2018/10/12
脱毛サロン

脱毛サロンで導入されている機械の違いは?1番効率的なのはどこなの?

脱毛施術は、採用する脱毛マシンと脱毛方式の違いによって脱毛効果が大きく左右されます。医療脱毛で使用するレーザー脱毛マシンとエステサロンや脱毛サロンで使用する光脱毛マシンでは光エンルギーの出力が大きく違います。

また、エステや脱毛サロンで使用する脱毛マシンもサロンによって脱毛方式が異なります。今回は、サロンの脱毛マシンの脱毛方式の違いと脱毛効果&脱毛効率について紹介します。

そもそも、脱毛サロンごとで機械は違うの?

現在、エステサロンや脱毛サロンで使用されている脱毛マシンは、大きく分けて二つになります。従来からある光エネルギーを毛穴に向かって照射して、毛根にダメージを与えて脱毛効果を上げている機械と毛穴の中のバルジ領域という立毛筋に繋がった組織にダメージを与えて脱毛効果を上げる機械です。

毛根にダメージを与える脱毛マシンの代表がIPL方式とSSC方式、バルジ領域をターゲットにしている脱毛マシンの代表がSHR方式です。それぞれの方式の違いを解説します。

IPL方式

光エネルギーを使った脱毛マシンが日本で普及し始めた時に、レーザー光はエネルギー出力が高い為に、医師が扱う医療機器に該当します。

この事により医療施設ではないエステサロンや脱毛サロンでは、医療レーザー脱毛器の使用は法的に認められませんでした。このため、より弱い光エネルギーであるIPL(インテンスパルスライト)を光源に使用した脱毛器がエステや脱毛サロンで普及しました。

IPLとはキセノンランプのことで、フラッシュランプなどに使用されるランプで、元は塗料を剥がす時に使用されていたものを、イスラエルの企業が美容マシンに応用したものです。

脱毛方式としては、医療レーザー脱毛マシンと同様で、毛穴に向かって光エネルギーを照射して、毛根のメラニン色素の反応を利用して、毛根にダメージを与えて脱毛効果を上げます。

このため、脱毛施術は毛周期に合わせた2~3ヶ月に1度の照射になり、脱毛施術完了までの期間が長くまります。

レーザー脱毛マシンより光エネルギーの出力が弱いために、脱毛施術時の痛みはマイルドですが、現在サロンで使用されている、他の脱毛方式の機械と比べると痛みは強く出ます。

どんな方におすすめ?
現在は、旧式の脱毛マシンになりつつありますので、脱毛料金のディスカウントが期待出来ます。多少痛くても安く脱毛を済ませたい方におすすめです。

また、サロンで使用する脱毛マシンの中では毛根をターゲットにしている為、脱毛効果は標準以上に期待できます。ムダ毛が比較的濃く太めの方におすすめの脱毛方式になります。

SSC方式

イタリアのDEKA社が開発したスムース・スキン・コントロール・メソッドによる脱毛マシンがSSC方式です。IPL同様に弱いエネルギー出力であるクリプトンライトを光源に使用している脱毛マシンです。

メラニン色素の反応を利用して毛根にダメージを与えるIPL方式とは異なり、光照射の前に抑毛&美肌成分を含んだ専用ジェルを施術部位に塗布して毛穴に浸透させてから、毛穴全体に光照射してジェルの抑毛成分の反応を利用して脱毛効果を上げていました。

従来は毛根にもダメージを与えて脱毛する方式でしたが、元々毛穴全体をターゲットにしていたので、バルジ領域にもダメージを与える方式に進化しました。

この事により、以前は2~3ヶ月に1度の照射でしたが、現在は毎月の脱毛施術が可能になりました。脱毛時の痛みの点では、専用ジェルの効果と冷却機能でIPL方式より痛みはマイルドになっております。

どんな方におすすめ?

大手脱毛サロンで多く採用されているのがSSC方式です。大手サロンならアクセスに便利なところにあるので、毎月通えて早く脱毛が完了できます。脱毛料金も大手サロンのキャンペーンを利用すれば、格安の脱毛料金で脱毛出来るかもしれません。

また、脱毛時の痛みはマイルドな為、痛みに弱く美肌をキープしながら脱毛したい方に特におすすめです。

SHR方式

上で紹介した、毛穴の中にあるバルジ領域をターゲットにした最新の脱毛方式がSHR方式の脱毛マシンです。従来の毛根を破壊するタイプの脱毛マシンとは違い、弱い光エネルギーを連射して蓄熱させながら脱毛します。

瞬間的に連射して大口径の脱毛ヘッドをスライドさせながら照射するので、照射漏れのリスクも少なく脱毛時の痛みも殆どありません。

さらに、メラニン色素の反応にあまり左右されず脱毛可能な為、日焼け跡やホクロやアザに生えたムダ毛、白髪、金髪、産毛といった、毛質や毛色、肌の色を選ばず脱毛可能になりました。

また、毛周期に左右されることなく脱毛施術が可能で、最短で2週間から1ヶ月に1度の脱毛施術が受けられます。SHR方式(蓄熱方式)は、光源としてレーザー光、IPL両方採用可能で、クリニックの最新レーザー脱毛マシンと脱毛サロンやエステサロンの光脱毛マシンとして現在、全国のクリニックやサロンにSHR方式の脱毛マシンの導入が進んでおります。

どんな方におすすめ?

顔の脱毛やムダ毛が細い産毛の脱毛をしたい方に、おすすめなのがSHR方式の脱毛マシンです。中小チェーンや個人サロンを中心に導入が進んでおり、ご近所のサロンでもSHR方式の脱毛マシンが導入されているかもしれませんね。 また、サロンのSHR美容マシンは、脱毛以外にもスキンケアや痩身効果も期待出来る複合美容マシンもあります。一つサロンでトータルケアがしたい方におすすめです。

IPL方式を採用している脱毛サロン

シースリー

シースリーで使用する脱毛マシンは、C3-GTRという日本製のIPL脱毛マシンを使用しています。従来のIPL脱毛マシンは、毛穴に向かってワンショットづつ単発で光照射していたので照射漏れの心配もあり、全身に照射するには2時間以上必要でした。また、全身脱毛の施術では上半身と下半身というように、照射を2回に分けて脱毛施術を行っていました。

シースリーで使用する新しいIPL方式のC3-GTRは、ハンドピースをスライドながら連続照射するので、全身脱毛の施術時間が1回45分で完了します。また、C3-GTRは顔脱毛の施術時はフェイシャルトリートメント効果を得ながら脱毛施術が受けられます。これは美顔脱毛が可能という事でもあります。

SSC方式を採用している脱毛サロン

ミュゼプラチナム

言わずと知れた最大手の脱毛サロンがミュゼプラチナムです。ミュゼはイタリア製のDEKA社のSSC脱毛機を使用しています。以前は2~3ヶ月に1度の脱毛施術でしたが、専用ジェルと脱毛マシンの改良により毎月の脱毛施術が受けられるようになりました。ミュゼは全身脱毛サロンのため、毎月脱毛施術が受けられるようになったので、2年以上かかっていた全身脱毛が約1年で完了するかもしれませんね。

SHR方式を採用している脱毛サロン

ストラッシュ

SHR方式の脱毛理論は数ある脱毛方式の中でも新しく、バルジ領域という毛乳頭細胞より表皮に近い部分をターゲットにした脱毛方式のひとつです。そのため脱毛施術後の仕上がりの良さ、脱毛施術完了までのスピード感、施術時の痛みの少ないことなど、実は最も理想的な脱毛方式と言われているのです。

また、施術時間も短く2週間に1度の脱毛施術が可能なため、部位によっては最短6ヶ月で脱毛施術が完了するのがストラッシュのSHR脱毛です。

しかし、SHR方式を導入しているサロンは、まだ少ないのが現状です。大手脱毛チェーンの大半が従来のIPL脱毛(フラッシュ脱毛)やSSC方式の脱毛マシンを使用しています。ストラッシュはいち早くこの脱毛方法を導入した数少ない脱毛チェーンの1つです。

関連記事

キレイモのパックプランって?月額との違いや料金、支払い方法について調査

キレイモには、回数制のパックプランもあります。
この記事では、キレイモの月額定額プランとパックプラン、それぞれの料金やシステムの違いについて詳しく解説!
お得に全身脱毛したい方は今すぐチェック!

ミュゼプラチナム|部位別の口コミを一気見!

脱毛中は痛いのか、どんな施術をするのか、脱毛前は不安でいっぱいですよね。今回はそんな不安に応えるべく、部位別でミュゼプラチナム経験者たちの口コミを集めました!契約する前に、脱毛したい部位の口コミをぜひチェックしてみてくださいね!

シースリーの脱毛範囲・箇所をご紹介。他サロンと比較してみた

生涯メンテナンス保証の全身脱毛サロン「C3(シースリー)」の脱毛箇所は53パーツなので全身まるごと脱毛が可能。月額5,800円からの通いやすい価格も魅力的。生涯保証なので追加料金なしで通いたい放題なのもうれしい。

ミュゼプラチナム千葉店の口コミ総まとめ!みんなのリアルな声を大公開!

今回は、ミュゼプラチナム千葉店の良い口コミから悪い口コミまで大公開!実際に千葉店に行ったことがある方々のリアルな声を見て、脱毛サロン選びの参考にしてくださいね。

脱毛するならここ。BEST3を発表!

今や脱毛サロンはたくさんありますよね? 首都圏に限っては特にです。また、プランに関してもたくさんあるため、どこを選べば良いかわからないという女性の方も多いと思います。そこで今回は、脱毛するならココ! というサロンを3つご紹介します。ぜひ、今後の脱毛ライフの参考にしてみてくださいね♡