2018/09/16
VIO脱毛

VIO脱毛は生理中でも大丈夫?

ムダ毛の処理の手間をなくしたり、臭いが気にならなくなったりなどのメリットがあるVIO脱毛。そんなVIO脱毛ですが、気になるのが生理中でも施術を受けることができるかどうか。経血やホルモンなどさまざまな問題が関与してきます。今回はVIO脱毛が生理中にできるのかまとめてみました。

生理中はVIO脱毛できるの?

女性にとって生理と脱毛は切り離せない問題です。生理になると、脱毛はどうすればいいのか悩むこともありますよね。もし生理が来てしまったら、せっかくの予約もキャンセルしないといけないのでしょうか?

実際の所、生理中は脱毛はできないことが多いです。特にVIOに関してはまずできないと思ったほうがいいです。その理由はなんでしょうか? 詳しく説明していきますね。

生理にVIO脱毛ができない理由

生理中にVIO脱毛ができない理由をサロンやクリニックの立場からご紹介します。

理由①|衛生面を配慮

生理中に脱毛ができない理由の一つとして、まずは衛生面の問題があります。脱毛する時に横になる施術台は多くのお客さんが使います。VIO脱毛の施術は血液が台や施術者に付着する恐れも十分に考えられます。そのため、生理中はVIO脱毛を断られることが多いのです。

逆にVIO脱毛以外なら、タオルや施術台に血液が付着することはないので、施術を受けられるサロンやクリニックもあります。しかし、生理中は肌トラブルが起きやすいということから、自己責任で行うといった所が多いかもしれません。

生理中の脱毛はサロンやクリニックによって対応が異なるので、まずは通っている店に確認をしてみましょう。

理由②|感染症

VIOの施術はデリケートゾーンのきわまで照射をします。そうなると、どうしても感染のリスクがでてきてしまいます。

考えられるものは性病です。VIOなどの脱毛は基本的に性病を持っている人は脱毛できませんが、中にはそれを隠して受けている人もいるかもしれません。

脱毛器や施術台、電気シェーバーはクリニックやサロンが常に清潔に保っています。しかし、絶対感染症にならないという100%の保証はありません。

生理中は外部からの感染リスクが高くなります。自分自身を守るためにも、生理中のVIO脱毛はしないほうがいいですね。

また、生理中の血液から他の人への感染というリスクも考えられます。施術台やタオル、施術者への接触感染から何らかの感染症が広まるリスクが高まります。脱毛はシェーバーなどを使うため、肌に傷がつく可能性があります。

そうした傷口から他の人の血液が入ってしまうということも、可能性はゼロではありません。血液には沢山の感染症が混じっていることが考えられるので、そうしたリスクがあるということはとても怖いことですね。

施術を受ける本人のみならず、施術者や他のお客さんの安全を守ることも考え、生理中は施術できないということになっている店がほとんどです。

理由③|施術がうまくできない

VIOは他の部位と違って痛みが感じやすくデリケートな部分なので、施術スタッフも十分に気を付けながら照射をしていきます。同じ場所に照射してしまったら、それこそ火傷や肌トラブルの原因になってしまうので、特に注意しながら施術しています。

もし生理で血液がでてきてしまうと施術がうまくできません。施術中に血液が出てきてしまったら、それをふき取りながら行わなくてはいけないので、集中して施術することができません。また、血液が付着している上からもし照射してしまったら、何等かの肌トラブルの原因になることも考えられますし、十分な脱毛効果が発揮できません。

生理中の施術はそうしたさまざまなトラブルの原因にもなりかねないので、VIOの脱毛は生理中はできないんですね。

生理の時にVIO脱毛を避けた方が良い理由

生理中のVIOの脱毛は、上記の理由だけでなく自分自身にとっても避けたほうがいい理由があるんです。その理由について説明していきますね。

理由①|痛みがでやすい

生理中の脱毛は、痛みを感じやすくなります。生理中はホルモンバランスが乱れて肌が敏感になってしまう時期です。ちょっとした刺激に対しても痛みを感じやすくなります。そうした時期に脱毛をすると、通常の時より痛みを強く感じます。

特にVIOは身体の中でも毛が濃く、脱毛する際に痛みを伴う場所です。普通の時でも痛みが出やすい場所を、生理中の肌が敏感な時に脱毛をすれば、余計に痛みが増してしまいます。あまりに痛いと、次回脱毛するのも嫌になってしまいますよね。そうしたことがないように、生理中は脱毛を避けたほうがいいですね。

理由②|肌トラブルが起こりやすい

生理中はホルモンバランスが崩れやすいので、痛みを感じやすくなるだけでなく肌トラブルも起こりやすくなります。今まで脱毛してもなんともなかったはずなのに、生理中に脱毛をしたら一気に肌がかぶれてしまった、またニキビができてしまったという場合もあります。それはどうしてでしょうか?

女性は身体の中でエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが作られています。その両方とも女性にとって大切なホルモンで、排卵の調整や妊娠に関わる仕事をしています。それだけでなく、肌の状態を整えたり、皮脂の分泌に関わる作用もしています。

生理中には、この両方のホルモンの分泌が少なくなり、肌の状態を整える作用が弱くなります。また皮脂分泌も少なくなるので、肌が乾燥してしまいます。そうなると、外部からのちょっとした刺激でも、ダメージを受けやすくなってしまいます。

そんな状態で脱毛をするとどうなるでしょうか? 脱毛は肌への刺激です。肌を乾燥させるので、色々な肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。そのため、できるだけ生理中の脱毛は避けたほうがいいです。

理由③|脱毛効果が出にくい

脱毛はせっかく痛い思いをするんだから、ちゃんと効果が出てほしいですよね。けれど生理中の脱毛は、その効果がいまいちなんです。生理中はホルモンバランスが崩れるので、痛みや肌トラブルが起きやすくなります。それだけでなく、脱毛効果も十分に得られないことがあります。それは生理によって毛周期が乱れているからです。

毛周期に合わせて脱毛をすることが、効果を発揮させる方法として有名ですよね。それが乱れてしまうので、脱毛をしても十分に効果がでないんです。また、生理中は一時的に毛が濃くなってしまう時期です。その時期に脱毛をしても、いまいち効果が実感できないということになります。

痛みも感じるし、肌トラブルも起きやすい、また脱毛効果が低いといわれる生理中は、脱毛は避けたほうが無難です。

生理前・生理後にVIO脱毛はできる?

それでは、いつならVIOの脱毛はできるんでしょうか? 詳しく説明していきます。

生理前

生理前はホルモンバランスはどのようになっているでしょうか? 実は生理前も生理が近いため、ホルモンバランスが乱れてきています。生理前になるとイライラする、眠れない、胸が張って痛みが出る、だるい、肌荒れなどの症状がでてくる人も多いですよね。

身体の中には、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが存在しています。これらは排卵などの周期に合わせて、その分泌量が微妙に変化しています。その微妙な変化によって、身体にはさまざまな変化がおこるのです。

生理前にはプロゲステロンのホルモン分泌量が一時的に増えます。プロゲステロンは皮脂の分泌を増やすので、肌がなんとなく油っぽくなります。そのため、ニキビが増えたりする人も多いです。皮脂も増えているので肌は保湿されていると思われがちですが、皮脂が増えているだけ。

その状態で脱毛をしても、脱毛の効果は十分に発揮されません。また、肌の水分量も減っているので、肌トラブルが起きやすく、痛みも強く感じることがあります。そのため生理前の脱毛は、生理中と同じく避けることをおすすめします。

脱毛サロンやクリニックは生理前は脱毛NGという所は少ないです。しかし、生理前はこうした理由から脱毛を推奨している時期ではありません。なるべく避けたいですね。どうしてもこの日じゃないとダメという人は、肌の状態が良いことを確認して十分に保湿と冷却をしてからいきましょう。脱毛から帰ってきた後も、しっかりと保湿を冷却をしましょう。

生理後

実は生理1週間後が脱毛にとってベストな時期。生理が終わった1週間後は卵胞期と呼ばれる時期です。この時期はプロゲステロンの分泌が落ち着き、またエストロゲンの分泌量が一番多くなる時期です。

エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれ、肌を作るための重要なホルモンです。肌の水分量を保つ、コラーゲン生成を活発にするなど、肌をきれいに保ってくれます。そのエストロゲンが生理後1週間頃に一番多くなります。この時期は肌つやもよくなり、肌の水分量も多くなります。そのためお肌のケアにも適した時期となります。

肌の水分量が多いと、肌のケアをしてもトラブルが起きにくくなります。脱毛にはこの時期が一番です。生理周期がきちんとわかっていれば、生理後1週間を目途に脱毛の予定を立てられますね。

生理後いつからVIO脱毛可能なの?

それでは、VIOの場合は生理後はいつから可能なんでしょうか? VIOの場合は、月経がしっかりなくなってからというのが前提です。少しでもまだ血液が出ている状態では、衛生面や感染の点から脱毛はできません。

ほんの少しだからといっても、少量でも血液は血液です。他の人にも迷惑が掛かってしまうことが考えられるので、しっかり生理が終わっていることが大切です。そのため、生理後は出血が治まったことが確認できたらVIO脱毛が可能です。

ただし生理が終わったすぐはまだホルモンバランスが崩れている可能性もあるので、生理後2、3日開けてからの脱毛をおすすめします。

脱毛当日に突然生理が来たらキャンセル料は取られる?

脱毛当日に生理が来ちゃった! なんてこともありますよね。その場合予約を変更しないといけないのですが、キャンセル料は取られてしまうか心配ですよね。

これはお店によって対応が異なりますが、多くのお店は当日キャンセルは何らかのペナルティがある場合が多いです。キャンセル料が取られる場合もありますし、1回消化とみなされる場合もあります。1回消化とされてしまうと、金額も高いのでとてもショックですよね。

予約日が生理と被らないように、日ごろから生理周期を確認しておきましょう。それでも生理が不順で予測がつかない人もいますよね。そういう人は、当日キャンセルでもペナルティがないお店を選ぶようにしましょう。

そうすることで毎回生理と被らないか不安に思う必要もなくなります。脱毛前にはカウンセリングがある所が多いので、契約する前には予約変更やキャンセルに関してしっかり確認しておくことをおすすめします。

関連記事

【熟女の新常識】VIO脱毛は介護にも関係する?!実は重要な新事実!

ここ最近、40代、50代の方でアンダーヘアの脱毛(VIO脱毛)を行っている方が増えているのをご存知ですか?
実はVIO脱毛は介護に関係しているのです…!では、なぜ介護に脱毛が関係するのか説明していきます。

VIO脱毛の回数と完了する期間って?何回で終わるのかを調査

VIO脱毛はサロンとクリニックで脱毛回数が違うって知ってました?気になるVIO脱毛の施術回数や料金について徹底調査!サロン脱毛と医療脱毛の違い、VIO脱毛にかかる料金、おすすめのサロンとクリニックの紹介と盛りだくさんの内容です!

ずばり「アンダーヘアってどうしてる?」お手入れのあれこれをこっそり教えます♡

剃ったほうがいいのか、どれくらい剃ったほうが良いのか。人にはなかなか聞きにくいけど女子は共通で気になることではないですか?電車内でも脱毛サロンの広告をみたり注目度も上がってます。処理をするって結構抵抗あるけど、実はすごくメリットがあることなんです♡わからないこと教えます!

VIO脱毛の間隔はどのくらい?通う頻度はどのくらいがベスト?

VIO脱毛は、施術と施術の間隔はどれくらい開けるのが効果的なの…? 今回はそんなVIO脱毛中の悩みを解決すべく、予約のベストなタイミングや、通う回数の目安、なぜ完了までに時間がかかるのかを解説します。

VIO脱毛におすすめの脱毛サロン・クリニック6選

VIOはデリケートゾーン。他の部位に比べて痛みが強い傾向があります。痛みに対してしっかりとしたケアを行い、脱毛範囲について相談に乗ってくれるサロンやクリニックを選びたいですね。今回はVIO脱毛におすすめの脱毛サロン、クリニックをご紹介。