2018/11/26
脱毛ラボ

脱毛ラボは痛くないって本当?その理由を大公開

脱毛ラボは脱毛時の痛みが少ないサロンとして知られています。
どうして脱毛ラボの脱毛は痛みが少ないと言われているのでしょうか。
それには理由があります。

「脱毛ラボで脱毛したいけど、痛みが不安…」そんな方のために、脱毛ラボの脱毛が本当に痛くないのかをご紹介します。
ぜひ、脱毛を始める前の参考にしてくださいね。

脱毛ラボの脱毛って痛いの?


脱毛ラボの脱毛って痛くないって本当でしょうか。その理由は、脱毛機器にあります。

脱毛ラボの光脱毛で使用する脱毛マシンは、S.S.C.方式というイタリアのDEKA社が開発したスムース・コントロール・メソッドを採用しています。
エステサロンや脱毛サロンの美容ライト脱毛(光脱毛)では、IPL(キセノンランプ)を光源として使用しており、毛根にダメージを与えて脱毛しています。
これらのIPL脱毛では脱毛時の痛みも強く、レーザー脱毛のような高い脱毛効果が得られないのが現状でした。

そこで、開発されたのがS.S.C.方式の脱毛マシンです。S.S.C.方式では光源に痛みの少ないクリプトンライトを使い、脱毛施術前に脱毛部位にジェルを塗ってから毛穴全体に光エネルギーを照射します。
このジェルには痛みを抑える働きと、美肌成分も含まれています。さらに、このジェル最大の特長は、ジェルビーンズという抑毛効果がある青い粒が含まれており、光エネルギーを照射すると青い粒が反応して毛穴に浸透。
普通のIPL脱毛では届きにくい奥深くの毛根に対して脱毛効果を発揮します。

現在では、ジェルの改良が進み、毛根とバルジ領域両方にダメージを与え高い脱毛効果が期待でき、毎月の脱毛施術が可能になりました。
また、光エネルギーが直接毛根を破壊することではないので、敏感肌の人にも安心して脱毛施術が受けられます。
このため、S.S.C.方式は多くの大手脱毛サロンや大手エステチェーンで採用されている脱毛方式になります。

脱毛の痛みを感じやすい人の特徴

上で紹介したように、脱毛ラボで採用するS.S.C.方式の脱毛マシンは痛みの少ない脱毛マシンです。
しかし、痛みには個人差もあり体調に左右されたりします。脱毛ラボの脱毛施術に限らず、痛みを感じやすい方の特徴は下記のような人です。

日焼けしている人

ジェルの反応を利用しているので、通常のIPL脱毛とは違いメラニン色素の反応は軽減されています。
しかし、光脱毛マシンは基本的にはメラニン色素の反応を利用しているので、肌の色が黒や茶色に近いと反応してしまい痛みが出やすいです。

毛量が多い・丈夫な人

毛量が多く、毛根が根深いムダ毛が丈夫な方は、細く薄い毛の人に比べて熱エネルギーを吸収しやすいです。
脱毛の光による熱エネルギーを吸収しやすいということは、強い熱を感じるため、痛みやすくなります。

敏感肌の人

生れながらの真性の敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方は、脱毛施術自体が困難な方もいて、主治医に相談してからでないと脱毛施術が受けられないケースもあります。
ここで注意が必要なのは、生れながらの真性の敏感肌の方というのは、アレルギー体質で日光に数分あたっただけでも肌が炎症を起こしたり、バンソウコウや包帯でもカブレてしまうような、特殊なアレルギー体質の方です。

また、日本人女性の多くが敏感肌と感じているようですが、生理による肌の揺らぎや冬の空気の乾燥によるお肌の乾燥は敏感肌ではありません。
しかし、空気が乾燥する冬はお肌も乾燥してガサガサになって肌が敏感になります。

脱毛ラボでも痛みを感じやすい部位は?

同じ脱毛サロンで同じ脱毛機器を使っていても、部位によって感じる痛み方は違います。
特に一般的に痛みを感じやすいと言われているのは、VIO・ワキ・ひざ下のすねです。

どうして痛みを感じやすいのか、解説いたします。

VIO

VIO(陰毛)は太くて濃い毛が密集している部位ですよね。
そのため、熱エネルギーを吸収しやすく痛みを感じやすいです。
ブラジリアンワックスでビキニラインのワックス脱毛に慣れている女性は、痛みにも慣れており脱毛ラボのS.S.C.方式なら痛みは少なく感じるでしょう。
しかし、ブラジリアンワックスの経験がない方は、最初のVIO脱毛施術は他の部位と比べると痛みを伴います。

ワキ

ワキは、思春期を迎える頃に新たに生えてくる「性毛」と呼ばれる毛です。性毛の特徴としては、他の部位の毛よりも太くて濃いということ。
つまり、ワキもVIOと同様に痛みを感じやすいです。しかし、脱毛効果が感じやすい部位でもあります。

ひざ下(すね)

ひざ下の特にすねはの部分は、脂肪が少ないため痛みをダイレクトに感じやすいです。
また、思春期からすね毛の処理をしている方が多く、毛が太くなっている場合も多いです。これがひざ下(すね)の脱毛で痛みが出やすい原因です。

脱毛の痛みの対処法


脱毛時に、痛みを感じたら我慢する必要はありません。
我慢し続けて脱毛を続けると、皮膚のトラブルなどを招きかねません。

では、脱毛の最中に強い痛みを感じた時の対処法をご紹介します。

スタッフに声をかける

脱毛部位以外にもお肌に不安がある時は、事前にスタッフに相談しましょう。
また、脱毛施術中に通常にない痛みを感じたら我慢せず直ちにスタッフに声をかけましょう。
スタッフはジェルを多めに塗ったり、エネルギー出力を下げたり対応してくれます。
肌トラブルや毛穴トラブルに繋げないためにも、何かあったらスタッフに声をかける習慣を身につけておきましょう。

回数を重ねるごとに痛みは軽減

脱毛時の痛みは、脱毛マシンの性能や脱毛部位や個人差によっても異なります。
しかし、脱毛施術は回数を重ねるごとに痛みは軽減していくのが通常です。
痛みに慣れてくるという理由も一つにありますが、脱毛を繰り返していると毛はどんどん薄く・少なくなってきます。
そのため、毛が太く濃い部位が痛いのと逆で、痛みが減ってくるというわけです。
自己処理が楽になってくる頃には、脱毛時の痛みは楽になっていますよ。

きちんとした自己処理が痛みを減らす

脱毛ラボで施術を受ける前の自己処理のシェービングが不十分でムダ毛が伸びていると、ムダ毛に光エネルギーが反応してしまい痛みが出る可能性があります。
脱毛施術前にはキチンと自己処理のシェービングを済ませてから来店しましょう。また、脱毛施術後の自宅に帰ってからのアフターケアもきちんと行うことが大切。
乾燥していると、脱毛をするときに痛みを感じやすくなってしまいます。
脱毛をした後は、肌がダメージを受けているので入念に保湿をしてあげてください。
 

脱毛ラボは痛みの少ないサロン

脱毛ラボで採用するS.S.C.方式のスムース・コントロール・メソッドは、脱毛時の痛みが少ない脱毛方式です。
さらに、施術前に塗るジェルは痛みを軽減して、美肌効果も期待できる特殊なジェルです。
また、現在は脱毛マシンの進化とジェルの改良も進み、最短2週間に1度の脱毛施術が受けられるようになりました。
脱毛ラボは脱毛施術時の痛みが少なく、短期間に全身脱毛が完了する脱毛サロンです。
脱毛が初めての方でも、安心して始めることができますよ。

関連記事

脱毛ラボの解約方法とは。気になる返金額も大公開

脱毛ラボは勧誘されるの?もしもの時の断り方や口コミを大公開

脱毛ラボはシェービング代が必要?脱毛前に気をつけること

脱毛ラボのキャンペーン「15ヶ月無料」って本当?お得な情報を大公開

脱毛ラボって生理中でも脱毛できる?キャンセルや繰り越しを解説

脱毛ラボの良い口コミと悪い口コミを紹介。脱毛ラボの評判は良いの?

脱毛ラボの料金って?全プランの料金を解説

脱毛ラボのキャンセル方法を解説。当日キャンセルはペナルティ?

脱毛ラボで未成年が脱毛する方法やおすすめ理由をご紹介

脱毛ラボって効果ないの?効果が出る回数や期間を解説