2019/01/11
シースリー

シースリーはどうやって解約するの?手数料は取られる?

「他社の脱毛サロンに通いたい」「スタッフの雰囲気が悪くもう通いたくない」さまざまな理由で、シースリーとの契約を解約したいと感じることがあるでしょう。

このときまず気になるのは、手続き方法だと思います。しかしそれ以上に、返金額や違約金の有無など、お金にまつわる疑問や不安の方が大きいのでは?

そこで今回はシースリーの解約方法として、手順はもちろん、手数料・違約金・返金などお金に関することまで、詳しくご紹介していきましょう。

シースリーの解約は
どのように進めるの?

シースリーは電話で解約可能

「店舗で直接言うのは気まずい」という方も多いでしょう。しかしシースリーでは、誰とも会わず、電話のみで解約することが可能です。

契約を解約したいときは、下記の電話番号にかけましょう。またその際は受付時間や定休日にも気をつけてくださいね。

  • 電話番号:0120-762-090
  • 受付時間:12:00~20:00
  • 定休日:毎週水曜日

シースリーの解約手順

「シースリーでの契約を解約したいです」という旨を伝える電話をしても、その場で解約手続きが終了するわけではありません。

後日シースリーから電話連絡がきますので、その時に解約手続きを終えることができます。

  1. ・電話で解約したい旨を連絡
  2. ・後日電話連絡が来るのでそこで解約完了

店舗で直接解約も可能
シースリーでは店舗で解約手続きをすることも可能です。

まずは通っている店舗に、「解約をしたい」ということを伝えてから来店しましょう。

またその際は、下記の3つを持参するのを忘れないでくださいね。これを忘れると、せっかく来店しても解約手続きをすることはできません。

  • ・印鑑
  • ・口座情報がわかるもの(通帳やカードなど)
  • ・クレジットカードの情報がわかるもの(クレジット決済をした場合のみです)

シースリーを解約したら
手数料・違約金は発生する?

シースリーで解約をすると、特別な違約金が発生することはありませんが、解約手数料は必ずかかります。

この解約手数料は、契約したコースや、施術を何度受けているかでも変わります。しかし「最大で2万円かかる」と覚えて間違いありません。

施術を1度も受けていない場合 2万円
施術を受けた場合 ①2万円②契約残金の10%:どちらか低い方

この「契約残額」とは、すでにお金を支払ってはいるものの、まだ施術を受けていない分のことを言います。

契約残額は、以下の式で求めることができます。

  • 支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)=契約残金

例:Aエリアで総額290,000円の契約をした場合
シースリーは地域によって料金が異なりますが、例えばAエリアで総額290,000円の契約をしたとしましょう。このとき1回だけ施術を受けたとします。この場合1回あたりの料金は72,500円です。

  • 支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)=契約残金
  • 290,000円-(72,500円×1)=217,500円

217,500円が契約残金ですが、この10%となると21,750円になりますよね。すると「2万円」の方が安くなりますので、この時の解約手数料は2万円になります。

シースリーの解約後は返金される?

シースリーで解約した場合、返金額は以下のような計算式で算出されることになります。

  • 支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)-解約金=返金額

詳しく計算してみましょう。

例:Aエリアで総額290,000円の契約をした場合
先ほどの例にも出した、「Aエリアで290,000円の契約・1回施術後」の場合です。

  • 支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)-解約金=返金額
  • 290,000円-(72,500円×1)-20,000円=197,500円

このように29万円支払って1回施術を受けることで、返金額は10万円近く下がってしまうのです。

契約から8日以内なら
クーリングオフができる


クーリングオフとは、消費者側から一方的に無条件で契約を解除することができる消費者保護のための制度です。

クーリングオフには「一定の期間内での申請」という条件が設けられています。

シースリーの脱毛契約へのクーリングオフ申請期間は、「契約書を受領した日から8日以内」です。
契約を結んで8日以内であれば、こちらから無条件で一方的に脱毛契約を解除することができます。

また、シースリーの場合、クーリングオフが適用される脱毛契約にも条件があります。

それは「契約期間1ヶ月以上」で「契約金額5万円以上」の脱毛契約であることです。この条件以外の契約にはクーリングオフは適用されませんので、その点は注意しておくようにしましょう。

・契約から8日以内であること
・契約期間が1ヶ月以上であること
・契約金額が5万円以上であること

脱毛サロンのクーリングオフについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シースリーの返金額は
施術回数で変わる


シースリーでは契約を解除した場合、契約残額から解約金を引いた分が返金されます。

上でもご紹介しましたが、契約残額とは、支払った契約金のうちサービス(脱毛施術)を受けていない残りの金額のことです。シースリーでは契約残額の10%、または上限2万円を解約金としています。

この契約残額はサービスを受けた分、つまり脱毛施術を受けた分の金額が引かれた残りですので、解約手続きまでに脱毛施術を何回受けたのかで返金額が変化します。

つまり、施術回数によっては、返金額がかなり少なくなることもあるのです。

4回の施術で返金がなくなることも!?

シースリーの返金額の計算式は「支払総額-(1回あたりの料金×利用回数)-解約金」です。

脱毛施術を1回も受けずにコースを解約した場合、返金額は、支払った契約金から解約金2万円を引いた分がそっくりそのまま返ってきます。

ただし、脱毛施術をすでに何回か行っている場合は、施術回数が多ければ多いほど、返金額が少なくなります。

そして、シースリーの1回分の施術料金の定価は、コース総額の約4分の1の金額に設定されています。

つまり、4回以上の脱毛施術をすでに消化してしまっている場合、解約しても返金額はほとんどなく、選んだコースによっては返金0円となってしまうこともあるのです。

4回以上の施術をすでに消化してしまっているのであれば、よほどの理由がない限り、解約しない方がよいでしょう。

シースリーの解約まとめ


シースリーの解約は、電話による解約も、店舗での解約もどちらにも対応しています。

また、シースリーはクーリングオフにも対応していますので、契約から8日以内であれば無条件で一方的に解約することができます。「実際に脱毛をやってみたら痛かった」「カウンセリングだけのつもりだったのについ契約してしまった」という人は、クーリングオフを利用すると便利です。

解約した際の返金額は、契約後の消化した施術回数によります。4回以内の消化であればいくらか戻ってきますが、4回以上であれば返金はされないことの方が多いです。

この「4回以上の消化は返金額がない」という点だけは、しっかりと憶えておきましょう。

関連記事

シースリーのシェービング代って?自己処理はどこまでやれば良いの?

シースリーの支払い方法を全てご紹介。ローン審査やクレカ決済の方法

シースリーのキャンペーン情報をご紹介。お得な会員特典を大公開

シースリーのVIO脱毛は痛い?口コミなどを調査

シースリーの顔脱毛の範囲って?化粧してても大丈夫?

シースリーの口コミまとめ。評判が悪いって本当?

シースリーの永久保証って本当に永久。実態を調査してみた

シースリーのカウンセリング内容|勧誘がひどいって本当?

シースリーで部分脱毛が出来るの?

シースリーは未成年でも通える?学割プランはあるの?