2019/08/08
VIO脱毛

VIO脱毛って痛いの?痛すぎるって言うのは本当?

ムレや臭いなどを抑えてくれるVIO脱毛。よく耳にするのが痛いという言葉ですよね。今回はVIO脱毛が本当に痛いのか、口コミなどをもとに紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

VIO脱毛って本当に痛いの?

VIO脱毛は、「痛くて我慢ができなかった」、「痛すぎて途中で止めてしまった」などという、思わず後ずさりしてしまいそうな口コミをお友達から聞いたり、インターネット上の口コミサイトで見たりしませんでしたか?

VIO脱毛を始めようと思ったときに、そんな体験者の口コミを見ると、気持ちがなえてしまいます。果たして、VIO脱毛って、痛いのでしょうか?

実際、VIO脱毛を体験した人たちにアンケートを取った結果、VIO脱毛の施術中痛みを感じたという人の割合は、なんと90%だそうです。ほとんどの人が何らかの痛みを感じているんですね。

しかし、痛みは個人差があり、同じお店で同じ施術を受けても、「痛いけれど、我慢はできた」という人から「耐えられなかった」という人までさまざまです。

VIO脱毛で痛みを感じる理由

そもそも、VIO脱毛で痛みを感じる理由はなんなのでしょうか?

痛みを感じる主な理由としては、2つ挙げられます。

【皮膚が薄くてデリケート】

VIOの皮膚は他の部位よりも薄いため、ちょっとした刺激にも弱いです。
それゆえに、痛みを感じやすくなっています。

【ムダ毛が濃くて太い】

VIOに生えているムダ毛は、他の部位に生えているムダ毛よりも濃くて太いですよね。
濃くて太いムダ毛は脱毛器が反応しやすく、熱エネルギーが伝わりやすくなっています。
脱毛効果が発揮されやすいのですが、メラニン色素が多く含んでいることから、熱エネルギーが伝わりやすい分高温になりやすく、痛みを感じやすくなってしまいます。

脱毛サロンと医療脱毛で痛みは違う

VIO脱毛の痛みは、脱毛サロンと医療脱毛とでは違います。

結論からいうと、脱毛サロンだと痛みは比較的弱いものの、医療脱毛では強く感じやすい傾向にあります。

これは使用している脱毛器が関係しています。

脱毛サロンは医療機関ではないので、出力の弱い脱毛器しか使うことができません。

一方で医療脱毛は、医師と看護師が常駐している医療機関でしか使うことのできない、出力の強い脱毛器を使うことができます。

出力が強い分効果も高いのですが、その分やはり痛みを強く感じます。

VIO脱毛をした女性の口コミ

いろいろなことを聞いても、なんとなくしかわからないかもしれませんので、実際にVIO脱毛を体験した人の口コミをいくつか挙げてみました。VIO脱毛が痛かったという人、痛く感じなかった人それぞれの口コミをぜひ、参考にしてください。

VIO脱毛が痛いという女性の口コミ

体験者の口コミ

VIO脱毛は毛が太いので痛いです、との説明がありましたが、痛すぎました。あまりに痛いので、IOライン脱毛に関しては、レベルを下げて照射してもらっていました。
洗濯バサミで皮膚をつままれて、一気にビッって引っ張られるような感じの痛みです(引用元:脱毛ちゃんねる

痛いと聞いて覚悟していましたが、笑っちゃうぐらい痛かったです。Vラインはそれほどでもありませんでした。施術してから5日後にスルっと毛が抜け落ちて、高い効果を感じています。(引用元:脱毛ちゃんねる)

VIO脱毛が痛くないという女性の口コミ

VIO脱毛で出来るだけ痛みを減らす対策

  • 麻酔を使う(クリニックのみ)
  • 体調やお肌のコンディションがいい時
  • 痛みの少ない脱毛器を選ぶ
  • 出力レベルを下げてもらう
  • よく冷やしてもらう

1.麻酔を使う(クリニックのみ)

クリニックのVIO脱毛は痛みが強い傾向にありますが、クリニックだからこそ、麻酔を使って施術してもらうことができます。
有料のところもあれば無料のところもありますが、痛みを減らしたいのであれば、我慢せずに麻酔の使用をお願いしましょう。

2.体調やお肌のコンディションがいい時

体調やお肌のコンディションが悪い時のVIO脱毛は、いつもよりも痛みを感じやすくなります。
ですから、体調やお肌のコンディションがいい時にVIO脱毛に受けられるように、体調管理とスキンケアを行いましょう。

3.痛みの少ない脱毛器を選ぶ

脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、痛みの少ない脱毛器を完備しているところもあります。
痛みの少ない脱毛器が選べると、VIO脱毛の痛みも減らすことが可能なので、痛みの少ない脱毛器を完備している脱毛サロンやクリニックを選びましょう。

4.出力レベルを下げてもらう

痛みを減らすためには、出力レベルを下げてもらうのも有効です。
出力レベルを下げる分、脱毛効果も下がってしまいますが、痛みがトラウマになってしまっては元も子もありません。
痛みが強い場合は、出力レベルを下げるようにお願いしてみてください。

5.よく冷やしてもらう

脱毛サロンやクリニックによって対応は異なりますが、冷却ジェルで冷やすところもあれば、脱毛器そのものに冷却装置が付いているところもあります。
よく冷やしてもらうことによって痛みは減らすことができるので、十分に冷やしてもらってください。

VIO脱毛の痛みを気にする女性は「脱毛サロン」がおすすめ

ディオーネ

ディオーネの脱毛は、「ハイパースキンカレン」という脱毛マシンを使った痛みを感じにくい「ハイパースキン法」です。弱い光を当てて、発毛を抑えるという方法で、肌へのダメージが少なく、痛みを感じにくいという特徴があります。36度程度の熱で施術するため、ほんのり温かいと感じる程度で痛みはほとんどありません。敏感肌やアトピー肌など肌質に関係なく利用でき、小さなお子さんでも通えるそうです。

ミュゼプラチナム

ミュゼの脱毛法は、ジェルと光の相乗効果で制毛処理する「S.S.C脱毛」という方法です。驚くほど痛みを感じず肌への負担も少ないです。体の部位の中でも最も痛いと言われているVIO脱毛も、あまり痛くないレベルです。

仕上げのトリートメントは、プラセンタエキス配合のミルクローションを使ってくれます。脱毛前より美肌になったことを実感する方も多いです。

ストラッシュ


ストラッシュでは、「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」という最新の脱毛方法を採用しています。
毛根部分ではなく、発毛の司令塔である「バルジ領域」にダメージを与えてムダ毛を生えにくくする方法で、低温で脱毛部位に連続照射をする形で施術を行います。
そのため、施術時は温かみを感じる程度で、ほとんど痛みを感じることなくVIO脱毛を受けることができます。

ラココ


ラココでも最新のSHR方式の脱毛なので痛みは他のサロンよりも少ないです。
従来の黒いメラニンに反応する脱毛器ではないので、毛の濃いVIOでも痛みを感じにくくなっています。
また産毛や、色素が沈着した部分でもしっかりと脱毛できます。
VIO周りが細かく分類されており、自分の好きなデザインに脱毛できるのもラココの特徴です。

痛みより効果を求める女性は「医療脱毛」がおすすめ

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックロゴ

湘南美容クリニックのVIO脱毛は、効果を早く実感できることが魅力。そのため、施術回数を抑えることができるというメリットがあります。

ただし、サロンの光脱毛に比べると、やはり痛さを感じる人は多いようです。心配な方はカウンセリング時に相談することをおすすめします。湘南美容クリニックのスタッフの方が丁寧に解説してくれるので、事前に不安を取り除いておきましょう。

また、施術中、どうしても耐えられないような痛みの時は、オプション料金が発生しますが、笑気ガス(笑気麻酔)をしてもらえます。笑気ガスは、麻酔の一種ですが、意識を失うという全身麻酔ではなく、意識が少しもうろうとするというものです。

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、VIO脱毛を目的に合わせた2つのコースが用意されています。1つは、きれいに整えることを目的とした「ビューティ」、もう1つは、Iラインの際まで施術を行う「スムース」です。

施術の際には、クリニックが用意する紙ショーツを履いて、照射をしないときはタオルで隠しながら、女性看護師がサポートしてくれるので、不安や恥ずかしさは軽減されて安心です。

また、心配の痛みですが、アリシアクリニックで使っているのは、「ライトシェア・デュエット」という肌への負担が少ない脱毛器。性能がいいため照射時間も短く、吸引式で痛みを感じにくいと言われています。

レジーナクリニック

レジーナクリニックで使われているのは、「ジェントルルーズプロ」という脱毛器。湘南美容外科クリニックで使われているジェントルルーズの進化版です。肌質に合わせて、出力を調整できます。旧機種の2倍のスピードで照射でき、さらにジェルを塗る必要がないので、施術のスピードも早いです。また、脱毛器として薬事承認を得ているので安心。

麻酔も使えるのですが、脱毛器についている冷却ガスと出力調整で、痛みを抑えることができるので、麻酔を希望する人はほとんどいないらしいです。

プリート

ハイジニーナ(VIO)脱毛キャンペーン
プリートはVIO専門の18年の実績もある脱毛クリニックです。脱毛効果が高いと好評で、専門店ならではの高い技術力があります。
個人の毛量や、肌質に合わせて、プロの方と相談して回数を決めることができます。
脱毛が終わった箇所には、美容効果のあるフォトフェイシャルに使用する光を当てていくので肌もきれいになります。
使用する脱毛用のジェルにはヒアルロン酸を高配合してあり、脱毛しながらVIOの箇所も美肌になっていきます。
デザインが豊富にあるので、おしゃれとしても楽しむことができます。
初めての方は無料でパッチテストを受けることができるので、安心して脱毛を始めることができます。

VIO脱毛の痛みに関する疑問

脱毛する前に麻酔は使えるの?

心配されているように、VIO脱毛は痛みが伴います。どうしても痛いのは嫌というのは、人間として当然の思いです。

麻酔を使えるのは、医療機関であるクリニックだけです。VIO脱毛時にクリニックで使われる麻酔には、笑気麻酔(笑気ガス)と麻酔クリームがあります。

笑気麻酔は、鼻から吸引後、数分でお酒を飲んだような気分になり、痛みを感じにくくなります。一方、麻酔クリームは、笑気麻酔より効き目が強いので、痛みに弱い人にはいいかもしれません。麻酔クリームは塗布後、効き目が表れるまで30分以上かかるので、事前に相談しておく必要があります。

いずれも、別料金がかかることが多いですし、クリニックによって使える種類や値段が違うので、事前に確認しておくことをおすすめします。

痛み止めを飲んでも大丈夫?

一般に鎮痛剤として市販されている「ロキソニン」は、頭痛や生理痛を抑えるための薬として使われています。そのほかにも、歯痛、関節痛、骨折痛、打撲痛、外傷痛などの鎮痛にも効き目があります。

「ロキソニン」は痛みや発熱そのものを改善はしませんが、痛みや発熱を抑える対処療法として使用されます。

クリニックによっては、VIO脱毛の痛みを抑えるために、施術前に「ロキソニン」の服用をすすめるところもあります。ただし、「ロキソニン」の効果は人によって違いますし、胃が弱い人なども鎮痛剤を飲むことはあまりおすすめできません。

どんな場合も、個人の判断で服用せず、クリニックの先生と事前に相談しましょう。飲む場合も、必ず、医師の了承を受けましょう。そして、使用上の用法や容量は必ず守る必要があります。

痛みを耐えてでもVIO脱毛をするメリットがある?

  • 自己処理が不要になる
  • 生理のときのムレが減少
  • 下着や水着で気にならない

自己処理が不要になる

正直、VIOの自己処理は皮膚がデリケートなので、肌トラブルを起こしやすく、場所が場所だけに自己処理が難しい部分。
VIO脱毛を受ければ、VIOの自己処理が不要になるので、難しい自己処理から解放されますし、自己処理による肌トラブルを防ぐこともできます。

生理のときのムレが減少

VIOのムダ毛は、生理のときのムレを招きます。
ムレると臭いも発生しますし、衛生的にもよくありません。
VIO脱毛を受ければ、生理のときでもムレにくくなるので、快適に過ごすことができます。

下着や水着で気にならない

いくらおしゃれな下着や水着を着けていても、ムダ毛がはみ出ていたら恥ずかしい思いをしますよね。
ハイジニーナとまではいかなくても、VIO脱毛でムダ毛を整えておくだけでも、下着や水着からムダ毛がはみ出るのを防ぐことができ、堂々と着こなせるようになります。

関連記事

VIO脱毛の事前処理は全剃りする必要がある?その理由と回数は?

【2019年最新版】VIO脱毛の医療クリニックおすすめ7選

VIO脱毛は自宅でできる!?自宅でのVIO脱毛方法5選

VIO脱毛とは?メリットと効果や回数、口コミなどを徹底解説!

【2019年版】VIO脱毛するなら!おすすめのサロン・医療クリニック10選

アンダーヘアの脱毛方法って?正しいVIO脱毛法をご紹介

VIO脱毛前の正しい自己処理って?V・I・O部位別に徹底解説!

【デリケートゾーン脱毛】放置しているのはあなただけ!?きちんとケアがあたりまえの時代です

VIO脱毛は恥ずかしい?脱毛するときの服装や体勢を解説

VIO脱毛の安いサロン・クリニックのおすすめ6選【最新2019】