2018/10/12
シースリー

シースリーはキャンセルしたらペナルティ?当日キャンセルなどについても解説

シースリーは、脱毛サロンの中で唯一「永久保証」を設けている、今人気急上昇中の脱毛サロンです。

そんなシースリーでせっかく予約が取れたのに、「当日に急な用事ができてしまった」「予約日と生理が重なりそうだ」など、さまざまな理由で予約をキャンセルせざるを得ない時があるかもしれません。

いざ予約をキャンセルしたい時がきても困ることがないように、シースリーのキャンセル規定についてはしっかり把握しておきたいところです。

今回は、ペナルティや予約の変更方法、いつまでに連絡をすべきかなど、シースリーのキャンセルについて詳しくご紹介していきましょう。

シースリーのキャンセル規定って?

どの脱毛サロンに通ったとしても、キャンセルについての規定は必ず設定されています。「〇日前までのキャンセルなら可」「キャンセルした場合は〇〇円の罰金が発生」など、さまざまな規定があるかと思います。

もちろんシースリーでも、キャンセルに対する規定はしっかりと設けられています。しかし公式ホームページを見ても、キャンセル規定については詳しく記載されていません。そのことで不安を感じる方もおられるでしょう。

これからご紹介する情報をしっかりと覚え、いざという時にも迅速に対応できるようにしましょう。

シースリーのキャンセル・予約の変更方法

シースリーで予約の変更・キャンセルをしたいときは、3つの中からお好きな方法を選ぶことができます。ひとつずつ見ていきましょう。

【方法その1:店舗で直接変更する】

もっとも手間のかかるやり方ですが、1番わかりやすく安心感が高い方法といえるでしょう。通っている店舗に来店し、カウンターで予約変更・キャンセルを申し出るのです。

直接会って手続きができるため、変更内容を間違えられることもありません。通っている店舗が近くにある方・通いやすい場所にある方などには良い方法かもしれません。

【方法その2:電話で変更する】

受付時間や定休日が存在するためできる時間は限られますが、シースリーが推奨するのが、この電話での手続きです。

通っている店舗に直接電話をし、予約変更・キャンセルを申し出ましょう。もしこの時電話に出てもらうことができなくとも、以下の内容を留守番電話に録音しておくことで、対応してもらうことができます。

  • 名前
  • 会員番号
  • 変更内容

また「留守電に登録しておくだけじゃ不安」「店舗じゃ繋がりにくくて手間がかかる」そんな場合は、「お客様コールセンター」にかけることでも変更できます。

  • お客様専用コールセンター:0800-888-4315
  • 受付時間:12:00~21:00
  • 定休日:毎週水曜日・第2火曜日

この時も会員番号等は必要になりますので、あらかじめ手元に用意してから、電話をかけるようにしましょう。

【方法その3:ネットで変更する】

シースリーと契約すると、会員専用サイト「どこでも予約」が使用できるようになります。こちらのサイト内でも、予約変更・キャンセルの手続きをすることが可能です。

24時間いつでも受け付けてくれていますので、忙しくて時間が作りにくい方や、予約変更・キャンセルをしなきゃいけないとわかった時点ですぐに手続きをしたい方にはおすすめの方法です。

ただしネット回線が混雑していたり不安定だったりすることで、反映までにタイムロスが生じることがあります。「予約時間が迫っている」など時間に余裕がない時は、ネットではなく電話で変更を申し出るようにしましょう。

シースリーはいつまでにキャンセルすれば大丈夫?

シースリーのキャンセル規定には、どこの脱毛サロンよりも優れている点があります。それが「キャンセルを受け付けてくれるタイミング」です。

多くのサロンでは「〇日前まで」「前日まで」など制約がありますが、シースリーでは予約の1分前までキャンセルを受け付けてくれるのです。

そのため「予約30分前に予定が入った」などギリギリの変更希望があったとしても、シースリーであれば柔軟に受け付けてくれます。

ただし本当に1分前などのタイミングでキャンセル手続きをしたいのであれば、電話で変更を申し出ましょう。ネットではタイムラグがあるため、ギリギリの手続きには対応できないことがあります。

シースリーを当日キャンセルしたらペナルティ?

驚く女性

「キャンセルを1分前まで受け付けてくれる」という大きなメリットがあるシースリーですが、気になるのがペナルティについてです。

いくら1分前までキャンセルOKだとしても、それで罰金が生じたりしてしまえば、あまり大きなメリットとは言えません。

しかしご安心ください。シースリーでは、1分前でも確実にキャンセルの連絡をしたならば、一切のペナルティは発生しません。だからこそ、大きなメリットといえるのです。

予約時間を1分でも過ぎた場合はペナルティが発生

1分前でも、きちんと連絡さえすればペナルティが発生することはありません。ただし予約時間を1分でも過ぎてしまえば、ペナルティは発生してしまいます。

  • 回数無制限パックの場合:3,000円の罰金
  • 回数パックの場合:1回分を消化

このようなペナルティが課せられてしまいます。

シースリーのキャンセル規定で覚えておいて欲しいのは、以下の3つです。

  • シースリーには3つのキャンセル方法がある:来店・電話・ネット
  • キャンセルは1分前まで可能
  • 1分でも過ぎればペナルティが発生:無制限パックで3,000円の罰金・回数パックで1回分の消化

この3つをしっかりと覚え、ペナルティを発生させることなく、忘れずにキャンセルの連絡をするようにしましょう。

関連記事

シースリーの9ヶ月無料って?結局、総額いくらかかるかを調査

シースリーの「9ヶ月無料プラン」ってどんなシステム?値引き?それとも後払い?通う回数や施術箇所によって変わるシースリーでの全身脱毛、その総額料金を一挙公開!

シースリーのシェービング代って?自己処理はどこまでやれば良いの?

脱毛サロンを選ぶ時に、シェービング代がかかるかどうかは気になるポイントですよね。この記事では、脱毛サロン「シースリー」のシェービングサービスについて、そして事前に自己処理をして行く時の注意事項や詳しい方法などを解説していきます。

シースリーの支払い方法を全てご紹介。ローン審査やクレカ決済の方法

安くて脱毛範囲も広い人気の脱毛サロン「シースリー」。このシースリーの支払い方法について細かく解説しています。現金やクレジットカードによる支払い方法の紹介やショッピングローンの審査の攻略法、割引キャンペーンの紹介もあります。

シースリーの勧誘がひどいのは本当?無料カウンセリングの実態を調査

全国に80店舗以上を展開する人気の脱毛サロンシースリー。しかし「勧誘がひどい」という噂を聞いたことはないでしょうか。今回は、本当にシースリーでは勧誘があるのかどうか、無料カウンセリング時や契約後まで詳しく調べてみました。

シースリーは未成年でも通える?学割プランはあるの?

手頃な料金で脱毛が受けられる時代になりましたが、シースリーは未成年でも通うことができるのでしょうか?こちらのページでは、未成年でもシースリーに通うことができるのか、そして同意書等が必要なのかどうかについて解説しています。