が少ないため、萎縮していた皮膚の細胞へダイレクトにダメージが加わってしまいます。
(引用元:メアリクリニック)

つまり、医療脱毛の痛みを和らげるためには、保湿をきちんとすることが重要になってきます。
当日は肌に何もつけない状態でクリニックへ行かなければならないため、当日は何も塗ることはできませんが、
普段から保湿クリームを使って肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

3. 肌や毛質に合った脱毛機器を選んでもらう

医療脱毛に使われる脱毛機器は、主に3種類あります。

主な脱毛機器名
ダイオードレーザー ・ライトシェアデュエット
・メディオスター
・ソプラノアイスプラチナム
アレキサンドライトレーザー ・ジェントルレーズ
・ジェントルレーズプロ
YAGレーザー(ヤグレーザー) ・ロングパルスYAGレーザー
・ジェントルYAG
・エリートプラス

 

どれも同じ医療用レーザー脱毛器ですが、それぞれ特徴があります。

やはり、肌や毛質に合った脱毛機器を選んでもらうことで、脱毛効果を高めることができる上に、痛みを和らげることもできます。
そういった意味では、複数の脱毛機器を完備しているクリニックを選ぶのがおすすめです。

また、先ほどご紹介した3種類の脱毛機器の中では、ダイオードレーザーが一番痛みが少ないです。
クリニックを選ぶ基準として、脱毛機器にも一度、注目してみましょう。

医療脱毛の痛みは通うごとに和らぐ


今回は、医療脱毛の痛みについて解説させていただきました。

医療脱毛は確かに痛みを感じやすいのですが、部位によっても感じ方が変わり、その日の肌の状態や体調でも変わってきます。

また、痛みを和らげることもできるので、それほど恐れるものではありません。

そして、徐々にムダ毛が減ってくると、同時に痛みも和らいでくるため、基本的に「痛みを感じるのは最初のうちだけ」と思っていて大丈夫ですよ。

関連記事

医療脱毛における副作用について!知っておくべき知識とは

クレアクリニックの口コミまとめ。医療脱毛の評判とは

Iラインの医療脱毛でおすすめのクリニック5選!回数や痛みで人気サロンを比較

顔脱毛は医療脱毛がおすすめ!効果が出る回数と料金をご紹介

医療脱毛の回数無制限プランがすごい!通い放題のクリニック紹介

医療脱毛は何歳から大丈夫?永久脱毛の年齢制限とは

医療脱毛もクーリングオフができる!条件や方法をご紹介

医療脱毛とエステ脱毛の違いを比較。掛け持ちで両方は通えるの?

月額制で通える医療脱毛クリニック3選。全身から各部位まで安いクリニックを紹介

医療脱毛をしたいけどピルを服用中…体への影響や気をつけること