2018/08/06
全身脱毛

全身脱毛ってするべき?本当に脱毛するべき範囲って?

ムダ毛の悩みは季節に問わず付きまとうものですが、今の時期は特にムダ毛の悩みが大きくなると思います。

そんな時に「全身脱毛」を考える方もいると思うのですが、「全身脱毛したほうが良いのか、部分脱毛のほうが良いのか」と迷ってしまう方も少なくありません。

今回は、「全身脱毛ってするべきなの?」というテーマでお話ししていきたいと思います。

全身脱毛をするかしないか悩んだときに知っておくべきことは?


「全身脱毛をするかしないか」ということで悩んだ時に、まず知っておくべきなのが「全身脱毛のデメリットとメリット」です。

全身脱毛をすることで得られるメリットは大きいのですが、
メリットにだけ気を取られて全身脱毛を受けることを決めてしまうと、後から「こんなデメリットがあったなんて…」と、途中で挫折することにもなりかねません。
両方ともしっかりと知っておく必要があるのです。

全身脱毛のデメリット

まずは先に、全身脱毛のデメリットからご紹介していきたいと思います。

全身脱毛の施術代と交通費が必要

全身脱毛に限ったことではないのですが、脱毛を受けるには、脱毛の施術代と脱毛サロンや医療クリニックに通うための交通費が必要になります。

施術回数や脱毛範囲によっても変わってきますが、いずれにしても全身脱毛は部分脱毛よりも高くつきます。
割引やキャンペーンなどを利用すれば、総額で10万円未満で済むこともありますが、
30~40万円はかかると思っていたほうが良いです。

また、近くの脱毛サロンや医療クリニックで全身脱毛を受ける場合は良いかもしれませんが、
遠方の脱毛サロンや医療クリニックまで全身脱毛を受けに行くとなると、その分交通費も負担しなければなりません。

中には、「全身の4分の1ずつ」「全身の12分の1ずつ」といった形で、
1回の施術で全身丸ごと施術してもらうことができない脱毛サロンや医療クリニックもあります。
そのような場合は、通う回数もその分多くなりますから、交通費の負担もさらに増える可能性があります。

移動や施術するための時間がかかる

先ほどお話ししたことと関係してくるのですが、遠方の脱毛サロンや医療クリニックで全身脱毛を受ける場合、交通費と共に移動時間がかかります。

全身脱毛に限らず、長い時間をかけて他県の脱毛サロンや医療クリニックに通っている方も少なくありません。

また、全身脱毛は施術範囲が全身になりますから、その分施術時間も長くなります。
脱毛マシンの性能が上がってきていることから、以前の全身脱毛を比べると施術時間は大幅に短くなったものの、
平均で60~90分程度はかかるので、スケジュール管理が難しくなる可能性があります。

1日が全身脱毛で潰れてしまう覚悟も必要です。

敏感肌・乾燥肌だと肌トラブルのリスク

全身脱毛は敏感肌や乾燥肌の方でも受けることは可能ですし、自己処理による肌トラブルのことを考えると、
全身脱毛をして自己処理からお肌を解放してあげたほうが確かに良いです。

どこの脱毛サロンや医療クリニックでも、施術前にお肌の状態を確認しますし、
肌トラブルが起こらないように注意しながら施術を行うので、肌トラブルを極端に恐れる必要はありません。

ただ、脱毛は「熱エネルギーを利用して毛根部分にダメージを与える」というものである以上、
少なからずお肌に負担がかかりますから、お肌が弱い方だと肌トラブルに見舞われる可能性も十分に考えられます。

※万が一肌トラブルが起こったとしても、脱毛サロンの場合は提携先の医療機関を紹介してくれますし、医療クリニックの場合はその場で対応してくれます。

全身脱毛のメリット

次に、全身脱毛のメリットについてご紹介します。

自己処理が必要なくなる
全身脱毛をすることで、これまでこまめに行ってきたムダ毛の自己処理をする必要がなくなります。
これは全身脱毛最大のメリットと言っても過言ではありません。

ムダ毛の自己処理は時間と手間もかかりますし、そのムダ毛処理に使うカミソリや除毛クリームなど買う必要もありますよね。

その日の服装にもよりますが、万が一自己処理をし忘れたまま外出してしまえば、誰かにムダ毛を見られて恥をかく可能性もありますし、
「しまった!ムダ毛処理をしてくるのを忘れてしまった」とヒヤヒヤしながら過ごさなければならない可能性だってあります。

そして、自己処理はお肌を傷める行為でもあるので、あらゆる視点から見ても、
あまりおすすめできることではありません。

※ムダ毛の自己処理で起こりやすい肌トラブル
・肌荒れ
・カミソリ負け
・色素沈着(黒ずみ)
・毛嚢炎
・埋没毛
etc……

ですが、全身脱毛を完了させてしまえば、自己処理の必要はほとんどなくなります。

医療クリニックよりも脱毛サロンのほうが脱毛効果は弱いので、脱毛サロンの全身脱毛の場合は、厳密には自己処理の頻度が減る程度になるかと思いますが、
それでも煩わしい自己処理からはかなり解放されますよ。

肌の色素沈着や黒ずみがなくなりキレイになる

先ほどもお話しした通りなのですが、ムダ毛の自己処理はお肌を傷める行為です。
皮膚は外部からの刺激を受けると、防衛反応としてメラニン色素を生成するのですが、そのメラニン色素が原因で色素沈着や黒ずみが引き起こされます。

おそらく、自己処理が原因で色素沈着や黒ずみができてしまった経験がある方は結構多いのではないかと思います。

ですが、全身脱毛を受けることでムダ毛の自己処理が必要なくなるか、あるいは頻度がかなり減るので、お肌の色素沈着や黒ずみをできにくくすることができます。
そういった意味で、お肌をキレイにすることができるわけです。

好きな服や水着が着れるようになる

こちらも全身脱毛のメリットとしてかなり大きいのですが、全身脱毛をすることで好きな服や水着が着れるようになります。

確かに好きな服や水着を着ること自体は全身脱毛をしなくてもできるのですが、例えば

・ノースリーブを着ていた時に腕を挙げたら、脇にムダ毛が生えいるのを指摘された
・水着を着た時に、Vラインからムダ毛がはみ出ていた

など、好きな服や水着を着る場合にはムダ毛の自己処理を怠ることができません。

しかも、しっかり剃ったとしても剃り残しの部分が出てしまったり、
うっかり自己処理を忘れたまま好きな服や水着を着て恥をかいたりする場合もあります。

ですが、全身脱毛を完了させてしまえば、ムダ毛のことを気にすることなく自由に好きな服や水着が着れるようになります。

これまでムダ毛がコンプレックスで水着を着る勇気が出なかった方や、ムダ毛をカバーするような服装を選んでいた方にとっては、
ファッションの幅が大きく広がりますよ。

全身脱毛するべき箇所を決められないときはどうする?


全身脱毛の脱毛範囲は「全身」ですが、

・全身の中から好きな箇所のみを選ぶことができるタイプの全身脱毛
・全身の中から脱毛しなくても良い箇所を省くことができるタイプの全身脱毛

もあります。

そのため、場合によっては全身脱毛するべき箇所を選ばなければならないこともあるのですが、全身脱毛するべき箇所が決められない時はどうしたら良いのでしょうか?

恋人や夫に相談してみる

全身脱毛するべき箇所が決められない時は、恋人や夫に相談してみましょう。

なぜかというと、ムダ毛のないツルツルのお肌をキープすることで、「身だしなみに気を遣っている」という好印象を与えることができるため、
恋人や夫のために全身脱毛を決意するケースも多いからです。

恋人や夫である前に異性ですから、脱毛のことは相談しづらいかもしれませんが、全身脱毛でどの箇所を脱毛してほしいかを聞いて診ましょう。

ちなみに、男性側から見て「ムダ毛が生えていると気になる箇所」は、

・脇
・腕
・脚
・顔
・Vライン

だそうです。

Vライン下部は脱毛しないほうがいい

脱毛サロンや医療クリニックにもよりますが、全身脱毛の脱毛範囲にVIOライン(デリケートゾーン)が含まれている場合と含まれていない場合とがあります。

VIOラインを脱毛しておくことで、

・生理時の不快感が軽減される
・デリケートゾーンを清潔に保つことができる
・可愛い下着や水着を堂々と着こなすことができる

などといったメリットがありますが、当サイトとしては「Vライン下部」は脱毛範囲から外すことをおすすめします。

その理由は以下の通りです。

男性はデリケートゾーンは自然な感じを好む人が多い

極端な例かもしれませんが、Vライン下部を脱毛してしまうと陰毛が生え始める前の少女のようなデリケートゾーンになってしまいます。
つまり、大人の女性のデリケートゾーンとしては「不自然な状態」になってしまうわけです。
中には無毛(パイパン)の状態を好む男性もいますが、どちらかというと自然な感じを好む男性のほうが多いので、Vライン下部はなるべく自然な状態にしておいたほうが良いのです。

ただ、恋人や夫がパイパンの状態を好む男性であれば、Vライン下部を脱毛するのもアリだと思うので、この辺は臨機応変に対応してくださいね。

パイパンにすると旅行のときに親や友達に見せられない

先ほどお話ししたことと被るのですが、やはりVライン下部を脱毛してパイパンにしてしまうと、例えば両親や友達と旅行に行って温泉に入る時に「見せられない」という事態にもなりかねません。
本来であれば生えているはずの毛がない状態ですから、親や友達だけではなく、温泉に入っている周りの人たちの目も気になってしまうかもしれません。

※毛量や形を調整し、自然な感じに残して脱毛することも可能です。

全身脱毛で顔の脱毛は必要か?

これも脱毛サロンや医療クリニックによるのですが、全身脱毛の脱毛範囲に顔が含まれている場合と含まれていない場合とがあります。

では、全身脱毛を受ける際に顔の脱毛は必要なのかというと、それは全身脱毛を受ける皆さん自身が「顔の産毛を気にするかどうか」によります。
なぜかというと、

・毛穴の開きが気になる
・化粧ノリが良くない(化粧が崩れやすい)
・顔全体がくすんで見える

といった顔のお肌の悩みは、顔の産毛によって引き起こされている場合もあるからです。

つまり、全身脱毛の脱毛範囲として顔を入れることで、先ほど挙げたような顔のお肌の悩みを解消することにも繋がります。

もちろん、先ほど挙げたような悩みを特に抱えていない方は、無理に顔を含めなくても良いと思います。
ただ、顔を脱毛することで顔全体がワントーン明るく見えるようになりますし、毛穴の開きや化粧ノリの悪さから解放されますよ。

全身脱毛で顔の脱毛をしてよかったケース

全身脱毛で「顔の脱毛をしてよかった」というケースとしては、

・蓄熱式(SHR)脱毛
・MPL脱毛
・ハイパースキン脱毛
・S.S.C.脱毛

などといった、産毛にも効果がある脱毛マシンを使用している脱毛サロンに通っていたケースです。

脱毛マシンによっては、産毛のような細くて弱々しい毛に対する反応が鈍く、思うような効果が得られない場合もあります。
ですが、先ほど挙げたような脱毛方法を採用している脱毛サロンだと、顔の産毛にも効果が発揮されやすいので、
そういった意味で「顔の脱毛をしてよかった」と感じるようです。

全身脱毛で顔の脱毛をして後悔したケース

では逆に、全身脱毛で「顔の脱毛をして後悔した」というケースとしては、

・IPL脱毛
・医療レーザー脱毛

といった、産毛に対する効果が薄い脱毛マシンを使用している脱毛サロンや医療クリニックに通っていたケースです。

もちろん医療レーザー脱毛は医療行為にあたりますから、脱毛効果そのものは脱毛サロンよりもはるかに優れているのですが、
医療レーザー脱毛もIPL脱毛と同じく「メラニン色素に反応するタイプの脱毛方法」です。

メラニン色素が濃ければ濃いほど反応は良いのですが、産毛のようにメラニン色素が薄い毛に対する反応は鈍くなりがち。

そのため、「顔の脱毛をしたのに思うような効果が得られなかった」といった理由から、後悔する方も少ないくないようです。

全身脱毛で絶対に脱毛するべき箇所は?

全身脱毛で絶対に脱毛すべき箇所はどこなのでしょうか?
当サイトが考える、全身脱毛で絶対に脱毛すべき箇所は次の2箇所です。

自分では処理が難しいうなじ

脱毛でいう「うなじ」とは、「襟足から首にかけての範囲」のことをいいます。

うなじは背中側にありますから、なかなかケアが行き届かないと思うのですが、意外と人に見られるパーツです。
そのため、うなじを放っておくことで、知らないうちにあなたの後ろ姿を見て幻滅する人が出るかもしれない、
ある意味では恐ろしいパーツであるわけです。

かといって、うなじは自分で処理することが難しいので、全身脱毛を受ける場合はうなじは絶対に脱毛すべきです。

自己処理で肌トラブルになりやすいVIOライン

「デリケートゾーン」という名の通り、VIOラインはお肌が敏感な箇所なので、VIOラインを自己処理すると肌トラブルが起こりやすいです。
また、VIOラインは凹凸も激しく、鏡に映して確認しながらの自己処理になるので、ケガをしたり上手く処理できなかったりする可能性も高いです。

そのため、自己処理による肌トラブルを避けるためには、VIOラインは全身脱毛する場合に絶対脱毛しておいたほうが良いと言えます。

ただ、VIOラインに関しては少し前の項目でお話しした通り、Vライン下部は脱毛しない、もしくは毛量や形の調整だけに留めておいたほうが無難でしょう。

部分脱毛よりも全身脱毛の方がお得に脱毛ができる?


結論からお話しさせていただくと、脇や脚などの部分脱毛よりも、全身脱毛のほうがお得に脱毛することができます。

「脇と腕と脚とVIOと…」といった感じで脱毛箇所を1つ1つ選んで全身脱毛をするよりも、
最初から全身脱毛でお願いしてしまったほうが、1箇所あたりの料金がグッと安くなるからです。

キャンペーン価格を上手に利用する

「部分脱毛よりも全身脱毛のほうがお得」とはいえ、全身脱毛は決して安いものではありません。
ですから、脱毛サロンや医療クリニックで全身脱毛を受ける場合は、キャンペーン価格を上手に利用しましょう。
主に脱毛サロンが該当するのですが、

・●月●日まで●%OFF
・他のサロンからの乗り換えで●円OFF
・お友達を紹介して●円OFF

といった、価格が割引になるキャンペーンを実施している場合が多いです。
ですから、そのキャンペーン価格を上手に利用してお得に全身脱毛を受けてしまいましょう。

脱毛を始めると他の部位も脱毛がしたくなる

部分脱毛よりも全身脱毛のほうが価格的にもお得になるので、脱毛したい箇所が多い場合は全身脱毛を受けてしまったほうがお得です。

ですが、部分脱毛よりも全身脱毛のほうをおすすめしたいのには、他の理由もあります。
それは、「脱毛を始めると他の部位の脱毛がしたくなるから」です。

最初の頃は脱毛そのものにも慣れていませんから、部分脱毛から始める場合も少なくありません。
でも、部分脱毛で脱毛した箇所がキレイになると、嬉しさや感動のあまり「じゃあ次はここも脱毛しよう!」といった感じで、次から次へと他の部位を追加していく方も出てきます。

また、脱毛した箇所としなかった箇所の境界がはっきりし過ぎていて気になったり、脱毛しなかった他の箇所のムダ毛が気になったりして、
その結果他の部位の脱毛を始めてしまうケースも少なくありません。

部分脱毛を考えている方で、「もしかしたら他の部位も脱毛したくなるかも」という方がいれば、最初から全身脱毛を選んだほうが良いと思います。

全身脱毛で永久脱毛をするべきか悩む箇所は?


永久脱毛は医療行為に該当するので、永久脱毛での全身脱毛は医療クリニックでしか受けることができないのですが、
そうなると「この箇所は永久脱毛をするべきなのか」と悩んでしまう箇所も出てくるかと思います。

脇とIOラインは永久脱毛しても後悔をしない

当サイトが考える「永久脱毛をしても後悔しない箇所」は、「脇」と「IOライン」です。

脇は女性なら誰もがムダ毛が生えていると煩わしく感じる箇所ですし、男性から見ても脇にムダ毛が生えている女性は「ちょっと引いちゃう」という意見も多いです。
また、脇は自己処理をするにも難しい箇所ですから、永久脱毛してしまったほうがこれから先がかなり楽になります。

そしてIOラインですが、IOラインは排泄物が絡みつきやすい箇所でもあるので、この箇所を永久脱毛しておくことで、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。

ただ、Vライン上・下に関しては

・恥ずかしくて温泉に入れない
・恋人や夫に引かれてしまった
・子供に毛がないことを指摘された

などといった理由から、後になって後悔することがあるので、永久脱毛はおすすめできません。

何度もお話ししている通り、毛量や形を調整することはできるので、Vライン上・下は毛量や形を調整する程度にしておいたほうが良いと思います。

全身脱毛がお得に始められる脱毛サロン・医療クリニック


最後に、全身脱毛がお得に始められる脱毛サロンと医療クリニックを、合わせて3か所ご紹介します。

Dione(ディオーネ)

By: ディオーネ

ディオーネは、全国で120店舗以上を展開する、「痛くない美肌脱毛」が受けられる脱毛サロンです。

①子供でも脱毛できるくらい「痛くない」
②アトピー・ニキビOK)他店で断られた敏感肌の人もお手入れできる
③脱毛しながら美肌になれる
④脱毛専門サロン店舗数全国第2位で通いやすい
⑤ムダ毛の悩み解消が早い
⑥他店ではNGな細かい部分もOK!キワのキワまでお手入れできる
⑦うぶ毛の脱毛に強い

といった7つの特長を持っており、多くの女性達に選ばれています。

ディオーネの全身脱毛は、

・LとSからそれぞれ4部位ずつ選べる「全身脱毛」 ※LとSは画像参照
・顔を除くすべての部位が脱毛できる「全身まるごと脱毛」

の2つのコースがあります。

ディオーネ範囲

By: ディオーネ

それぞれのコースの料金は以下の通りです。

 

コース名 脱毛範囲 全12回コース ショートコース

6回

メンテナンス

追加1回

全身脱毛 L・Sそれぞれ4部位

(計8部位)

198,000円 99,900円 16,500円
 全身まるごと脱毛 全身22部位(顔除く) 360,000円 210,000円 30,000円

 

エステティクTBC

By: エステティックTBC

エステティックTBCは、脱毛を始めフェイシャルエステやボディシェイプなどの様々なボディケアを行う、全国展開の有名なエステサロンです。

全国的にも珍しい

・美容電気脱毛(ニードル脱毛)
・美容ライト脱毛(光脱毛)

の2種類の方法の脱毛が受けられるエステサロンなのですが、全身脱毛のコースがあるのは美容ライト脱毛(TBCライト脱毛)のほうになります。

エステティックTBCの全身脱毛「全身脱毛プラン」は、LパーツとSパーツそれぞれ12箇所の合計24箇所を選ぶことができます。

TBC全身

By:エステティックTBC

【顔~首】
Lパーツ:ひたい・ほほ・フェイスライン・首うしろ
Sパーツ:鼻下・アゴ・えりあし

【VIOゾーン】
Lパーツ:トライアングル・VラインL(両サイド)・Iライン・Oライン
Sパーツ:Vライン上・VラインS<両サイド>

※Sパーツ2回はLパーツ1回に、Lパーツ1回はSパーツ2回にそれぞれ交換可能

全身脱毛プランの料金は、以下の通りです。

施術回数 料金 1回あたりの単価
1回 70,000円 70,000円
4回 117,400円 29,350円
6回 176,100円 29,350円
8回 229,800円 28,725円

 

REGINA CLINIC(レジーナ クリニック)

By: レジーナクリニック

レジーナクリニックは、東京・大阪を中心に全国で12院を展開する美容専門のクリニックです。
脱毛サロンの脱毛とは違い、医療用のレーザーで毛根を破壊することができるので、本当の脱毛効果が期待できます。

レジーナクリニックの医療レーザー脱毛には、

・2017年薬事承認取得医療脱毛機「ジェントルレーズプロ」でツルツルに脱毛できる
・最短8ヶ月で全身脱毛完了
・納得してからできる無料カウンセリング
(脱毛のメカニズム・医療脱毛のメリットデメリット・医療脱毛のリスクの説明)
・全身脱毛が90分で完了
(従来の脱毛機よりも施術スピードが25%アップ、予約も取りやすい!)
・脱毛料金以外の追加費用はかからない

といった特長があります。

By: レジーナクリニック

レジーナクリニックの全身脱毛「全身26カ所医療脱毛」の料金は、以下の通りです。

全5回コース 189,000円
分割払い 月々6,800円(36回払いで支払った場合)

※分割払いの場合は脱毛範囲から顔が除外されます。
 

脱毛サロンや医療クリニックごとに内容や価格も違ってくるので、
しっかりと調べた上で、ご自身にあったサロン選びをしてくださいね!

関連記事

顔込みの全身脱毛サロン5選。本当にお得なのはどこ?

顔込みで全身脱毛ができるサロンの中から、おすすめな所を厳選して5つ選んでみました!各脱毛サロンの料金やサービス内容を細かく紹介!早くて安いサロン・顔脱毛のサービスが充実しているサロンなど、おすすめサロンの特徴をしっかり解説しています。

全身脱毛は何歳から?年齢制限ってあるの?

「全身脱毛をはじめたいけど、いつからはじめたらいいの?」という疑問をお持ちのあなた!この記事では、全身脱毛の年齢制限・ベストタイミングなどについて詳しくご説明しています。あなたが全身脱毛をはじめるタイミングを考えてみませんか?

【最新版】全身脱毛のおすすめランキング4選。人気サロンをご紹介

全身脱毛でおすすめのサロンはどこなの? と迷っている全身脱毛初心者の方のために人気サロンを厳選しました。また、全身脱毛で脱毛できる範囲や、全身脱毛をするメリットとデメリット、失敗しない脱毛サロンの選び方もあわせてご紹介します。

栃木でおすすめの全身脱毛サロン4選

栃木は、脱毛サロンが多数存在する、脱毛激戦区。そのため、各サロンの情報がよくわからないという人もいるかと思います。そんな今回は、栃木に存在する脱毛サロンの中でも、人気が高く、みんなが通っている全身脱毛のサロンをご紹介。

全身脱毛のメリット・デメリットを解説。脱毛するなら全身脱毛

脱毛を始める前は不安や疑問がいっぱいだと思います。痛いのか、どれくらいで終わるのか、お金はどれくらい必要かなど。脱毛を始める前の不安や疑問はこの記事を読んでいただければ解決されると思いますので、脱毛サロンに行きたいけど不安だなと感じてる方は