2018/08/27
ストラッシュ

ストラッシュのキャンセル方法をご紹介。当日キャンセルはペナルティ?

薄着になる季節の前や、お友達やボーイフレンドとお泊りに行く前、脱毛のことがとても気になります。芸能人も通っているとか、最近、全身脱毛のストラッシュのことをよく聞きます。してみようかなと心が動きます。

でも、全身脱毛は、「他に比べてお安い」と宣伝していても、やはり高額です。契約した後、キャンセルできるのか、急なキャンセルにペナルティが取られるのかなど、不安は尽きません。

そんなあなたのために、ストラッシュのキャンセル方法をまとめました。是非、ご参考になさってくださいね。

ストラッシュのキャンセルはいつまで?

ストラッシュと契約をしたけれど、契約を解約したいとか、契約内容を変更したいなどの場合、契約後8日以内なら、クーリングオフ期間なので、キャンセル料やペナルティなしに解解約、変更ができます。
クーリングオフ期間を越えてしまった場合は、中途解約となり、残っている回数分から解約手数料をひかれて返金してもらえます。解約手数料は、10%となります。

予約した日時のキャンセルの場合は、前日夜8時までならキャンセル料、ペナルティなしにキャンセルできます。言い換えれば、前日夜8時以降は、キャンセル料がかかるということです。次にそのことについて詳しくご説明します。

ストラッシュで当日キャンセルした場合は、ペナルティ?

脱毛の予約をしたけれど、急な用事が入った、体調を悪くした、生理になったなどの理由で、急に行けなくなることはあります。そんなとき、キャンセル料を取られるかどうかは気になるところです。

スラッシュでは、当日キャンセルした場合、キャンセル料、ペナルティという名目の料金は発生しませんが、その日1回分の施術をしたことになってしまいます。つまり、1回分を無駄にしてしまうことになります。これは大きいですよね。

ストラッシュで当日キャンセルした場合のペナルティ内容

ここで注意してほしい点は、当日の範囲です。予約した当日だけでなく、予約した前日の夜8時以降のキャンセルは、当日扱いになります。キャンセルすると予約1回分の施術をしたことになってしまいます。

つまり、前日の夜8時までなら、キャンセルしてもペナルティはかかりませんが、前日の夜8時を越えると、キャンセル料とかペナルティとは言いませんが、1回分の施術を無駄にしてしまうわけですから、実質、キャンセル料が発生するのと同じことになりますね。前日の夜8時までということは、しっかり覚えておくといいですね。

ストラッシュのキャンセル方法

ストラッシュでのキャンセルや予約の変更などは、すべてご自身が行っておられる契約店舗に、直接電話をします。メールなどでのキャンセル、予約変更の受付はされていません。

予約変更もキャンセルも仕方がないこととは言え、お店はあなたのために時間を空けて用意してくれているわけですから、わかった時点で早めに連絡することをおすすめします。お互い、気持ちよく施術したりされたりしたいですよね。

ストラッシュの脱毛に遅刻する場合は?

予約時間どおりにお店に行くということはお互いの信頼関係のうえで、とても大切です。なるべく遅刻しないように、早め早めに動くことをおすすめします。

予約時間の前に別の予定を入れるとその予定の終了時間が遅れて、脱毛の予約時間に遅れるということにもなりかねません。また、交通事情などで遅れてしまう可能性もあります。

遅刻の時間によっては1回分がキャンセルされてしまうので、非常にもったいないです。できるだけ、遅刻しないようにすることが大切です。

でも、どうしても遅れそうとわかった時点で速やかに、お店に電話連絡しましょう。

遅刻した場合のペナルティは?

ストラッシュでは、数分程度の短い遅刻の場合は、施術を行ってもらえます。ただし、施術時間が短くなってしまいます。施術時間が短くなると、本来ならできることもできなくなるかもしれないし、全体の脱毛計画に変更が生じるかもしれません。

また、大幅に遅刻すると、その回はキャンセル扱いになります。何度も書いていますが、キャンセル料、ペナルティという名目でのお金は発生しませんが、支払った1回分が無駄になるので、キャンセル料を払うのと同じことになります。大きな損になりますから、気を付けましょう。

ストラッシュのキャンセルについてのQ&A

Q1.生理が来た場合はどうするの?

生理期間中は、VIOやお尻などのデリケートなところの脱毛はできません。生理周期を確認したうえで、予約を取ることが望ましいですが、体調次第によって生理周期は変わります。

しかし、いきなり生理が来たからと言っても、当日(前日の夜8時以降)のキャンセルは、キャンセル扱いになります。生理だから、キャンセル扱いにならないということはありませんから注意が必要です。生理が来るかもしれない前兆を感じたら、早めに(前日の夜8時までに)予約を変更することをおすすめします。

Q2.生理が来ても脱毛してくれるの?

生理期間中は、デリケートゾーンの脱毛はできません。デリケートゾーンとは、VIOやお尻回りなどです。
では、他の部分の脱毛は可能かというと、もちろん可能です。

しかし、生理期間中というのは、お肌はとてもデリケートになっていますから、脱毛を積極的におすすめすることはできません。脱毛後の肌トラブルを避けるためにも、生理期間中の脱毛は避けた方がいいでしょう。

全身の脱毛計画を立てる際には、ご自身の生理周期を考えあわせてスケジューリングされるとよいでしょう。

Q3.キャンセル料金はいつ支払うの?

ストラッシュでは、当日キャンセルや、大幅な遅刻の場合も、キャンセル料、ペナルティとして新たにお金を支払うことはありません。
しかし、事前に支払っている1回分の料金が、施術をすることなく消化されるわけですから、事実上のキャンセル料になります。

新たに請求されるとなると、もったいない気がして気を付けますが、いったん払ってあるお金なので、ついつい甘くなりがちです。でも、よく考えると、1回分のお金が脱毛をしてもらうことなく消えてしまうわけですから、やっぱりもったいないです。

しっかり計画を立てて、せっかくのお金ですから有意義に使いたいですね。

関連記事

ストラッシュで永久脱毛はできません。その理由を解説

「ストラッシュ」の脱毛は永久脱毛ではありませんが、リーズナブルに高い効果が期待できる脱毛サロンとして評判です。そこで今回は、脱毛サロンを検討している方向けに、ストラッシュで永久脱毛ができない理由や得られる脱毛効果について説明します。

ストラッシュの予約方法をご紹介。カウンセリング予約からキャンセルまで

「ストラッシュで脱毛の契約をしようかな♪」と思っている方、ちょっと待ってください!こちらのページでは、ストラッシュで脱毛を検討している方に必ず知っておいていただきたい「予約方法」について、詳しく解説しています。

ストラッシュの脱毛効果について解説

2015年創業の全身脱毛サロン、ストラッシュ。低価格で高品質な脱毛体験を提供しているということで人気を博し、規模を拡大させています。SHR脱毛という最新の手法を用いていることにも大注目。今回はそんなストラッシュの脱毛効果をまとめてみました。

ストラッシュは未成年でも可能!脱毛方法を解説

ストラッシュでは未成年でも脱毛を受けることができます。今回は、実際に未成年がストラッシュで脱毛を受ける上で知っておくべきことについて解説します。

ストラッシュの解約方法をご紹介。返金はあるの?

ストラッシュは痛くない脱毛として人気のサロンですが、どうしても解約しなければいけない時はどうしたらいいか悩みますよね。今回は「途中で止めても返金はされるの? 」「クーリングオフはできるの? 」など、ストラッシュの解約方法を詳しくご紹介。